マンションの玄関ドアに結露!カビ対策でこんな間違いをしていませんか?

冬の悩みといえば「結露」ですよね。

結露ができると、冬なのにカビ対策に奔走しなきゃいけないという、なんとも腹立たしい状況になります。

 

窓やベランダのサッシ戸と並んで、意外と結露しやすいのがマンションの玄関ドア!

ということで、今回はマンションの玄関ドアの結露対策について調べてみました。

スポンサーリンク

 

結露対策の基本

結露とは、屋内と屋外の温度差が大きければ大きいほど発生します。

また、屋内(温かい側)の空気中に含まれる水蒸気の量が多ければ多いほど、結露しやすくなります。

なので、結露対策の基本は、

 

  • 屋内と屋外の温度差を小さくすること
  • 屋内の湿度を下げること

この2つがポイントになります。

マンションの玄関ドアで結露が発生しやすいのは、マンションの玄関ドアの多くが鋼製だから!

熱伝導率が高いので、屋外の温度により冷やされたドアと屋内の温かい空気が接するため、結露が発生してしまいます。

結露対策

①ドアの内側にカーテン

結露対策の一つ目が「ドアの内側にカーテンを設置すること」です。

カーテンによって、屋内と屋外(ドア)の間にもう一つ空気の層を作ることができます。

屋内ほど温かくない空気の層を作ることで、結露を防ぐことができます。

目隠しとして玄関ドアにカーテンを設置している方は多いですよね。

しかし、玄関ドアの上半分しかないカーテンでは結露対策にはなりません。

結露対策のためには、ドア枠をまるまる覆うカーテンを取りつける必要があります。

そうしなければ、空気の層ができませんので。そんな大きなカーテンを一日引いておくのはうっとうしいですよね。

結露対策のためのカーテンなので、夜寝る前に引いておくだけで十分ですよ。

②除湿器

結露対策の二つ目が「除湿器で屋内の湿度を下げること」です。

除湿器といえば夏に活躍するイメージですが、結露対策にも有効ですよ。

玄関に一つ、除湿を置いておくのがおすすめです。

このとき、除湿器のタイプに注意してください。

冷媒によって水分を取り除くコンプレッサー式は夏には効果が高いですが、屋内の温度が下がる冬には除湿効果が低くなります。

結露対策のためには、多少本体価格・電気代は高くなりますが、デジカント式かハイブリッド式の除湿器を購入してください。また、換気扇を回しておくのも結露対策になります。

③結露対策グッズ

結露対策グッズで結露を防いでみましょう。

結露防止スプレーでは、結露の水垂れを防ぐことができます。

結露そのものを防ぐことはできませんが、カビ対策にはなりますね。

結露防止スプレーの代わりに、夜寝る前に玄関ドアの下(足元)に新聞紙や布きれを敷いておくのも○!

新聞紙が水垂れや湿気を吸い取ってくれるので、カビが生えません。

また、ドアにシートを張り付けて結露を防ぐ「ドアピタシート」もおすすめですよ。

ドアピタシートを使用するときには、貼る場所に気を付けてください。ドアピタシートの玄関ドアの「屋内側」の面に貼ります。

屋外側ではないので、間違えないように気を付けてくださいね。

あと、賃貸マンションの方は大家さんや管理会社に確認をとってから使用すること!

ドアピタシートは製品や、玄関ドアとの相性によっては、きれいに剥がせなくなることがあるので。

>>> 玄関 タイル目地の掃除!重層でざらざら汚れは落ちるのか?

まとめ

以上が、マンションの玄関ドアの結露対策についてでした。結露対策では、「温度差」と「湿度」を小さく・低くすることを意識してください。

屋内と屋外の温度差を小さくするためには、屋内と屋外の間にもう一つ、空気の層を作るのが効果的です。

窓でいえば二重窓(二重サッシ)ですね。

ただ、カーテンにカビが生えてしまうことがあるので、カーテンについた水滴はこまめに拭き取り、カーテンは定期的に洗濯してください。

>>> カーテンにカビ!セスキ炭酸ソーダと重曹、簡単な落とし方は?

湿度を低くするためには、除湿器・換気扇・新聞紙(布)で空気中の水分を取り除くことがポイントです。電気代が心配な方は、玄関に新聞紙を敷いてみてください。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ