癖字別の性格特徴!かわいい・読めない字の簡単な直し方

最近は手書きで字を書く機会が減っていると言われていますが、私はメモをとったり書きこんだりで、字をけっこう書いています。

そして毎日のように、自分のメモ書きを読むために四苦八苦しています(笑)読めないんだなあ、これが^^;

毎日、あんなに字を書いているのに、どうしてうまくならないのでしょうね?

不思議ですよね。きれいになるどころか、年ごとに癖が強くなっているような……

字に性格が出ているから?というわけで、今回は癖字別の性格の特徴や癖字の直し方などについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

癖字別の性格の特徴

癖字別の性格の特徴をまとめると、下記のような特徴があるようです。ご自分の字の癖と比べてみてください。

  • 字が右上がり
  • 前向きでポジティブな性格、その反面、素直で正直者すぎるためだまされやすい。

    確かに、私は右上がりの字を書いています。そして、人を疑うことを知らないので今までよく騙されてきたような気がしますね^^;

  • 字が右下がり
  • マイペースで頑固者、あまのじゃくと言われることも。

  • 字が水平
  • 淡白でこだわりがない、悪くいえば他人事で無関心。

  • 縦書きで書くにつれて左にずれる
  • 楽天的でポジティブな性格、考えるより先に行動するタイプなので後で後悔することも多い。

    縦書きでまっすぐに書くの難しいですよね。私、毎年年賀状の宛名は手書きで書くことに拘っているのですが、必ず左にずれています。なるほど、確かに猪突猛進なので、後悔すること多いです^^;

  • 縦書きで書くうちに右にずれる
  • 消極的で悲観的、緊張体質でストレスに弱い。

  • カクカクした字
  • 几帳面、義理堅い、それなのに他人からは「冷たい人」と思われがち。

    カクカクした字の方がかっこ良くないですか。あえて、カチッと字を書いているつもりだったのですが、「冷たい人」って思われてしまうんだぁ^^;

  • 丸文字
  • 社交的で明るいが子供じみた一面も。

あなたの字の癖、見比べてみていかがでしたでしょうか?_

自分の性格を知りたいときには、無意識で書いた字で判定してください。意識するとどうしても普段とは違う字になってしまうので。

ちゃちゃっと書いた買い物メモなどで判定するのがよいですね。

癖字を直すためにはペンの持ち方が大切?きれいな字を参考に?

癖字を直すためには、正しいペンの持ち方を覚えることから始めましょう。

ペンは、人指し指の第二関節までをペン軸に巻き付けるようにして持ってください。

私もこれまで意識したことがなかったのですが、改めてペンを持ってみると、人指し指の第二関節が全然ペンに触れていないことが判明!これは直さなきゃ(゚Д゚)ノ

さらに、癖字を直すためにはきれいな字を参考にして練習するのが一番です。ペン字講座を受講してもよいですが、ネットから印刷したお手本を見ながら練習するとよいですよ。

丸文字や右上がりの字の直し方

丸文字の直し方

丸文字は、字を書くときに緩急がついていないのが原因です。

字の角でペンを止める、はねやはらいを意識することで、丸文字を直すことができます。

右上がり文字の直し方

右上がりの文字になってしまう方、字は基本的に右上がりなので、文字が右上がりになってしまうこと自体は何も間違いではありません。

ただ、右上がりすぎるときれいな字にはならないので、少し意識して角度をおさえてみてください。

小学生が使う漢字ノート(マス目に十字の点線が入っているノート)で練習すると、文字の角度を意識しやすくなります。


コクヨ/キャンパスノート(用途別)セミB5 漢字罫200字/ノ-30KA20

かわいい癖字?流行った癖字?

かつて、丸文字が流行した時期がありました。

1970年代~1980年代です。丸文字が「かわいい」「女の子らしい」「ぶりっこ」といってもてはやされたのですね。

わざわざ習字で習ったきれいな字をくずして、丸文字の習得に励んだ方も多かったですね。

未だに丸文字の癖がとれなくて悩んでいる人、私の周りにもいます。

2000年代に入ると今度はギャル文字が流行します。ギャル文字は手書きというよりも、携帯電話やメールを打つときに利用されました。

小文字や色々なフォントを組み合わせたギャル文字、私にはさっぱり読めなかったなあ^^;

ギャル文字は2005年頃には廃れたといわれていますが、一部は現在でもスマホやSNSで利用されています。

まとめ

以上が、癖字別の性格の特徴や癖字の直し方などについてでした。

癖字というと、「お手本通りの正しい字を書けない」とネガティブにとられがちですが、性格が字に出るのであれば、癖字もまた個性、その人の味のような気がします。

>>> 人見知りに向いてる職業!仕事が辛いできないを克服するコツ

とはいえ、字は読んでなんぼのもの、読めないほどの癖字はさすがにだめ!

癖字を直して、きれいな字を目指しましょう。私もせめて自分で書いた字は自分で解読したいので、もう少し丁寧に字を書くよう意識したいと思いました。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ