フリーWi-Fiは危険?情報漏洩しない安全な使い方とおすすめアプリ

外出先で便利なフリーWi-Fi、私もよく利用しています。

しかし、このフリーWi-Fiには危険も潜んでいます。使い方を気を付けないと、スマホの通信内容が筒抜けになってしまったり、大切な情報が抜き取られたり、さらにスマホがウイルスに感染しちゃったり……

ということで、今回はフリーWi-Fiの危険と安全な使い方についてご紹介します。

スポンサーリンク

 

フリーWi-Fiとは?危険なの?

 

フリーWi-Fiとは、無料で使えるWi-Fi(公衆無線LAN)のことで、フリーWi-Fiを利用できる場所をWi-Fiフリースポットといます。

フリースポットは、駅や空港、飲食店、カフェなど、最近では本当に増えましたよね。私もありがたく利用させてもらっています。

フリーWi-Fiには?

 

  • 提供元がわかるフリーWi-Fi(公共、携帯キャリア、コンビニ、カフェなど)
  • 提供元がわからないフリーWi-Fi(野良Wi-Fi)

 

このうち危険なのは、提供元がわからない野良Wi-Fiです。

通信が暗号化されておらず通信内容が筒抜けになってしまったり、ウイルスに感染する危険があります。

フリースポットの案内がないのにスマホが勝手にWi-Fiの電波を受信したとき、「おっ、フリーWi-Fiじゃん。ラッキー」と利用していませんか?

そのWi-Fi、危険かもしれませんよ。

じゃぁ、どうしたら安全に利用できるか?そのあたりをご説明します。

Wi-Fi

フリーWi-Fiの安全な使い方は?

フリーWi-Fiを安全に利用するために、以下の点に気を付けましょう。

  • 提供元がわからないフリーWi-Fiを利用しないこと。
  • フリースポットの表示がない場所やフリーWi-Fiの案内がない店内でフリーWi-Fiの電波を受信したときは、野良Wi-Fiの可能性が高いです。危険なので利用しないでください。

  • 野良Wi-Fiをうっかり利用しないよう、スマホのWi-Fi機能をOFFにしておくこと。
  • 自宅や職場以外では、マホのWi-Fi機能はOFFにしておくと安全です。

  • フリーWi-Fiを利用するときは、暗号化方式に注意すること。
  • 「None(暗号化なし)」や「WEP」のときは利用しない。

  • SSL通信のサイトを利用すること。
  • サイトのURLの先頭が「https」で鍵マークがついているサイトを利用すること。特にパスワードなど大切な情報を通信するときには注意!

  • ネットバンキングやクレジット番号の入力など、大切な情報をやりとりしないこと。
  • また、海外では日本よりもフリーWi-Fiが普及している国もありますが、その分、危険もいっぱいです。海外旅行に行くときは、現地のフリーWi-Fiを利用せず、Wi-Fiルーターをレンタルして行くのがおすすめです。

フリーWi-Fiおすすめの一括アプリは?

フリーWi-Fiは便利だけど、いちいちパスワードやSSIDを入力したり設定するのは面倒ですよね。

この面倒を省くおすすめの一括アプリがこちらです。

Japan Connected-free Wi-Fi

Japan Connected-free Wi-Fiは、公共交通機関やコンビニ、スーパーなどのフリーWi-Fiを網羅しています。

FREE SPOT

FREE SPOTは、カフェや空港、飲食店のフリーWi-Fiを網羅しています。

タウンWiFi

私はiPhoneを利用しているので、タウンWiFiを利用しています。自動的にWi-Fiを探索して、自動で接続や認証を行ってくれます。

月末に近づくと、スマホの通信制限にひっかかることがあるんですよね。ルーターもあるのですが、持ち歩くのが面倒くさくて忘れてしまうこともあります。そんな時は、このタウンWiFiを利用しています。

もちろん、自動接続は便利ですが、フリーWi-Fiの危険性は上記でご紹介した通りなので、URLが『https』で始まっているか?そして『鍵マーク』がついているか?確認して利用してくださいね。

フリーWi-Fiがつながらない!確認ポイントは?

フリーWi-Fiの電波があるのにつながらないというときには、以下のポイントを確認してみてください。

 

  • スマホが機内モードになっていないか。
  • スマホの機内モードは送受信をしません。機内モードをオフにするか、機内モードの設定を変更してWi-Fiを利用できるようにしてください。

  • Wi-Fi機能がオフになっていないか。
  • Wi-Fi機能をオンにしてください。その前に、安全なフリーWi-Fiであることを確認してくださいね。

  • SSIDやパスワードを正しく入力しているか。
  • パスワードやSSIDが正しいかを確かめましょう。

また、携帯キャリアやカフェのフリーWi-Fiでは会員登録など事前の手続きが必要なものもあります。必要な手続きを済ませたうえで、フリーWi-Fiを利用してください。

>>> 子供のスマホ利用時間の平均は?年代別の内訳は?

まとめ

以上が、フリーWi-Fiの危険や安全な使い方についてでした。

毎月の通信量を節約するために、ついつい利用してしまうフリーWi-Fi。でも、なかには危険なフリーWi-Fiもあるので、利用するときには注意してくださいね。

フリースポットの表示がない場所やフリーWi-Fiの案内がない店内では、フリーWi-Fiの電波を受信しても、利用してはいけません。また、安全なフリーWi-Fiであっても、外に漏れて困ることは通信しないこと!

ネットバンキングやクレジットカードを利用するサービスは通信してはいけません。このような情報は安全な通信方法でやりとりしてくださいね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ