床がベタベタ!掃除は重曹と酢の使い分け!解消のコツは?

リビングやキッチンの床、掃除機やコロコロだけではベタベタしてきますよね。

せっかく素足で気持ちよく過ごせるようにと、こだわりの無垢材の床にしても、歩くたびに「ペタ、ペタ」と音がすると台無し(´・ω・`)です。

この床のベタベタ、水拭きではなかなか取ることができませんが、掃除の定番グッズの「あれ」を使うとすっきりきれいに落とすことができますよ。

ということで今回は、重曹と酢を使った床の掃除方法について調べてみました。

スポンサーリンク

 

床のベタベタの正体は?

リビングやキッチン、廊下、畳のベタベタの正体は「ほこりと油」です。

 

ほこりと油が混ざりあいこびりついたものが床のベタベタです。

油には、キッチンの油はねの他に足裏の皮脂汚れや汗、ペットの体液なども含まれます。

床のベタベタには重曹スプレー

上記の通り、床のベタベタの正体は油!

油汚れといえば重曹ですよね。

 

床のベタベタが気になる箇所に重曹水(水1カップに重曹小さじ1/2)をスプレー!

布やモップで拭き取ればベタベタ汚れがすっきりきれいになります。

重曹は水に溶けにくいので、水をぬるま湯(65℃以下)にするか、スプレー前にスプレーボトルをよく振ってください。

ぬるま湯を使用するときはお湯の温度に気を付けて!

65℃以上のお湯に重曹を溶かすと、化学反応で重曹が弱アルカリから強アルカリに変化します。

肌荒れの原因になるので、お湯は低めの温度でお願いします。

 

重曹は無垢材の床やフローリング(ニスなどでコーティングされているもの)、畳などには使用しないでください。

無垢材や畳に重曹をスプレーすると、無垢材や畳(イ草)のタンパク質が重曹によって分解されてしまうため、変色が起きます。

また、重曹がコーティング剤を溶かしてしまうこともあります。

床に重曹を使うときには、床の材質を確認!

部屋の隅など目立たない箇所で色落ちチェックをしてから使うようにしてください。

重曹はワックスも溶かします。ワックスをかけた床に重曹をスプレーするときには、上記よりも重曹の量を少なくし、重曹をスプレーした後は、水拭きをするか、お酢やクエン酸水で中和させてください。

重曹には工業用、掃除用、食用など色々な種類がありますが、家の掃除には食用や掃除用の重曹を使ってください。

特に、赤ちゃんやペットのいる家の床掃除には食用重曹がおすすめ!万が一赤ちゃんやペットが床をなめてしまっても安全です。

床のベタベタにはお酢(クエン酸)!お酢の効果とは?

リビング

床のベタベタ汚れにおすすめなのがお酢です。

お酢は、アンモニアや水垢などアルカリ汚れを落とすのに力を発揮!

お酢には消臭効果もあります。

重曹で掃除した後の床にお酢をスプレーすれば、重曹のアルカリを中和することができ床の変色を防ぐことができるほか、床に汚れがつきにくくなります。

お酢は酸性なので変色の心配がありません。

畳やフローリング、無垢材の床など、重曹を使えない床にも使うことができます。

さらに、無垢材をお酢で掃除すると、床の黄ばみを防ぐことができます。

床のベタベタにはお酢!使い方は?

 

酢:水=1:1の酢水をスプレーボトルに作り、汚れの気になる箇所や床全体にスプレーします。

すると、床にこびりついたベタベタ汚れが浮いてくるので、浮いてきた汚れをモップや布で乾拭きしてください。

お酢の匂いが気になる方は、クエン酸を使用するとよいです。

水100mlにクエン酸小さじ1~2の割合でクエン酸水を作り、ベタベタの気になる箇所にスプレー、あとは汚れを拭き取ります。

重曹で掃除した後に使うときには、重曹を一度布で拭き取った後、今度は酢水をスプレーします。そして、もう一度布で乾拭きしてください。

重曹とクエン酸特集

 

まとめ

以上が、床のベタベタ汚れの正体や重曹やお酢を使った掃除方法についてでした。

重曹とお酢の使い分けは、床の材質やコーティング剤で判断してください。判断がつかないときには、お酢を使うのが安心です。

お酢はもちろん、重曹もクエン酸も、口に入れても体に害はありません。家に赤ちゃんやペットがいる方も安心して使用してください。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ