トイレが下水なみに臭い!消臭剤で解決しない原因と対処方法

毎日掃除をするし、使った後もこまめにきれいにしているのに、それでも臭いが気になるのがトイレ。

とはいえ、大抵の臭いは消臭剤でごまかすことができます。しかし時には掃除をしても消臭剤を新しくしても消えない臭いが発生することも(>_<) まるで 下水のような、雨上がりのどぶのような、これまでのトイレの臭いとは明らかに一線を画する強烈な臭い……

この臭いは一体何?どうやったら消すことができるの!?

ということで、 今回は消臭剤では解決しないトイレの臭いの原因や対処方法について 調べてみました。

スポンサーリンク

 

トイレの下水臭、その正体は……

 

トイレの下水臭の正体は……下水の臭いです。

何のひねりも不思議もありませんね(;^ω^)とはいえ、いつもはしない下水の臭いが突然トイレに充満してしまうのは不思議です。

トイレに下水の臭いが充満するのは、トイレと排水管の間にある「 排水トラップ」に何らかのトラブルが起きているため。

この排水トラップは、パイプの中に水が常時たまっていて、下水ガス(下水の臭い)が室内に侵入してくるのを防ぐ仕組みになっているのですが、この仕組みが何らかのトラブルにより機能しなくなると、下水ガスが室内に逆流してきます。

この結果、トイレに下水の臭いが充満してしまうのです。

下水ガスは排水管から際限なく逆流してくるため、いくらトイレを掃除したり消臭剤を新しくしても、下水臭を消すことはできません。

排水トラップのトラブルを解決するのが、トイレの下水臭を消す一番の近道です。

排水トラップのトラブルの多くは水の量にあり!

上記の通り、排水トラップでは水の力で下水ガスの逆流を防いでいます。

なので、排水トラップの水位が低い(水が少ない)と、下水ガスの逆流を許してしまいます。

 

排水トラップの水位が低くなる原因はこちら。

 

  • 長期間トイレを使っていなかったため、排水トラップの水が蒸発してしまった
  • 排水管に異物が詰まっている

 

トイレに下水臭が充満したときには、排水トラップに水を補充することから始めましょう。

トイレの水を流すことで、排水トラップに水を補充することができます。旅行などで長期間家を空けていたときには、帰宅後まず、トイレの水を流してください。

また、ある日突然下水臭がし始めたときには、応急処置として、トイレを使った後に多めに水を流す、もしくはトイレを使った少し後にもう一度水を流してみましょう。

これで、トイレの下水臭が気にならなくなることがあります。

真空パイプクリーナーで排水管を掃除する!

上記の応急処置で解決できなかったときには、 真空パイプクリーナーでパイプ内を掃除します。

真空パイプクリーナーはホームセンターなどで2000円くらいで購入することができます。

業者に頼むと5000円くらいかかるそうなので、一度自分でトライしてみて、だめだったら業者に頼むというのがいいかなと思います。

雨の日には下水臭がひどくなる!?

雨の日には、トイレの下水臭がひどくなるという噂があります。

噂だけではなく実際に経験したという方もいるのでは?

 

雨の日にトイレの下水臭がひどくなるのは、気圧が変化するためです。

雨の日は低気圧により室内の気圧が下がります。

すると排水管の圧と室内の気圧差が逆転してしまうため、室内に下水ガスが逆流しやすくなるのです。

まとめ

以上が、消臭剤では解決しないトイレの臭いの原因や対処方法についてでした。

トイレの下水臭が気になるときには、排水トラップのトラブルを疑ってみてください。

自分でできる対処方法は、いつもよりもトイレの水を多く流す、真空パイプクリーナーでパイプ内を洗浄してみるの二つ。

この方法で解決できないときには業者に依頼しましょう。また、トイレの下水臭を予防するためには、日頃から多めにトイレの水を流すのが効果的です。

節約・節水は、お風呂や台所など他の部分でがんばることにして、トイレに関しては水はケチらない方がよさそうですね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ