万年筆をプレゼント!嬉しいおすすめブランドのランキング6選

入学祝いや、就職祝い、または恋人へのプレゼントに万年筆を贈ろうと、文房具屋さんに行ったものの、思いがけず種類が多くて面食らったという経験をお持ちの方は多いのでは?

かくいう私にもこの経験が……

日頃、万年筆を使わないうえに、売り場では万年筆はガラスケースの中に入っていますよね。文房具屋さんをぶらぶらするだけのときには、なかなかあの一画には近寄れない……買う気がないとね。

というわけで、何の予備知識もないままにプレゼント選びに行きあえなく撃沈、出直す羽目になりました。

このような失敗をしなくて済むように、今回はプレゼントにおすすめの万年筆についてご紹介します。

スポンサーリンク

 

おすすめの万年筆ブランド1位ペリカン

万年筆を初めて使う方へのプレゼントにおすすめのブランドが「ペリカン」です。

万年筆に慣れていなくても、スムーズに書くことができ(万年筆はペン先の方向が決まっているので、慣れていないとなかなかうまく字を書くことができないんですよね)、長時間握っていても疲れにくい!

さらに、ペリカンはデザインやカラーが豊富にあるので、選ぶ楽しみもあります。


ペリカン万年筆 スーベレーンM800 【正規品】

ペリカンの「スーベレーン」の予算は、M400シリーズが23000円~、M800シリーズが35000円~です。

おすすめの万年筆ブランド2位モンブラン

時計といればロレックス、万年筆といえばモンブランというようにブランドネーム抜群のモンブランの万年筆!

子供の中学校や高校の入学祝いには少しもったいないかな?大学の入学祝いや就職祝いにはよいかもしれませんね。


MONTBLANC モンブラン P145 マイスターシュテック ブラック/プラチナ 万年筆

モンブランの「マイスターシュテック」の予算は、145シリーズで46000円~、149シリーズで60000円~です。

おすすめの万年筆ブランド3位パーカー

こちらも万年筆を初めて使う方におすすめのブランドで、パーカーは日本語向けのブランドです。というのも、漢字はもちろん、ひらがなにしても英語のアルファベットに比べると画数が多いですよね。

「とめ」や「はね」などアルファベットや筆記体にはないペン先の動きもあります。パーカーの万年筆は漢字やひらがながとても書きやすい万年筆です。

また、万年筆のペン先には、主にステンレスと金があるのですが、金としてはパーカーの万年筆はとてもリーズナブルです。


パーカー・ソネット オリジナル マットブラック ボールペン【lucky-sticker-201608】

プレゼント向けですね。パーカーの「ソネットオリジナル」の予算は11000円~です。

おすすめの万年筆ブランド4位パイロット

こちらも金(14金)のペン先で滑らかな書き心地!さらに吸入式のインクで、万年筆ならではの楽しみを味わうことができます。

毎度、指先はかなり汚れてしまいますが……私が不器用なだけか?


【万年筆 名入れ】パイロット 万年筆 カスタムヘリテイジ92 FKVH-15SRS-NCノンカラー

パイロットの「カスタムヘリテイジ」の予算は10000円~、プレゼントにはちょうどいい値段ですね。

おすすめの万年筆ブランド5位プラチナ萬年筆

国産万年筆です。実用的で、ペンケースの中に一本入れておくのにちょうどいい万年筆です。

ただ、実用的な分、プレゼントとしては華がないかなという気もします。女性向けではありませんね。


プラチナ万年筆 万年筆 #3776 センチュリー PNB-10000 #71ブルゴーニュ

プラチナ萬年筆の「#3776センチュリー」の予算は6000円~です。

同じ国産万年筆のセーラー万年筆も日本人が使いやすい万年筆です。国産万年筆をプレゼントしたい方は、セーラー万年筆はいかがでしょうか。


セーラー万年筆 プロフィットスタンダード万年筆 11-1219全4色から選択

まとめ

以上が、プレゼントにおすすめの万年筆ブランドについてでした。プレゼント選びの際の参考にしてください。

万年筆をプレゼントするときの選ぶポイントですが、

  • 初めて万年筆を使う方や日本語を書くのに使う方には国産万年筆がおすすめ
  • 漢字やひらがなを書きやすい万年筆は国産メーカーのものです。万年筆で文字を書くときはボールペンとはまた違ったコツが必要なので、慣れていない方には日本語を書きやすい国産万年筆でまずは万年筆に慣れるのがおすすめです。

反対に、筆記体やアルファベットを書く方には海外メーカーの万年筆がおすすめです。

  • インクの補充方法は吸入式かカートリッジ式
  • 万年筆では安いボールペンのようにインクを使いきったら「はい、さいなら」とはせず、インクを補充します。このときのインクの補充方法は吸入式(コンバーター式も)かカートリッジ式、初めての方にはカートリッジ式の方が手軽ですが、万年筆の楽しみの一つにはインクの補充もあるので考えどころですね。

また、毎日万年筆を使う方にはカートリッジ式でもよいですが、たまにしか使わない方にカートリッジ式を贈ると、インクが乾燥してしまうことがあります。

万年筆をプレゼントするときには、万年筆に求める楽しみや万年筆の使い方を考慮して、プレゼントを選んでくださいね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ