個人型確定拠出年金おすすめ本ランキング!若者会社員に拡大の理由?

2017年1月から個人型確定拠出年金の加入要件が緩和され、今までよりも多くの人が加入できるようになりました。

私も興味はあるものの、加入しようかどうか、今検討中……実はまだ仕組みやメリットデメリットをきちんと理解していません。

ということで、今回は個人型確定拠出年金やおすすめの本ランキングを調べてみました。

スポンサーリンク

 

個人型確定拠出年金とは?

 

確定拠出年金とは、国民年金や厚生年金に上乗せできる年金のこと。

今から掛けておくことで将来給付される年金額を増額することができます。確定拠出年金には企業型と個人型があり、今までは企業型年金に加入している会社員は個人型には加入できないなどの規制がありましたが、現在では緩和されています。

個人型確定拠出年金の大きな特徴が、自分で投資先を選んで運用すること!

運用次第では、元本(掛け金)よりずっと多い年金を受け取ることができますが、失敗すれば元本割れも起きます。

個人型確定拠出年金のメリットは?

個人型確定拠出年金の一番のメリットは税制面の優遇です。

若い会社員に拡大している理由は?

CHECK!

 

  • 毎月の掛け金は全額所得控除
  • 企業型DCのある会社員では毎月12000~20000円、企業型DCのない会社員は23000円まで掛けることができ、その掛け金は所得から控除されます。会社員に拡大している理由の一つですね。

  • 年金を受け取るときも公的年金控除を利用できる
  • 年金の投資利益も非課税

 

税制面以外のメリットは?

  • 年金の破綻リスクを軽減
  • 自己破産しても残る

これは自営業の方にとってはうれしいメリットです。

個人型確定拠出年金のデメリットは?

運用実績によって受け取る年金額が変動する(元本割れもあり)以外にも、個人型確定拠出年金には以下のデメリットがあります。

  • 60歳まで解約(引き出し)できない
  • 私が二の足を踏んでいる理由もこれ。

  • 利用に手数料がかかる
  • 加入時に2777円の加入手数料、さらに毎月数百円の口座管理手数料がかかります。

会社員の場合、毎月の掛け金は2万円前後です。この金額で老後の蓄えをしようとしたら、できるだけ早く始めて掛け金を増やさなければいけません。若いうちから個人型確定拠出年金に加入する会社員が増えているのはこのためです。

ただ、掛け金の金額や手数料によっては、運用実績よりも手数料の方が高くなることもあります。また、60歳までは解約できないのも若い方にとってはデメリットですね。人生、何があるか分かりません。

「貯金にしておけばよかった(>_<)」ということもなきにしもあらず、です。

個人型確定拠出年金を勉強したい!おすすめの本は?

ヒント

個人型確定拠出年金を勉強したいときにおすすめの本はこちら。

 

また、個人型確定拠出年金を始めるにあたっておすすめの証券会社はこちら。

  • 楽天証券
  • 10万円以上の残高で手数料が無料になります。また、セゾングローバルバランスファンドを扱っているのも魅力ですね。すでに楽天証券に口座を持っている場合は、そちらと一元的に管理できます。
    → 楽天証券

  • SBI証券
  • 取り扱っている投資信託数が多いのが魅力!選択肢が多いので、自分に合った運用を行うことができます。また50万円以上の運用資産で手数料が無料になるほか、2017年3月までは、口座を開設・移管で口座管理手数料が無料になります。

    → SBI証券

これから個人型確定拠出年金を始めたい方はぜひ!今がお得です。

まとめ

以上が、会社員の個人型確定拠出年金についてでした。個人型確定拠出年金では加入期間が長ければ長いほど、掛け金を増やすことができ、税制面の優遇も大きくなります。

が、しかし60歳までは解約できないというデメリットもあります。

若い方では、余裕資金の中から掛け金を捻出した方がよいですね。また、個人型確定拠出年金は企業型と異なり、運用するのは自分!自己責任の年金です。

加入する際は、確定拠出年金や投資信託についてきちんと勉強し、リスクが小さくバランスのよい投資・運用を目指しましょう。

>>> 退職金の平均額は?大卒と高卒(会社員・公務員)の差はいくら

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ