パソコンで稼ぐなら椅子で疲れないこと!高さの決め方は?最強はこれ

 

私は毎日6時間はパソコンをカタカタしていて、そのうちの大半は椅子に座っての作業なのですが、どうもこの椅子が私に合っていない……

普通に座ると体のあちこちに不調があらわれ作業に集中できないので、私は椅子の上で胡坐になったり正座をしたり、最終的には椅子の上でしゃがんでいます(笑) ←椅子を新調してこの状態がなくなりました^^

何時間座っていても疲れない、パソコンの作業が楽になる椅子がほしいなあ……ということで、今回は疲れない椅子の高さや選び方について調べてみました。

スポンサーリンク

 

パソコンのスペックよりも椅子が大事!

パソコンの作業やデスクワークを快適にするためには、サクサク動くパソコンよりも椅子が大事!

座り心地がよく身体に負担をかけない椅子で作業をすれば、何時間でも集中できますからね。私の悩みの種である、目や腰が痛くなることがありません。

[clink url=”https://multiple-work.com/archives/72.html”]

 

逆に身体に合わない椅子に何時間も座っていると、このような悩みを抱えることになる可能性大です。

椅子に長時間座ると!

 

  • 眼精疲労
  • 肩こり、首こり
  • 腰痛
  • 足のむくみ

 

などなどの身体の不調があらわれます。

身体のあちこちが痛くなれば当然、集中力も切れてしまいますよね。そうか、私の集中力が長続きしないのは椅子のせいだったのか( ゚д゚)ハッ!違うか(笑)

私が一番つらいのは足のむくみですね。

腰痛については木の椅子を使っているのであまり気になりません。クッション性の高い椅子をかえたら腰痛も出てきそうですが(食卓の椅子が革張りなので、すぐに痛くなるんです”(-“”-)”)。

椅子に座っていると、足がむくんでだるくなってしまうので、あぐらをしたり正座をしたりして、足を上に上げてしまいます。

椅子と机の高さ、位置は?

疲れない椅子とは自分の身長や体格に合った椅子のこと、人間工学では以下の計算式で理想的な椅子と机の高さを求めることができます。

 

  • 座面高(椅子の高さ)=身長×0.25-1
  • 机の高さ=身長×0.25-1+身長×0.183-1

市販されている机は床から70cmの高さのものが多いです。これは男性の平均身長170cmに合わせた高さだそう、なので女性にとっては少し高すぎるかもしれませんね。

私も170cmもないので、少し高いですね。

机の高さに合わせて椅子を高くして足が完全に床から浮いてしまうと、太ももの血行が悪くなり、むくみや筋肉痛になります。高さ調節ができる机を選ぶのがおすすめです。

椅子を購入するときは?

上記の計算方法で自分に合った座面の高さをある程度把握したら、今度はお店に行って自分に合った椅子を探しましょう。

必ず、座って確かめてください。

このとき、椅子に深く座った状態でかかとが浮かない高さやデザインの椅子を選びます。

また、腰痛持ちの方やお尻が薄い方はクッション性の低い椅子を選ぶのがおすすめです。

メッシュ素材やレザー素材の椅子はクッション性が高く座り心地はよいのですが、長時間座ると沈みこみで腰が痛くなってしまいます。

椅子を購入したら、自分の身体に合うよう高さを調節します。実際に座って確かめながら、高さを決めてください。

パソコンデスクでは?

 

  • パソコンモニタから40cm以上離れた状態で、モニタ上部の枠が目線の高さになる調整する
  • キーボードに載せたひじの角度は90度
  • 椅子に座ったときの膝の角度は90度
  • 足の裏全体が床につく

 

このような高さに椅子を調節しましょう。

おすすめの椅子は?

パソコン作業やデスクワークにおすすめの椅子をご紹介します。

1位 エルゴヒューマンプロ(9万円前後)

前傾と後傾、どちらでも使うことができ、リクライニングチェアにもなります。

椅子としては少しお値段が高めですが、機能面を考えればとてもリーズナブルな椅子です。


エルゴヒューマン プロ/ ヘッドレスト付 アルミベースヘッドレスト/高機能メッシュオフィスチェア

2位 オカムラオフィスチェアコンテッサ可動肘ヘッドレストタイプ(20万円)

20万円の高級品ですが、値段だけのことはあります。

グッドデザイン賞も受賞した、機能性もデザイン性も高い椅子です。私もこんな椅子だったら、集中力が長続きするのになあ。


オカムラ オフィスチェア コンテッサ 可動肘 ヘッドレストタイプ

3位 タンスのゲンオフィスチェア跳ね上げ式アームレストロッキングパスカル(8千円)

現実的にはこれですよね^^;

メッシュ素材なので、蒸れにくく、体にフィットするので座り心地も抜群です。

腰への負担を軽減するデザインになっているので、腰痛持ちの方にもおすすめです。

番外編 サンワダイレクトバランスチェアガス圧昇降タイプ(9千円)

一度使ってみたい椅子、私はひそかに狙っています。

人間工学に基づいたデザインで、座るだけで正しい姿勢をキープできる、とか。腰痛になりにくいうえに、座るだけで腹筋や背筋が鍛えられそうです。

ただ、背もたれはないので、一息つきたいときには不便かなと思います。

私が購入した椅子

私ついに椅子を購入しました。コチラです。


オフィスチェア 禁断の全部入り 【30日間返品保証】

上記でご紹介した椅子とは、違うじゃん^^;

そうなんですよ。

「禁断の全部入り」ってネーミングに興味が湧きまして、調べてみたら楽天ウィークリーランキング、デイリーランキングで『パソコンチェア部門』1位を獲得している椅子のようで・・・。

それと、私は楽天ポイント・キャッシュが毎月貯まるので、ビジネス関係はほぼ楽天で購入しているのです。

で、購入した感想ですが、大満足!!

使用後の30日間返品保証もついているのですが、手放す気は今のところないですね。

 

  1. 約35度背もたれが倒れるので、疲れた時背中を伸ばせます
  2. 背もたれを4段階で好きな位置でロックできるので仮眠にも最高
  3. 9㎝も厚みのあるクッションなので、お尻が痛くなく、座り心地抜群
  4. 寄りかかるとヘッドレストの高さや角度が変わる
  5. アームレストの高さや幅が調整できる

その他にも、色々細かな満足があるのですが、一言で言うと椅子に求める全部入っています^^

なので、ちょっと予算オーバーの税込17,900円也!

まとめ

以上が、疲れない椅子の高さや選び方についてでした。

調べているうちに、椅子を新調したくなってしまいました。 ←新調しちゃいました^^

集中して仕事をしたり、勉強するためには、椅子はとても大切!

自分に合わない椅子を長時間・長期間使っていると、作業効率が悪くなるばかりか、身体にも悪影響が出ます。肩こりや腰痛がひどい方、椅子を買い替えてみてはいかがでしょうか。

>>> 坐骨神経痛とヘルニアの違い!片側のお尻、太もも、ふくらはぎが痛いのは?

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ