宝くじで1億円当たった人のその後の人生は幸せか不幸か?

くじというくじに全く恵まれない私、スーパーの福引すら当たったことがないのですが、人生の中で一回でいいから宝くじに当たったらなぁと夢想することもあります。

たとえば、1億円当たったら、手堅く年3%で回したとして……税金をとられても配当収入だけで200万円以上かぁ、想像するだけでよだれが出てしまいそうです^^

実際に宝くじに当たった人ってどんな人生を送っているのかなあ……ということで、今回は宝くじの当選方法や当たったときの税金などについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

宝くじ、当てるならバラ?連番?

宝くじの主な買い方は、バラと連番の二つがあります。

 

  • バラ:違う組で番号が連続していない10枚を1口として購入
  • 連番:組が同じで番号が連続している10枚を1口として購入、1等と前後賞狙い

ぱっと見、バラの方が当たりそうな気がしますが、理論上は1枚あたりの期待値は連番で購入してもバラで購入しても同じだそうです。

ただ、10枚で比較した場合は、1等または前後賞の当選確率はバラの方が連番よりも2.5倍高いとのこと。

ということはやっぱりバラの方が当たりやすいんですね。

それに、当たっていないか調べるときもバラの方が楽しそうです。連番だと1枚目で「Oh……(/ω\)」となってしまいます。

他にも、縦バラ(連番3枚×10通り)や特バラ(下2ケタ00~99の連番になったバラのセット)という買い方もあります。

宝くじ、当たる人の特徴は?売り場は?

宝くじの高額当選者は女性よりも男性(高額当選者のうち)67.8%が多く、年齢は60歳以上(41.3%)、さらにA型の人(39%)が多いそうです……

A型の人というのは、日本人で一番多い血液型なので、それに比例しているだけのような気がしますが^^;

でも、これはそのまま宝くじの購入者の特徴や割合にあてはまりそうですね。

また、高額当選者の1回あたりの購入枚数は30枚、同じ売り場で買い続けるという購入スタイルです。

購入後にゲン担ぎの神社に参拝したり、黄色の封筒に宝くじを入れて保管する、宝くじが当たる夢を見たという方も多いようですね。

高額当選者は売り場にこだわる方も多いです。

ということで、よく当たると評判の売り場をご紹介します。

よく宝くじが当たる評判の売り場

【関東】

  • 西銀座チャンスセンター
  • 新橋駅烏森口宝くじラッキーセンター
  • 宝くじ御徒町駅前センター売り場

 

【関西】

  • 大阪駅前第4ビル特設売り場
  • 南海難波駅構内1階宝くじ売り場
  • 地下鉄京都チャンスセンター

宝くじに当たったら?

①宝くじに税金はかかるの?

宝くじの当選金には税金はかかりません。

というのも、宝くじを購入したときにすでに税金を払っているから!

300円の宝くじのうち40%は税金です。

【宝くじ内訳】

 

  • 税金40%
  • 払い戻し当選金率45%
  • 販売店の手数料など15%

 

払い戻し当選金率は半分以下!?こりゃ、当たらないわけだわ(笑)


宝くじで1億円当たった人の末路 [ 鈴木 信行 ]

②税金がかかるケース

 

宝くじの当選金を受け取るときには税金はかかりませんが、当選金を使ったり運用する、誰かに贈与・相続するときにはその都度消費税や不動産取得税、所得税、住民税、贈与税などの税金がかかります。

たとえば、贈与する場合年110万円をこえると贈与税の対象です。

1億円の半分5000万円を贈与するときの贈与税は2350万円!手元に残るのは2650万円です。

贈与税を回避したいときには、当選金を受け取りに銀行に行ったとき、宝くじを共同購入したことにして、受け取る時点で二人ないし三人で分けるとよいそうです。

>>> 税理士探す方法と紹介料相場!おすすめWebサイトで安く抑える

当選金を銀行に預けるときにも注意が必要!

銀行が倒産したときのことを考えて、銀行一つあたりの預金額は1000万円以下にとどめてください。

まとめ

以上が、宝くじの当選方法や当たったときの税金などについてでした。

宝くじに当選したときの参考にしてください……私も今日調べたことを活かす機会があればいいなあ(;´∀`)

 

ただ、宝くじに当選した後はバラ色の人生が待っているかといえば、必ずしもそうではないようで、当選後に借金の依頼が殺到した、泥棒や詐欺の被害にあった、妻が作る食事の味付けが濃くなった、食後に睡魔に襲われるようになったなんてこともあったりなかったり(笑)

宝くじに当選したときは、使い道や運用方法が決まるまでは、知人友人にはもちろん、親戚にも教えない方がよいですね。

貝になるのが一番です。

家族には……まあ、それぞれ家庭の事情は色々でしょうから、それについては各自の判断でよろしくお願いします。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ