通勤電車で座るコツ!おすすめ出来ない裏技

毎日の通勤電車、満員だから座れることなんてめったにない!

そんな状態の毎日で、半ば仕方ないと諦めていませんか?

運よく座ることができた日は、通勤で体力を消耗せずに済みますよね。すると、足りない睡眠時間の補うことができます。

その日一日の仕事のパフォーマンスもぐっと上がるというもの!

 

通勤電車で願わくば、毎日座りたいと思いますよね。

ということで今回は運任せにせず、通勤電車で座る確率を高めるためのコツを調べてみました。

スポンサーリンク

 

通勤ラッシュを避けること

通勤電車で座るコツの一つ目は、人の多い通勤ラッシュを避けることです。

そのためには、早起きをして通勤ラッシュが始まる前の電車に乗るか、降りた駅から猛ダッシュするのを覚悟で一本遅い電車に乗るか。

若いうちは早起きは苦痛なのですが、年をとってくると早起きは苦でも何でもなくなるんですよね。逆に若い時と違って、猛ダッシュなんてしたら、足が絡まってケガをします。または、一日中、足がプルプル状態。

そんなことで早起きが出来るようになってきたのかな?人間の体ってうまく出来ていますね。

それより、満員電車で立ちっぱなしの方が辛い……ということで、私は年々早い時間に乗るようになっています。

また、乗車駅が始発の電車に乗ることも通勤電車で座るコツです。

もし、あなたの乗車駅が始発の電車があれば、それに乗りましょう。逆方向の隣駅始発の電車がある、隣駅からなら確実に座れる(最寄りの駅から乗る人が多いなど)ときには、遠回りにはなりますが一旦隣駅にまで行くのもおすすめです。

列の先頭に並ぶこと

ホームで並ぶ列の先頭になれば、座れる確率も高くなります。

駅に着いた直後にホームに入る電車は見逃してください。

最初の電車が行った後、新しい列の一番先頭に立ちます。

ホームのどのあたりの列に並ぶかも重要です。

 

✓階段近くのドアからは降りるお客さんが多いです。

一つの車両のうち、階段から遠い側のドアが開く場所に並ぶと、降りるお客さんが少ないので階段に近いドアよりも一足早いタイミングで乗車できます。

制服に注目、降りる駅を覚えること

駅

電車に乗った後で座席を確保するコツをご紹介します。

まず、座席に座っている人の降りる駅を知ることが大切!

ヒントは制服です。

中学生や高校生は学校ごとに降りる駅が決まっていますよね。あなたよりも手前の駅で降りる中学生の前に立っていれば、座席に座れる確率が高いです。

 

制服以外では、私服姿→ 工場、背広→ オフィス街、老人、マスク、松葉づえ、ぐったりした子供と母親の組み合わせ→ 病院などの推測もできます。

また、通勤電車って大体毎日同じ顔ぶれですよね。毎日乗り合わせる人の顔と降車駅を覚えておけば、座席を確保しやすいです。

身だしなみチェックや周りをきょろきょろし始めたら降りるサイン

そろそろ降りるサイン?

 

読んでいた本を閉じたり、スマホをポケットに戻したり、女性では鏡で身だしなみをチェックし始めたら、近いうちに電車を降りる可能性が高いです。

 

そのような動作・仕草をしている人を見たら、さりげなくその人の席の前に立っておきましょう。

このとき、座っている2人の中間に立つと、目当ての人の隣が立っても座席を確保できるので座れる確率が2倍になります。

ただ、真正面に立っていないので、横の人に座席をかすめ取られる可能性も高くなります。

瞬発力と図々しさが必要ですね。

他に、窓の外を見たりドアの位置を確認する、コートなどの上着を着たりネクタイの曲がり具合をチェックするなどの仕草も近いうちに降りるサイン、注目してください。

絶対座れるおすすめ出来ない裏技

レッドカード

でも、マナー違反かも?

通勤電車での座席確保に命をかけるあまり、やりすぎてしまうことがあります。

たとえば、小学生が座っていた狭いスペースに無理やり座ろうとする。

男性よりOLの女性をこのような方を見かけることがあります。周りの人は見て見ぬふりしていますが、内心みんな、常識のない人だなぁという目で見ていますよ。

 

松葉づえなどでけが人などのふりをして席を譲ってもらう。

どうやったら座れるだろうと考えた時に思い出したのが、ケガのふりです。昔、足の指を骨折して松葉づえをついて通勤電車にしばらく乗ったのですが、何度か席をゆずってくれる方がいらっしゃいました。なので、座れるかもしれません。が、しかし、人の親切心を裏切ってはいけませんよね。ご紹介しながら、止めるのも変ですが、やめましょう。

あと、空いていた優先座席に座る、老人や妊婦さんのために譲られた席をかすめ取るなどです。

いずれにしても、このような行動はマナー違反なので、やめましょう。

[clink url=”https://multiple-work.com/archives/44.html”]

まとめ

以上が、通勤電車で座席を確保するコツについてでした。

一番確実な方法は、毎朝一緒の電車に乗る人で自分よりも先に降りる人の顔を覚えることですね。

私もこの方法で、座席を確保していました。

あとは、空いている電車に乗ることもおすすめ!

早起きが苦ではない方は、一、二本早い電車に乗ってみてください。

満員電車で立ちっぱなしは、かなり体力を消耗してしまいますからね。混雑してない電車に乗るなど座れるコツをおさえると、時間を有意義に使うことができます。

そうすると、こんなことも出来てしまうんですよ^^

>>> 通勤電車の過ごし方!片道1時間で副業!スマホからブログも稼げるぞ

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ