扇風機の電気代は強が安い!?おすすめはエアコン併用だョ

五月の連休で最後に残っていた電気ストーブを片付け、代わりに扇風機を出しました。

電気代節約のために、エアコンはつけず扇風機で行けるところまで行く予定です。エアコンつけると、電気代が跳ね上がるので嫌なんですよね(^^;

エアコンに比べたら扇風機は安上がりのイメージです。とはいえ、扇風機だってただじゃ動かないので電気は食っているんですよね。

ということで、今回はこれまであまり気にしてこなかった扇風機の電気代について、調べてみました。気になるのが風の強さを強にした方が安いとか!?その真相は?

スポンサーリンク

 

扇風機の電気代は?

夏のイメージ

扇風機の電気代24時間つけっぱなしにすると?

一般的なリビング扇風機は羽根直径30cm、消費電力は65W以下ですが、実際の運転で65Wも消費することはありません。

単機能で30~40W、首を振ったりイオンを出したりすると50W程度です。

電気代は電力会社によって異なりますが、今回は1kW/h=25円とします。

 

40Wの扇風機 を1時間使ったときの電気代が1円(40W÷1000×25円)、24時間で24円です。

ちなみに、エアコン(6畳用600W程度)の1時間の電気代は15円、24時間で360円です。

エアコンの消費電力によりますが、目安としては扇風機の電気代はエアコンの1/10~1/20です。

サーキュレーターの消費電力は30W程度、扇風機とほぼ同じか若干少なめです。1時間の電気代は0.75円、24時間で18円です。

サラッとサキュレーターをあたかも知ってるように説明しましたが、私は、扇風機とサーキュレーターの違いをよく分かっていなかったのだぁ!!

だから調べてみたところ、

  • 扇風機:身体に直接風を当てる
  • サーキュレーター:空気を循環させる

という違いがあるそうです。

扇風機の電気代は弱より強の方が安いは本当か?

扇風機の電気代は「弱」運転よりも「強」運転の方が安いという噂がありますが、実際はやっぱり「強」運転の方が高いようです。

扇風機の消費電力はモーターの回転数によるので。

ただ、「弱」運転では羽根を回しすぎない(ブレーキをかける)ことに電気を使っているから電気代が高いという話も……真相はどうなんでしょうね。

扇風機よりもさらに安いDCモーター扇風機とは?

一般的な扇風機はACモーターですが、さらに消費電力の少ないDCモーターの扇風機があります。

DCモーターの消費電力は18W程度、最大消費電力3Wという製品もあるそうです。


DCモーター扇風機 W347×D347×H680〜870mm KI-321DC

3Wということは24時間つけっぱなしでも1.8円!

1ヶ月つけっぱなしでも、エアコン1日の電気代より安いかも!?これはすごいですねΣ(・ω・ノ)ノ!

電気代を節約!エアコンと扇風機の併用方法

エアコンだけでは電気代が高い、かといって夏の盛りに扇風機だけでは暑い……

こんなときには、エアコンと扇風機を併用するのがおすすめ!

電気代を節約しつつ、快適に過ごせますよ。

エアコンの電気代を安くポイントは、エアコンのフル稼働時間を短くすること!

エアコンは室温が設定温度に下がるまでフル稼働を続けるので、扇風機を使って室温を短時間で下げてしまいしょう。

エアコンが出た冷たい空気は下に落ち、代わりに温かい空気が天井に上がります。

エアコンは本体近くの空気で温度を測っているので床から温かい空気が上がるうちはフル稼働、ということで、扇風機で床の空気を天井に向かってどんどん送る、そうすることで空気をスピーディーに対流させます。

エアコンと扇風機の併用方法がこちら。

 

  • エアコンの設定温度は28℃
  • エアコンの風向きは水平(下に向けない)
  • エアコンから出た冷風がおりてくる場所に扇風機を置く
  • 扇風機は上向き、エアコンに向ける

 

エアコンと扇風機を併用することで、体感温度は2~3℃下がると言われています。また、設定温度を1℃上げると電気代は10%ダウンします。

扇風機をうまく併用して、エアコンの設定温度や電気代を安くしたいですね。

扇風機つけっぱなしで火事!?

扇風機は電気代が安いのでついついつけっぱなしにしてしまいますよね。夜寝るときや、ちょっとした外出の際、「まあ、いっか」とつけたまま出かけてしまいます。

しかし、扇風機を長時間つけっぱなしにすると、扇風機から発火することがあります。

 

特に、古い扇風機(25年以上の使用期間)では、コードやモーターから発火する事故が多いです。

扇風機というと、気軽に使用できる家電というイメージがありますが、使用するときには最低限の注意が必要。

目を離すときにはきちんと電源を切ってください。

夜寝るときはタイマーをセットしておくとよいですね。

まとめ

以上が、扇風機の電気代についてでした。

私は自分自身に風を送るという扇風機の使い方しかしていませんでしたが、向きを工夫することで、エアコンの電気代を節約できるのですね。

この夏は扇風機を上手に利用して、電気代を節約していきたいと思います。

小さなお子様やペットのいるご家庭では、扇風機の事故に気を付けてください。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ