億万長者ランキング!なりたいならスポーツ選手よりエンジニアかも?

億万長者ランキングといえば、日本では10年くらい前まで高額納税者番付が発表されていて、「あの芸能人、儲かってんなあ」っていう話で盛り上がっていましたよね。

プライバシーか、防犯上の問題なのか、高額納税者番付は発表されなくなってしまいましたが、いつの時代も他人の財布の中身が気になるのが人の性というもの。

私は奥さんの財布の中身も分かりませんが^^;

やりたくもない仕事で疲れ果てるだけの毎日、「いつかはお金持ちになって~」「ライバル会社からヘッドハンティングされて~」なんて妄想がはかどっていましたが、それも今は遠い昔!ライバル会社からヘッドハンティングなんて、全く思わなくなりました。

それより今は、会社員でありながら、インタネット関連の仕事を主軸として、いろんな“複業”をチャレンジしている方が楽しい。もちろん、失敗も多いですが、私の家庭は潤っています。

ただ変わらないのは私の財布の中身だけ・・・。(昔も今も、本業、複業関わらず右から左へ奥さんの財布の中へGO!!です^^;)

ということで、今回は気になる世界のお金持ち、億万長者ランキングや一般庶民が億万長者になりたいなら?にスポットを当てて調査してみましたので、参考にしてみてくださいな。

スポンサーリンク

 

世界の億万長者はすごかった……( ゚Д゚)

まずは、世界の億万長者から!!の前に、会社員の生涯賃金をおさえておきましょう。

最終学歴 男性 女性
中学 1億9千万円 1億3千万円
高校 2億円 1億4千万円
高専・短大 2億1千万円 1億7千万円
大学 2億6千万円 2億1千万円

 

会社員を40年、50年働き続けて上記の生涯賃金です。生涯1人でという方も増えてきましたが、結婚する方のほうが多いですよね。

婚約から新婚旅行で平均500万近くの費用がかかるのが全国平均です。

結婚をしたら、子供が生まれますよね。子供を1人育てるのに約3000万円と言われています。

雨風をしのぐ家が必要ですよね。10万円の賃料の賃貸に住み続けたとしたら、約40年間で6,000万円。

これだけで、余裕のある生活は難しいですよね。

 

 

さて、会社員の現実を改めておさえたところで、フォーブス世界の億万長者ランキング2016によると、世界のお金持ちトップ3がこの方々。

  • 1位 ビル・ゲイツ
  • おなじみ、マイクロソフト社のビル・ゲイツですね。資産は750億ドル、日本円で8.5兆円!想像つかない金額ですね^^;

  • 2位 アマンシオ・オルテガ
  • 誰かと思って調べると、ZARAの創業者でした。資産は670億ドル(7.6兆円)、アパレルって儲かるんですね。

  • 3位 ウォーレン・バフェット
  • ウォーレン・バフェット?バークシャーハサウェイ??誰だ……検索してみると、バークシャーハサウェイは世界最大の持ち株会社で、この方はこの会社の筆頭株主兼会長だそうです。ああ、株ね(-_-)……

    私は今のところ全く関係のない世界の住人でした。資産は608億ドル(6.9兆円)です。

日本の億万長者はやっぱりあの人?

次は日本の億万長者ランキング。

1位はやっぱりあの方でした。

  • 1位 柳井正
  • ファーストリテイリングの創業者兼社長で、資産は1兆8419億円です。ユニクロ、儲かっているなあ。

  • 2位 孫正義
  • ソフトバンクの社長で資産は1兆6837億円です。孫さん、あのスティーブ・ジョブズを口説いた人物ですからね。

  • 3位 佐治信忠
  • サントリーホールディングスの代表取締役、資産は1兆3321億円です。

 

ユニクロの柳井正さんは、世界長者番付の57位になります。

ちなみに、芸能人では一番儲けているのは作詞家でプロデュ―サーの秋元康、年収は25億円とも50億円ともいわれています。

2位はビートたけしで年収は推定15億、3位はタモリで10億円です。タモさん、いいともがなくなったのに、こんなに稼いでいるんですか(; ・`д・´)いいとも時代の年収はどのくらいあったんだろう……お金、使いきれないでしょうね。

スポーツ選手の番付は?

億万長者といえば忘れてはいけないのがスポーツ選手!

2016年、稼ぎに稼いだスポーツ選手はこの方々です。

  • 1位 C・ロナウド
  • 年収94億円、やっぱりサッカーは儲かりますね。

  • 2位 リオネル・メッシ
  • ほら2位もサッカー選手、やっぱり時代は野球よりサッカーなんですよ(笑)年収は87億円です。

  • 3位 レブロン・ジェームズ

NBAの選手で、年収は82億円。アスリートは年収は高くても稼げる期間が短いので生涯報酬では「あれ?これだけ?」ということも多いですが、NBAはわりと好条件で、選手の平均寿命は4.8年ながら、平均生涯報酬は1202万7456ドル(約13億5000万円)、平均的なNFLプレーヤーやプロMLBアスリートよりも高いそうです。

>>> 小学生が将来なりたい職業はユーチューバー?人気ランキング

億万長者になりたいならエンジニア?

資産家の家に生まれたわけでもなく、容姿も運動神経も特に優れておらず、特殊な才能があるわけでもない人が億万長者になるためには、手に職をつけるのが一番!!

エンジニアが成功する可能性が高いそうです。

プログラミング

まあ、「人にできないことを人よりも上手くする」ことがお金を稼ぐ基本ですからね。

 

エンジニアでは働き始めた頃は、他の職業よりも年収が低くなってしまうことも多いですが、いったん技術や知識を身に付ければその後は、報酬はうなぎ登り!好条件の仕事を渡り歩くことだって可能です。

 

世界的な企業にヘッドハンティングされれば、給料の金額も桁違い!

たとえばFacebookで生涯働けば、1353万3236ドル(約15億円)、Googleだと1067万4690ドル(約12億円)もらえます。

>>> システムエンジニア(SE)とネットワークエンジニア(NE)の違いと将来性

まとめ

以上が、億万長者ランキングや一般庶民が億万長者になりたいなら?などについてでした。億万長者ランキングにのるような方は、ある種の天才、私にはまったく関係のない世界ですから脇に置いておいて、と。

一般庶民ができるだけ多くのお金を稼ごうと思ったら、やっぱりエンジニアや専門職が一番ですね。

 

雇われている身である限り、自由は手に入りません。本業とは別に副業としてインターネット関連のビジネスをやっていますが、精神的に自由になりました。ただ、勘違いしてほしくないのは、自由と引き換えに責任は増えます。

億万長者の方々は、世の中にそれだけの価値を提供できた人達だと思います。今、あなたの収入や環境に満足していないとしたら、価値を提供出来ていないからだと思います。抜け出す1つの方法として、複業をすすめます。リスク回避にもなりますしね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ