春日部藤まつり2017のプログラム!よさこい観る場所おすすめは?

埼玉県春日部市は藤の街!

そこで毎年開催されるのが春日部藤まつりです。約1.1km続くふじ通りを会場に、よさこいソーランやマーチングバンドのパレードなどが行われます。

屋台も出るのでおいしいものも食べることができますよ。

たった1日のお祭りですが、毎年18万人もの人出があるのも納得です。

ということで、今回は2017年の春日部藤まつりについてご紹介します。

スポンサーリンク

 

春日部藤まつり2017

 

春日部藤まつりは例年4月の最終日曜日に開催されているのですが、2017年は4月23日(日)に開催されるとのこと!

例年とは開催日が違うので注意が必要ですね。(雨天のときは4月29日(土祝)に延期されます。)

第36回春日部藤まつり 2017年4月23(日)10:30~16:00
会場 埼玉県春日部市春日部駅西口ふじ通り(郵便局交差点~地方庁舎前)東武春日部駅で下車してください。

春日部藤まつりの人気の出し物がよさこいソーラン!

プログラムの中で最も盛り上がること間違いなしなのがよさこいソーランです。

2017年のプログラム(タイムスケジュール)はまだ発表されていませんが、毎年、祭りの午後はよさこいソーランです。

2016年は13:20~16:00までよさこいソーランにあてられていました。

第35回 春日部藤まつり タイムスケジュール
>> 引用:第35回 春日部藤まつり 会場別タイムスケジュールPDFより

2017年もおそらくほとんど例年通り、祭りの午後はよさこいソーランがメインになるでしょう。

午後、祭り会場にいればよさこいソーランを見られるはずです。

ただ、ご覧いただきましたように、よさこいソーランの団体は多くあるので、お目当ての団体がある方は、祭りに行く前にタイムスケジュールを確認してくださいね。

よさこいソーランの観覧場所、おすすめは?

春日部藤まつりは、1.1kmの通りの真ん中でよさこいソーランなどの出し物が行われ、道の両端に屋台が並びます。

観客は屋台の食べ物を楽しみながら、沿道の藤棚の下で出し物を観ます。

ふじ通りのうち真ん中あたりは最も人が多く、混雑しています。ふじ通りの両端(入口・出口)は人が少ないです。

 

カメラで写真を撮りたい方、一人でゆっくり見たい方は、ふじ通りの両端で観覧してみてください。

出し物は通りを練り歩くので、入り口で見ても真ん中で見ても、出口で見ても同じです。

ただ、通りの真ん中でメインのパフォーマンスが行われることもあるので、それを見たい方は人混み覚悟で通りの真ん中に陣取りましょう。

春日部藤まつり、何を食べる?

春日部藤まつりのもう一つの楽しみが屋台の食べ物です。

まず食べたいのが藤うどん!

春日部藤まつりの名物です。

こちらのうどん、埼玉県産の小麦にムラサキイモの粉を練り込み、美しい藤色の麺になっています。味ももちろんおいしいですよ。お土産にもおすすめです。

>>> ごちそう埼玉:春日部市

 

さらに、春日部のB級グルメ、春日部焼きそば(藤をイメージしたゆかりをトッピングした餡かけ焼きそば)や春日部大凧焼(お好み焼き)もおすすめ!

全部食べられるかなあ(; ・`д・´)朝ご飯は抜いていった方がよさそうですね。

春日部は藤の名所

春日部が藤の名所となったのは、牛島の藤(藤花園)のためです。

牛島の藤は国の特別天然記念物に指定されていて、樹齢は1200年、日本最古の巨大藤です。

根元周囲は4m以上、藤棚は600平方メートル以上、長い花房は2m以上!2mって……私が知っている藤と様子が違うぞΣ(・ω・ノ)ノ!

春日部藤まつりの会場と牛島の藤は少し離れていますが、せっかくなので牛島の藤にも足を運んでみてください。

藤の見頃はどちらも同じ、4月下旬~5月上旬です。

藤花園 東武野田線藤の牛島駅から徒歩10分
期間 2017年4月19日(水)~5月7日(日)藤をゆっくり見たい方は、春日部藤まつり以外の日、できれば平日に訪れてください。春日部藤まつりの日は、まつりから流れてくる人が多いです。
時間 8:00~18:00
料金 大人1000円子ども500円

東京一の藤まつりはコチラ
>>> 亀戸天神 藤まつり2017!開花から藤棚の1番見頃な時期は?

まとめ

以上が、2017年の春日部藤まつりについてでした。

藤まつりというと、藤が咲く期間中開催されているというところが多いですが、春日部藤まつりはたった1日のお祭り!

他の藤まつりとはちょっとイメージが違いますね。期間は短いですが、見どころはいっぱい!朝から夕方まで楽しめます。

春日部の藤の名所といえば忘れてはいけないのが牛島の藤です。むしろこっちが本家本元!

なので、こちらにもぜひ足を運んでみてください。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ