個人情報保護法の改正2017!ネットビジネス上で知っておくべきポイント

 

2005年に制定された「個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)」がこの度改正、2017年5月30日から施行されます。

5月30日って、もうすぐじゃんΣ(・ω・ノ)ノ!

今回の改正では、個人情報保護法が適用される範囲が広くなったり、保護対象が多くなったりしているので、これまでのように「大きな会社だけが気を付ければいいんだよね」というわけにはいかなくなりました。

ネットビジネスをしている方も他人事ではありません。

ということで、今回は個人情報保護法の改正について、特にネットビジネス上での知っておくべきポイントについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

個人情報保護法改正のポイントを簡単に言うと!!

これまでの個人情報保護法が適用されていた(個人情報を保護する義務を負っていた)のは、保有している個人情報が5000人以上の個人情報取扱事業でした。

これがですね、、今回の改正によって5000人要件が撤廃、保有している個人情報が5000人以下でも個人情報を保護する義務を負うことになりました。

また、個人情報保護法で保護対象となる個人情報ですが、これまでは「生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述により、特定の個人を識別することができるもの」と規定されていました。

それが、今回の改正では、これまでの保護対象に加えて、下記も加わりました。

 

  • 指紋データ
  • 顔認識データ
  • 遺伝子データ
  • 移動履歴
  • 購買履歴
  • マイナンバー、パスポートナンバー

なども保護の対象になりました。

ネットビジネスの場合は、顧客の氏名や住所はもちろん購買履歴やクレジット番号に注意する必要がありますね。

5000人要件が撤廃されたことで、個人で細々としているネットビジネスであっても、個人情報を流出させた場合は、個人情報保護法違反となります。

個人情報保護法の罰則や時効は?

個人情報保護法の罰則は?

 

  • 六月以下の懲役又は三十万円以下の罰金
  • 従業員のみならず所属する企業にも罰金刑

 

従業員が顧客の個人情報を流出させた場合、従業員個人だけでなく会社にも罰則があるということです。

また、個人情報保護法の公訴時効は3年です。

メールアドレスは個人情報?

改正前の個人情報保護法でも、メールアドレスはグレーゾーンと言われていました。

「 名前@gmail.com」のように、メールアドレスから個人を特定出来る場合は、個人情報保護法の対象、適当なアルファベットの羅列の場合は対象外と一応言われていました。

いやいや、それは違う!メールアドレスも全て個人情報という意見もありました。

 

今回の個人情報保護法ではメールアドレスについては規定は特にないようですが、改正の目的が個人情報取扱の厳格化である以上、メールアドレスも個人情報と考えた方がよさそうです。

ブログに有名人の写真や名前は?

有名人の写真や名前を無断でブログに掲載することは個人情報保護法違反にはあたりません。

ただ、肖像権違反にあたるおそれがあります。

有名人が公表していない住所や電話番号を無断で掲載した場合は、個人情報保護法違反になります。アイドルグープのイメージ

プライベートの目撃写真や路上キス写真を掲載することも個人情報保護法違反にはなりません。

個人情報ではこのような情報は保護の対象ではないからです。

ただ、この場合はプライバシーの侵害にあたるおそれがあります。

鍵マーク(SSL)をチェックする癖づけ

個人情報は自分で守ることも大切です。

ネットショッピングをしたりネット上に個人情報を入力するときは、SSLをチェックするようにしましょう。

SSLとはインターネット上で通信を暗号化する技術で、データの盗聴や改ざんを防ぐことができます。

サイトのURLに鍵マークがついている、URLの最初が「https://」とhttpの後にsがついているサイトはssl通信になっています。

SSL

これがないサイトは、個人情報が漏えいする恐れがあるので、氏名や住所、クレジット番号などの個人情報を書きこまないでください。

>>> IT重説解禁!ネットで重要事項説明書の注意する点は?

まとめ

以上が、個人情報保護法の改正についてでした。

これまでの個人情報保護法では適用の対象外だったネットビジネスの運営者も改正後は、個人情報を保護する義務を負うことになります。

意図的に流出させないことはもちろんのこと、アクシデントで流出することのないように、セキュリティー面で対策をしてください。

利用する側は、SSLをチェックする、怪しいサイトに安易に自分の個人情報を書きこまないなどの自衛意識を高めることが大切ですね。

私も気を付けたいと思いました。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ