玄関 タイル目地の掃除!重層でざらざら汚れは落ちるのか?

今回は重曹を使った玄関のタイル掃除について調べてみました。

タイル張りの玄関、毎日ほうきで掃除をしているのに、タイルの表面や目地にホコリや泥、砂がたまっていってしまいますよね。

細い目地の溝にたまったホコリはほうきではなかなか取り除けないし、タイルにこびりついて固まった泥や砂のざらざらは雑巾でこすっても完璧に落としきることはできません。

 

こんな玄関の汚れや黒ずみはどうやったらきれいになるの?ということで、調べてみると、「重曹がよい」との情報が!!

スポンサーリンク

 

玄関のタイル掃除、軽い汚れには重曹スプレー

玄関のタイルに付着した泥やホコリのうち、付着して時間が経っていない汚れには重曹スプレーで対処します。

スプレー容器に水と重曹(水200ccに重曹小さじ1)を加え、汚れにスプレー。

数分放置してから、雑巾やブラシでこすります。

最後に水で濡らしかたくしぼった雑巾で拭いたら掃除完了!

日々の玄関掃除の際、ほうきの掃き掃除に加え、重曹スプレーも使うと玄関タイルに汚れがたまりにくくなりますね。

玄関のタイル掃除、頑固な汚れには重曹

 

重曹スプレーでは落ちない頑固な汚れには、重曹を粉末のまま振りかけてみましょう。

汚れ全体が見えなくなるくらいに重曹をかけます。

そのまま数分放置したら、水で濡らしたスポンジでこすってみてください。

重曹が汚れを浮かせてくれているので、スポンジでこするだけで汚れをきれいに落とすことができます。

最後に、水で濡らした雑巾で重曹と汚れを拭き取ったら掃除完了です。

目地掃除には重曹ペースト

玄関

目地など特に汚れがたまっている場所には、重曹ペーストがおすすめです。

重曹に少量の水を加え練り、ペースト状にします。

使い古した歯ブラシで、目地に重曹ペーストをのせ、そのまま20~30分放置。

30分経ったら、歯ブラシで目地をこすり汚れを完全に落としてください。最後に雑巾で重曹ペーストと汚れを拭き取ります。

スポンジや歯ブラシの代わりにメラミンスポンジを使ってもよいですが、毎回メラミンスポンジを使うのは×!

 

メラミンスポンジにより目地が削られてしまい、目地の溝がますます深くなってしまいます。その結果、ゴミがさらにたまりやすく!!

目地やタイルの汚れには普通のスポンジのかたい面で十分!メラミンスポンジは「ここぞ」というときだけ使用しましょう。

玄関のタイル掃除、玄関全体には重曹水とデッキブラシ

汚れの部分だけ、目地だけという部分掃除ではなく、玄関全体を掃除したいときや玄関の臭いが気になるときには、重曹水を玄関全体に撒いて掃除します。

まずはバケツに重曹水(水1lに対し重曹小さじ7)を作ります。

玄関の靴や傘立てなどを全て玄関の外や靴箱に避難させ、玄関を空っぽにしてください。

玄関全体に重曹水を撒きます。「濡らす」程度ではなく水たまりができるくらいの重曹水を撒きます。

そのまま20分間放置、20分経過したらデッキブラシなど大きめのブラシで玄関タイルをこすります。

デッキブラシや水切りを使って玄関の外に重曹水を追い出し、乾いた雑巾で拭いたら掃除完了です。

重曹には消臭効果もあるので、汚れも臭いもきれいさっぱり取り除くことができますよ。

ただし、この方法は撒いた重曹水を排水しなければいけません。

 

排水できない設計の玄関(玄関扉の枠や引き戸のレールが玄関タイルよりも高い位置にあるなど)や通気性が低くカビが生えやすい玄関ではこの方法は×!

このときは、濃い目の重曹水に浸した雑巾で玄関タイルを拭き、最後に乾拭きをしてください。

まとめ

以上が重曹を使った玄関のタイル掃除についてでした。玄関タイルの汚れや臭いが気になっている方、ぜひお試しあれ。

重曹は口に入れても大丈夫なので、犬や猫を飼っているお宅でも、重曹で玄関掃除をすることができます。重曹で玄関をきれいにした後は、ビンに入れガーゼでふたをした重曹粉末を玄関の隅に置いておきましょう。

玄関の嫌な臭いを重曹が吸い取ってくれます。掃除をした後のすっきりして気持ちいい玄関をキープすることができますよ。

[clink url=”https://multiple-work.com/archives/1947.html”]

>>> 靴底が剥がれた!自分で応急処置する方法は?

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ