株主優待を極める!10万以下のオススメ銘柄in2017

私は株の売買でもうけるほど器用ではないので、これまでは配当に注目して株を買ってきたのですが、最近では配当以外の株主優待が人気だそうです。

私が唯一持っている株主優待つきの株は、私の生活圏外にある鉄道会社のもの。一度も株主優待を使ったことがない(;´∀`)

ただ、最近では会社の製品やサービスを受け取れるだけでなく、金券やギフト券を配っている会社もある、とか。

これは助かりますね。使わないものをもらってもお得感0ですらからね。

ということで、今回のテーマは株主優待を極める!オススメ銘柄をご紹介します。

スポンサーリンク

 

まずは、株主優待とは?

 

株主優待とは、企業が株主に対し、配当の他に、自社の製品やサービス(利用券・無料券など)を無料または格安で提供するなどして株主を優遇することです。

株主優待は日本で人気ですが、海外ではあまり盛んではないそうです。へえ、知らなかった( ..)φメモメモ

株主優待の内容は会社によって色々、メーカーなら自社の製品、飲食業や小売業なら食事券や割引券がもらえたりします。

銀行なら、預金の金利+○%やATMの手数料がサービスになる株主優待がありますね。

2017年の4月2日付けの日経新聞によると、国内での株主優待の実施社数は1300社、上場企業の3分の1にあたるそうです。

株主優待がバブル状態!?

日経新聞によると、最近では株主優待を実施する会社が増えているだけでなく株主優待の内容もすごい!

配当や株価上昇ではなく、株主優待狙いで株を購入する方が増えているそうです。

さらに、元々株主優待といえば自社の製品やサービスで株主を優遇するものでしたが、最近ではクオカードやギフト券などの金券を配る会社が増加!

株主優待を実施している会社の27%が金券を配っています。

ということで、今日本は空前の株主優待バブル状態になっているようです。

私の知らないところでこんなことが起きているとは(; ・`д・´)

個人株主のメリット

株主優待バブルは、個人の株主にとってはメリットですが配当重視の機関投資家は不満だそうです。まあ、株主優待といって大量の食品が送られてきても困りますからね^^;

また、株主優待人気によって、株価が高騰してしまうと、株の買い手がつかないという困った問題もあります。

この株主優待バブルがいつまで続くのか分かりませんが、すでにひずみが生まれています。バブルもそう長くはなさそうです。

株主優待を受け取るためには?

株主優待を受け取るためには株主名簿に記載されなければいけません。

そのためには権利確定日の3営業日前までに株を買い入れる必要があります。

 

権利確定日が3月末の会社の場合は、3営業日前の3月28日までに株を購入します。

3月31日に購入しても、今回の株主優待は受け取ることができないのでご注意ください。

10万円以下のオススメ銘柄ランキング

10万円以下の株主優待つき銘柄をご紹介します。

ランキング

1位 シダックス

権利確定月3月、ルーム料金割引券2700円相当、優待利回り6.21%

>>> SHIDAXの株主優待

2位 アトム

権利確定月3月、9月、優待ポイント2000円相当、優待利回り5.5%

>>> アトムの株主優待

3位 ヤマダ電機

権利確定月3月9月、買い物優待券500円相当×6枚(3月2枚9月4枚)、優待利回り5.36%

>>> ヤマダ電機の株主優待

4位 ラウンドワン

権利確定月3月、9月、割引券2000円相当、優待利回り4.6%

>>> ラウンドワンの株主優待

5位 コジマ

権利確定月8月、買い物優待券1000円相当、優待利回り約3.37%

>>> コジマの株主優待

※優待利回りは2017年3月31日現在です。

欲しい株主優待を探すならこちらの楽しい株主優待&配当のサイトをご覧ください。

欲しい株主優待を探す

[clink url=”https://multiple-work.com/archives/849.html”]

株主優待が金券の会社は?

クオカード

優待利回りは、株価によって変動します。


桐谷さんの株主優待ライフ [ 桐谷広人 ]

まとめ

以上が、株主優待を極める!オススメ銘柄についてでした。

株主優待狙いで株を購入するときの注意点は、株主優待は必ずもらえるわけではないこと!突然なくなるということがあります。

また、使わない株主優待をもらっても仕方ありませんよね。

カラオケに行かない方がカラオケ屋さんの割引券をもらっても使い道がありません。

株主優待ではお得かどうか(優待利回り)よりも、自分にとってメリットがあるかどうかで選んだ方がよいです。優待利回りは低いですが、使い勝手がよく換金もしやすい金券の株主優待はオススメです。

優待クロス取引(現物買いと空売り)をしたい方は信用口座が必要なので、信用口座を開設しておきましょう。

>>> クラウドファンディング 投資型と購入型の違いは?メリットの比較

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ