マンション壁紙にカビ!落とし方は?重曹で漂白するコツ

マンションの壁紙にカビ……目立ちますよね。

特に白い壁紙に黒カビなんてときには、悲鳴が出てしまいます(;_;)

なぜって?わが家では掃除担当は私なのです。

目立つ壁紙のカビ、カビキラーでないと落とせないというイメージがありますが、実は重曹で落とせることもあります。

リビングに塩素系漂白剤の匂いが充満するのは嫌ですよね。また、塩素系漂白剤を使うと、カビは落ちたけどシミが残っちゃったということもあります。

 

壁紙にカビを見つけたとき、カビキラーを使う前にまずは重曹から試してみて!

ということで、今回は壁紙のカビの落とし方をご紹介します。

スポンサーリンク

 

壁紙のカビ落としなら重曹!

重曹は弱アルカリ性、タンパク質汚れを落としてくれます。また、漂白剤に比べれば弱いですが漂白作用もあるので、壁紙のカビ落としには最適ですよ。

まずは基本の落とし方から。

 

重曹と水を1:1で混ぜ重曹ペーストを作ります。壁紙に塗ったときに垂れない固さで作ってください。
(緩すぎるときには重曹を足します。)

カビの箇所に重曹ペーストを塗ります。数分経ったら、タオルやキッチンぺ―パーで重曹ペーストを拭き取りましょう。

カビが消えたのを確認したら、消毒用エタノールスプレーをスプレーしてカビの再発生を防ぎます。

上記の方法で取り除けなかったときには、酢と酸素系漂白剤を加えてみます。

まず、酢を水で2~3倍に薄め、カビの箇所にスプレーします。

次に重曹と酸素系漂白剤と水を混ぜて作ったペーストをカビの箇所に塗ります。このまま数分待機、ペーストの上からラップをすると、ペーストがカビに密着するので漂白効果が高くなります。

数分経ったらタオルでペーストをきれいに抜き取り、消毒用エタノールスプレーをスプレーしましょう。

マンションの壁紙にカビが発生する原因

部屋干し

カビは高温多湿の環境で発生します。

マンションは気密性が高いので、梅雨や夏でも一定の湿度を保ちやすいですが、それでも湿気でカビが発生することがあります。

湿気が発生する原因

 

  • 壁際に洗濯物を干している
  • 結露しやすい
  • 冷蔵庫と壁の隙間が小さい
  • 日当たりが悪い
  • 風通しが悪い
  • 日中閉めきっている、旅行や仕事で長期間空気の入れ替えをしないことが多い
  • 1階の部屋
  • 食べかすや飲み物、体液(唾液や汗など)が壁につきやすい

 

特に、犬や猫を飼っていたり小さなお子様がいると、壁に食べかすやこぼした飲み物がついたり、舐めたり汗をかいた手でべたべた触ったりしてカビが生えやすくなります。

[clink url=”https://multiple-work.com/archives/2593.html”]

カビを予防するためには

カビ予防にはとにかく除湿!湿気を取り除くことが大切です。日中、天気のいい日は窓や辺ランドを開け、換気しましょう。

それ以外でおすすめの予防策がこちら。

賃貸マンションの壁紙にカビ!費用は?

賃貸マンションから引っ越すとき、壁紙のカビが気になることがありますよね。

また、冷蔵庫やタンスを動かしたとき、「げっ」と思うこともあるでしょう。

 

賃貸マンションの壁紙にカビが生えたとき、修繕費用は基本的には大家さん持ちです。ただ、退去時にクリーニング代や修繕費用としてお金を請求されたり、敷金から差し引かれることもあります。

借主の不注意や故意でカビがついてしまったときには借主負担です。

カビのついた壁紙の張替費用の相場は、壁一面で5万円~10万円程度、部屋全体だともっと高くなります。

また、カビが壁の下地ボードまで侵入していたときには、さらに修繕費用は高くなります。

>>> 一人暮らしのアパートを退去!掃除が間に合わない!どこまで必要?

まとめ

以上が、壁紙のカビの落とし方についてでした。

壁紙にカビを見つけたときは、まずは重曹で落としてみてください。

最初にシミや色落ち、変色がないかをチェックすること!

壁の隅っこなどに目立たない箇所に重曹をペーストを塗って様子を見てみるのがおすすめです。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ