靴を素早く乾かすアイテム!この裏ワザでラクになる!

通勤用や通学用、毎日履く靴が雨で濡れると困りますよね。

翌日の朝までに何とか乾かさなきゃ、明日履いていく靴がない!

なんてことも。靴を乾かすときは大体、新聞紙や乾燥剤を中に入れて乾くのを待つか、晴れた日に陰干しをするかのどちらかですが、「 明日までに」というときにはそんな悠長なことはいってはおられません。

ということで、今回は靴を素早く乾かすアイテムや裏ワザを調べてみました。

スポンサーリンク

 

乾燥剤と新聞紙で乾かす

やっぱり基本は乾燥剤と新聞紙を靴に詰めることです。

ただ詰め方に素早く乾かすためのコツが!

まず、靴は中敷きを外してください。

中敷きは靴の中に入れたままでは乾きにくいですし、中敷きと靴の間に水がたまります。

中敷きを外したら、丸めた新聞紙をぎゅっと中へ、このときつま先まで新聞紙を入れてください。

靴の手前側(かかと側)だけに詰めたのでは、靴の奥の水分がとれません。

その状態で、つま先を下にして吊るしたり、壁に立てかけて靴を乾かします。

新聞紙はこまめに取り替えましょう。濡れた新聞紙は水を吸ってくれませんので。

キッチンペーパーで乾かす

 

新聞紙よりも水分を多く吸ってくれるのがキッチンペーパーです。

キッチンペーパーを丸めて、つま先に詰めてください。

キッチンペーパーを使うのは少しもったいない気もしますが、今は緊急事態!

ここでケチると、翌朝湿った靴で会社に行く羽目になります。

乾燥機で乾かす

スニーカーやズックは洗濯機の脱水機能や乾燥機能、乾燥機で乾かすことができます。

まず、スニーカーから中敷きを外し、雑巾やタオルで靴や中敷きの表面の水分を拭き取ってください。

スニーカーや中敷きを雑巾やタオルで包み、洗濯機や乾燥機へ。

 

靴は熱に弱いので、脱水は短時間、乾燥機は低温に設定します。

スニーカーがあらかた乾いたらつま先を下にして干してください。

洗濯機や乾燥機に靴を入れるのに抵抗があるという方は、コインランドリーへGO!

コインランドリー

最近では靴専用の乾燥機のあるコインランドリーも増えています。

この方法は、最悪だめになっても仕方ないという靴だけで試してみてください。革靴やエナメルの靴、ブーツなどは×、変形したり靴底がはがれたりすることがあります。

扇風機で乾かす

靴を干すとき、扇風機の風を当ててやると、通常よりも早く乾きます。

扇風機を当てることで靴の周りの湿気が追い払われ、常に乾いた風が靴に送られるからです。

扇風機を当てるときは、通気性のない靴底ではなく、布地や革部分、靴の中を扇風機に向けてください。

ドライヤーで乾かす

ドライヤーの温風を当てると、さらに素早く濡れた靴を乾かすことができます。

ただ、温風を当て過ぎると、接着剤が溶け靴底がべろんとはがれてしまうことがあるので要注意!

扇風機や乾燥剤であらかた乾かしてから、最後の仕上げに温風を当てるというのがおすすめです。

ドライヤーの温風を当てるときは、靴底ではなく、布地や革部分、靴の中にドライヤーを向けてください。

靴底を温めすぎると、接着剤が溶けます。また一度に長時間温風を当て続けるのではなく、数十秒当てたらドライヤーを切っていったん冷ます、乾き具合をみてからもう一度ドライヤーを当てるというように、温める→冷ますを繰り返すことで、靴を傷めずに素早く乾かすことができます。

>>> 靴底が剥がれた!自分で応急処置する方法は?

まとめ

以上が、靴を素早く乾かすためのアイテムや裏ワザについてでした。

一晩で乾かしたいというときには、靴を脱水・乾燥機にかけるのが一番手っ取り早いですが、この方法を行える靴は限られています。

革靴やブーツ、パンプスの場合は、タオルで水分を拭き取ったら中敷きを外し、中に新聞紙やキッチンペーパーを詰めましょう。そして、扇風機を当てながら乾くのを待ちます。大体乾いたところでドライヤーの出番、最後に一気に乾かしてしまいましょう( `―´)ノ

濡れた靴で気になるのが、臭いですよね。乾かすとき、靴の中に数枚の10円玉やティーパックに入れた重曹を入れると、消臭することができます。靴を乾かすついでにぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ