MixHostの評判は?エックスサーバー(X10)から移転を検討中!

私のあさむが運営している資産化ブログも24ヶ月(2年目)となりました。

ちょうど2年前に1日1記事の更新ペースで育ててきたブログですが、この成功がなければ現役会社員でありながら、ネット起業して、複数のビジネス展開は出来なかったと思います。

もちろん、会社員も複業ビジネスの副業の1つなんて思えなかっただろうし、言えなかったと思います。

 

ちなみに2017年3月、24ヶ月(2年目)の結果です。

  • アクセス数 : 月間約180万PV
  • 広告収益額 : MacBook Airが12台は買えるくらい^^

さて、資産化ブログ運営も3年目に突入ということで、気がかりで心配なことが1つあるのです。

それは、レンタルサーバーのことです。

現在、サーバーはエックスサーバーのX10を利用していて、PV約170万〜約180万を安定推移しています。ただ、私の資産化ブログは5月から8月にかけてアクセスが毎年大爆発を起こします。

今年も多分爆発すると予想していて、昨年もこの時期は瞬間アクセス1,000を超えました。その後も何度か瞬間アクセス1,000超えは経験しているので、1,000は大丈夫だと思っています。

ただ、心配なのは確実にPV200万は超えるのは間違いなく、うまくいけば250万PVくらいまでいく可能性があります。

そこで、頭をよぎるあの悪夢!!

もともと資産化ブログをスタートした時は、さくらのレンタルサーバ スタンダードを利用していて、過去に苦い経験があります。

CPU負荷によるサーバーダウンです。

私はあの時の悪夢がよぎって仕方ないのです。

資産化ブログをスタートして半年くらいの時、月間アクセスが約60万PVでさくらのレンタスサーバはCPU負荷によってサーバーダウンを経験しました。

さくらインターネット質問

さくらインターネットのご担当者様の対応は敏速でしたよ。

さくらインターネットご担当者様より

その後、担当者様のおっしゃられるプログラム設計の見直しを行い、制限解除の依頼をして、制限解除していただきました。

負荷解除

その節はありがとうございました。さくらのレンタルサーバ様m(_ _)m

 

それで、エックスサーバーに移転して現在にいたるわけです。

さくらのレンタルサーバ スタンダードも噂どおりよかったですが、エックスサーバーは、多くの方が進めるだけあって、それ以上に素晴らしいサーバーです。

ただ、技術は進歩し、時代は変化をするもので、クラウドレンタルサーバーMixHostと言う新しいサーバーが今、評判なんですよ!

そして、色々調べると現在の私のアクセス数(PV180万〜PV200万)あたりがさすがのエックスサーバーのX10でも、一番CPU負荷によるサーバーダウンの危険が高そうなのです。

これは、ヤ・バ・イ!!!

 

今回、マジで私は、エックスサーバーのX10からMixHostにWordPress移転を検討中!

サイトを運営するうえで悩みの種になるのがサーバー、どこのサーバーを利用しようか、もっと安いレンタルサーバーはないかと考えている方も多いのでは?

MixHostは初心者の方にもおすすめな今話題のサーバーなので参考にしてみてください!

サーバーとは?

まずは、サーバーの意味や役割から。

サーバーとは、「ネットワークでつながったコンピュータ上で他のコンピュータにファイルやデータを提供するコンピュータのこと」、レンタルサーバーとはレンタルできるサーバーのことで、WEBサーバーのディスクスペースを借りることです。

 

例)サイト運営者→サーバー→サイト閲覧者

サイト運営者やサーバーにデータやファイルをアップ、サーバーがサイト閲覧者にデータやファイルを提供、サイト閲覧者のパソコンやスマホにサイトを表示させる。

MixHostとは?

レンタルサーバーで今注目されているのがクラウドレンタルサーバーMixHostです。

 

クラウド型レンタルサーバーで、全てのプランで「転送量・ドメイン・メールアカウント・MySQL」が無制限、さらに料金がとても安く、一番安いプラン(エコノミー)では、初期費用0円、月額480円です。

しかもお試し期間30日もついています。これは破格の料金ですね。

これだけでもクラウドレンタルサーバーMixHostに移転するメリットがありそうです。

安さ以外のMixHostの主なメリット・スペック

 

  • 初期費用(無料)
  • 無料お試し期間(30日間)
  • PHP7/PHP5(PHP7にも対応)
  • MySQL(なんと無制限)
  • SSH(暗号や認証により安全にリモートコンピュータと通信するためのプロトコル)
  • Cron(ジョブを自動実行するためのデーモンプロセス)
  • アクセス分析
  • WEBメール
  • LiteSpeedによる高速表示
  • 無料独自SSL証明書
  • 自動バックアップ(過去14日以内が標準搭載)

とにかく、これだけの性能でコストパフォーマンスが最高です。時代はクラウドですからね。また、ハードディスクもSSD!

SSDといえば、私がブログ制作をしているメインマシンのMacBook AirもSSDだ。期待できるね。

ハイスペック環境による高速性の徹底追求
日本初のLiteSpeed WebサーバーやピュアSSD構成のハイスペックサーバー

ホームページの表示速度は非常に重要です。例えば、ホームページの表示時間が2秒増加するだけで、直帰率が50%増加するという調査結果もあります。
そこで、一般的なWebサーバーとして使用されるApacheよりも数十倍〜数千倍高速で完全な互換性を持ち、HTTP/2に完全対応した「LiteSpeed Enterprise」を日本で初めて採用し、ピュアSSD構成の最新ハイスペックサーバーと国内最大級732Gbpsのバックボーンを組み合わせて運用する事により、圧倒的な高性能をご提供します。

>>> 引用:mixhostの特徴公式ページより

MixHostのプランは?

プラン

MixHostにはエコノミーからビジネスまで料金ごとに5つのプランがあり、一番安いエコノミーが月額480円、スタンダードが980円、プレミアムが1980円、ビジネス3980円、ビジネスプラスで5980円です。
※12ヶ月契約の場合です。

エコノミープランでもドメインやメールアカウントは無制限で利用できるので、プランごとの違いはディスク容量だけですね。それにしてもエコノミーのプランは安いですね。

エコノミーの容量は10GB(SSD)、スタンダードが20GB、プレミアム40GB、ビジネスが60GB、ビジネスプラスが80GBです。いずれもSSDになります。

また、MixHostはクラウド型レンタルサーバーなので、アクセス数が増えサーバーへのCPU負荷が上がったとき、一つ上のプランに変更するだけで対応できるのもメリットの一つ。

これは、エックスサーバーでは出来ないですからね。魅力的なサービスです^^

最初はエコノミープランから始め、アクセス数などに応じてプランを変更していくのがおすすめです。リアルタイムでアップグレードできますよ。

また、料金も日割り計算してくれて、差額分を次回支払えば良いので、万が一CPU負荷でサーバーがダウンしても安心というわけですね。φ(.. ) メモメモ

MixHostとエックスサーバーの比較

比較

最後に、MixHost(エコノミープラン)とエックスサーバー(X10、36ヶ月契約)の比較をご紹介します。

今回は両者の一番安いプラン同士を比較してみます。

一番の違いは料金です。

 

MixHostは初期費用0円月額480円なのに対し、エックスサーバーは初期費用3000円、月額900円です。

エックスサーバーも決して高いレンタルサーバーではない、むしろこれまでは安く利用できるサーバーとして人気だったのですが、MixHostが安すぎるせいで高く見えてしまいますね(;´・ω・)

次はディスク容量、MixHostは10GB(SSD)、エックスサーバーは200GB(HDD)、こちらはエックスサーバーに軍配が上がるかな。ただ、MixHostは全ストレージがSSDなのに対し、エックスサーバーはデータベースだけSSDです。

また、初心者にとって気になるのがサポートですよね。

MixHostではメールでのお問合せのみですが、エックスサーバーではメールと電話、どちらでも問い合わせることができます。

なので、困ったときにすぐに問い合わせたい、サポートがメールだけでは不安という方は、エックスサーバーの方が安心して利用できます。

容量・ドメイン・MySQL・転送量の比較

✓ MixHostエコノミー:10GB(SSD)・無制限・無制限・30GB/日
✓エックスサーバーX10:200GB(HDD)・無制限・50個・70GB/日

>>> パワフルで高速なピュアSSDクラウドレンタルサーバー

まとめ

以上が、レンタルサーバーMixHostについてでした。

ブログなどを始めるとき、初期投資はできるだけ安く抑えたいですよね。

初期費用を節約したい方は、サーバーはMixHostを利用してみてはいかがでしょうか。このスペックで月々480円から利用できるサーバーは他にはありません。

また、最初の1ヶ月は無料で試せるのもうれしいですよね。

これまで他のサーバーを利用していた方もMixHostへの移転を検討してみるのがおすすめです。

>>> 月額480円からの高速LiteSpeed採用クラウドレンタルサーバー

 

私マジでエックスサーバーからMixHostへの移転を検討しています。30日間無料ということもありがたい。

一番良いのが、WordPressの移転代行を1サイト4980円でやってくれるところですね。

私、さくらサーバからエックスサーバーに移転は自力でやったのですが、約3日かかりました。その間、大丈夫か不安で不安で、ものすごいストレスを感じたことを覚えています。

なんと30日間無料期間中でもオプションの移転代行が使えるみたい。

もし、MixHostに移転するなら絶対にオプションのWordPressの移転代行は使いますね。

4980円をケチって、自力でやってブログが壊れたら大変。それに時間がもったいない。おすすめですよ。

もう、心は決まっていてMix Hostに移転するつもりです。が、一応今までの経験から、3日間気持ちが変わらければ行動に移そうと思っています。

即決はときには失敗することを、過去の経験から学びましたもので^^;

3日間気持ちが変わらなければ、自分自身の心は本物だということ!!

あと、MixHostは、セルフバックできます。

新規申込でエコノミーが1500円、スタンダードが3000円、プレミアムが4500円、ビジネスが6000円、ビジネスが7500円のキャッシュバックを受けることができます。

これは、使わないと損でしょ!!

追記:Mix hostにサーバーを変更しました。

サーバーの平均応答時間(秒)が、0.2秒が0.1秒になりました。凄いですね。

サーバー平均応答時間

月間PVアクセス数もサーバーを変えたからか、200万PVから250万PVまで伸びています。

アクセスが伸びると、さらなる問題が!?

[clink url=”https://multiple-work.com/archives/3577.html”]



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ