都会と田舎どっちがいい?メリットとデメリット比較した結果

ネット上で度々議論になる「都会VS田舎」、どっちが暮らしやすいのかという話ですね。

お金や人付き合い、また健康面や精神面など色々な観点がありますし、生きていくうえで何を重視するのかは人によって異なりますよね。

一概に「こっちの方が暮らしやすい」とは言えないかなとは思いますが、うわべだけでも比較してみる価値はあるでしょう。

ということで、今回は都会と田舎のメリットデメリットについて考えてみます。

スポンサーリンク

 

都会と田舎の定義、違い

調べてみたところ、人口○万人以上や人口密度、商業都市の数というような都会と田舎の明確な定義はないようです。

なので、どこからが都会でどこからが田舎というのは、人によって違うのかな。

東京に暮らす人にとっては東京以外は全て田舎でしょうし、山間地域や離島に暮らす人にとっては人が多い場所は都会でしょう。

 

私の個人的な感覚では、政令指定都市は大都会、各都道府県の県庁所在地は中心地は都会……都会というか、都会的な暮らしができる場所です。

また、田舎=実家、代々住み続けてきた場所という考え方もありますよね。

私は「都会VS田舎どっちが暮らしやすいのか」の議論を見るとき、住んでいる場所の人口や商業施設の数よりも、その人にとって縁のある場所(持家かどうか、親戚の有無、生業の有無など)かどうかの方がポイントなんじゃないかなあと思っています。

都会と田舎どっちが暮らしやすい?お金編

都会と田舎どちらが暮らしやすいか、比較してみます。

今回は、都会は政令指定都市や各都道府県の中心地、田舎は山間地域や過疎地をイメージしてください。

また、都会も田舎もどちらも、転入者として暮らし始めた場合です。

では、まずはお金の問題から。

ハート雲と家-横

①住居費、駐車場代

 

都会と田舎で大きな差があるのが住居費や駐車場代です。

たとえば1K一人暮らし用のアパートを借りる場合、都会では5万円以上、東京や大阪なら10万円以上です。

田舎は3万円台の物件も珍しくありません。

さらに駐車場、これこそ都会と田舎の決定的な違いです。都会の駐車場は高い! 田舎でアパートを借りる方が安いくらいです。

一方の田舎、アパートを借りると駐車場がついてきます。駐車場を借りたとして、1台5000円程度じゃないかな。

田舎暮らしをしている私の友達が借りている駐車場は3000円ですからね。

②給料

 

給料は田舎<都会です。

バイトの求人を見ると、都会のコンビニバイトは時給1000円、田舎は700円程度です。

また、就職も求人の多い都会の方が有利です。田舎は仕事を見つけるのがまず大変ですから。

③遊ぶお金

都会は誘惑がいっぱい、ついつい外食やお買い物、遊ぶためにお金を使ってしまいます。

田舎は誘惑が限られているので、遊ぶお金は節約できますね。

④その他

光熱費では、都市ガスよりもプロパンガスの方が1.2~2倍程度高いです。

特に寒い地域ではガス代が高くつきます。

田舎では車が不可欠!

ガソリン代や車の維持費がかかります。ただ、都会で車を持つことに比べたら安いものでしょう。

都会の車なし生活に比べたら、車の維持費が余分にかかるという話です。

田舎から都会に通勤通学する場合は、交通費がかかります。また、子供が都会に進学した場合は、仕送りにお金がかかります。

[clink url=”https://multiple-work.com/archives/929.html”]

都会と田舎どっちが暮らしやすい?自然・人付き合い編

今度は、自然や人付き合いの観点から比べてみましょう。

①子育て

 

待機児童問題は、田舎よりも都会の方が深刻です。

ただ田舎の場合は保育園や小学校自体がなくなるという可能性があります。

高校や大学は、田舎よりも都会の方が選択肢が多く、子供が進学のために家から出て行くということも少ないです。

②人付き合い・交際

田舎の方が人付き合いは大変というイメージがありますが、これは親戚が多い田舎、つまり実家や地元で暮らす場合のこと。

縁もゆかりもない田舎であれば、人付き合いは都会とそう変わりません。

お祭りや自治会の行事(清掃など)が大変というイメージがありますが、都会もお祭りや清掃はありますからね。

ただ、都会暮らしの場合は「参加しない」という選択肢がありますが、田舎では不参加という選択肢はなかなかない、これが大変といえば大変かなと思います。

また、田舎では定年退職の年になっても「若手」扱い、なかなか上にはいけません(笑)

③自然

田舎は自然が豊か!とはいえ、それで癒されるかというとそれは別問題です。

自然に癒されたい方は都会で暮らして週末田舎や山、海に出かけるというのがよいです。

都会と田舎の中間は?

緑の真ん中

結局、何事もほどほどが一番ということで、一番暮らしやすいのは都会と田舎の中間!

大都会よりも地方都市の方が暮らしやすいし、都会でも田舎でもない地方都市のベッドタウンあたりが一番暮らしやすいのではと思います。

私としては、「イオン・家電量販店・ホームセンター・ユニクロ(しまむら)・TSUTAYA・ホームセンター」これらが揃っている町が都会でも田舎でもない中間の町、一番暮らしやすいですね(笑)

あと、病院もあったら◎です。

>>> 週末農業の副業で稼ぐ?売れる野菜作りで収入アップはできるか

まとめ

以上が、都会と田舎のメリットデメリットについてでした。

都会と田舎、どちらが暮らしやすいかは人それぞれです。まず、都会と田舎の定義が人によって違いますし。

都会で暮らすにしろ田舎で暮らすにしろ、その土地に縁もゆかりもなく自分の力で一から生活基盤を築いていくのは大変なことですね。

>>> お金持ちの家の考え方!持家か賃貸か?ある特徴を発見!

一時は田舎暮らしに憧れたこともありますが、やっぱり都会へ電車や車で1時間程度で行ける距離が私にはBESTです。

都会すぎると人も多く、建物の圧迫感がキツイし、田舎すぎると小腹を透かしてコンビニへ行こうと思ってもなかったり・・・^^;

1時間都会から離れると、自然が豊かな場所はたくさんありますからね。

ほどよくつかず離れずの距離感^^

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ