コインランドリー経営は儲かる?初期投資と収入から採算はどうか調査

高齢化と終身雇用の崩壊、さらに年金だっていつからもらえることやら、こんな世の中ですから、会社と年金以外で稼ぐ手を考えなくてはいけません。

株や投資信託を始めるか、お馬さんに賭けてみるか、はたまた……ということで、今回はコインランドリー経営のコインランドリーの初期投資はどのくらい?儲かるの?などの疑問について調べてみました。

スポンサーリンク

 

コインランドリーは成長産業!?

コインランドリーというと、独り暮らしで家に洗濯機を持っていない苦学生や単身赴任者が利用するというイメージがありますが、これは一昔前の話!

 

今や、コインランドリーの最も多い利用者は主婦や共働きの世帯です。

家に洗濯機がないというわけではありません。家では洗濯できないもの、たとえば大きなカーテンやカーペット、シーツの洗濯、あるいは洗濯の時短のためにコインランドリーを利用するのです。

コインランドリーの大きな洗濯機なら、家庭では4回回すところを1回で終わらせることができますし、乾燥機もついていますからね。忙しい主婦や毎日洗濯をできない共働き世帯にとっては、コインランドリーは生活に欠かせないものです。

そのため、コインランドリーは今や成長産業!!

店舗数は10年前の1.6倍に増え、現在ではコンビニよりも多いです。これからもますますニーズが高まると予想されていますし、こうみると、今からでもビジネスチャンスがありそうですね。

 

私は、会社員を本業としながら、副業をしています。それも1つではなく、複業!1つの仕事に依存するのは、これからの時代はリスクがあると考えています。なので、ビジネスチャンスのありそうな、“コインランドリー”興味がありますね。

コインランドリーを始めたい!?初期投資は?

コインランドリーを始めるためには、初期投資が必要です。たとえば、6~10坪の小さなコインランドリーを始めるときの初期投資の目安はこのくらいです。

コインランドリーの初期投資

 

  • 全自動洗濯機7台(1台24万円)
  • ガス乾燥機4台(1台58万円)
  • 洗剤の自動販売機
  • ガス工事
  • 電気工事
  • 内装工事

 

しめて、約1000万円!さらに家賃やフランチャイズならその契約費も必要です。初期投資は1500万円はみておいた方がよいでしょう。

コインランドリーは儲かるの?

初期投資の目安が分かったところで、次は毎月の儲けをみてみましょう。

コインランドリーは客単価の安いビジネスです。

 

1人当たり600円~1500円(大型機器を入れた場合)、1日30人のお客さんが来たとしても、1日当たりの売り上げは18000円、1ヶ月当たり50万円前後です。

立地が悪くはやっていないコインランドリーなら、月25万円程度の売り上げしかでないこともあります。会社員でいえば、月に50万円でも高給取りではありませんよね。

しかもこの50万円から経費や借金を差し引くと、手元に残るお金は……

梅雨の風景

コインランドリーはぼろ儲けできる商売ではありませんね。

ただ、コインランドリーのメリットはランニングコストが低いこと!

毎月かかるのは、家賃と洗剤などの消耗品、光熱費くらいです。クレーム対応を外注したりフランチャイズ契約をしていれば、それにもお金がかかりますが、月に1~3万円程度のことです。

コインランドリーの粗利は売上の7~8割程度です。あとは、初期投資に使った借金の返済ですが、コインランドリーでは、大体5年で初期投資を回収できるそうです。

コインランドリー経営、成功のコツは?

上記の通り、コインランドリーは大儲けはできないものの、手堅い経営をすればそれなりの儲けは出ます……が、コインランドリーは「立地」、立地の条件が悪ければ、どんなに最新の機器をとりそろえたコインランドリーでも成功できません。

コインランドリーを始めるときは、どこにお店を構えるかが大切です。

ただ、自分の物件があるときには、そこで開業するのが一番かなと思います。家賃は高いですものね。家賃を払わなくてよいというだけで、経営が楽になるはずです。

>>> スモールビジネスの起業-成功例と起業本おすすめ厳選3冊

さらに、コインランドリー成功のコツは、自己資金で開業することです。

初期投資の1000万円、これを借金でまかなうと、後々の経営に響きます。できるだけ自己資金で始め、借金額を少なくしましょう。

コインランドリー経営ではランニングコストの削減も大切!そのためには、できるだけ人を雇わないことです。

掃除も管理も、クレーム対応も、自分でできることは自分でしましょう。人件費は高いですからね。

[clink url=”https://multiple-work.com/archives/7.html”]

まとめ

以上が、コインランドリー経営についてでした。コインランドリーはぼろ儲けできる商売ではありません。

なので、成功のためには、どれだけお金をかけずに開業できるか・借金や家賃など経営の負担になるコストを削減できるか、がポイントです。

ただ、家賃を削りすぎるとろくな物件は見つからない……難しいところです。

 

会社に雇われている間は、安定感はあります。ただ、それがいつまで続くかの保証はありません。なので、私は会社員を本業としながら、インターネット関連の副業をしています。

副業と言っても、お小遣い稼ぎをしたいわけではなく、まず本業を超える安定収入を確保する。これが私の最初の目標でした。そして、本業より手にする額が増えた今、次の展開として副業も1つではなく複数で展開する。

複業こそが、これからの時代に生き抜くために必要だと思います。なので会社も副業の1つです。自分でコントロールできないところで、自分の人生を決められることだけは御免被りたい。『私の仕事は何ですか?』と聞かれれば、“複業”でしょう。

複業の成功するコツは、リスクを最小限に抑えたビジネス展開と考えます。複業ビジネスとして、コインランドリーも選択肢の1つですね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ