話題のビットコインで投資!詐欺案件や失敗リスクをおさえる方法?

仮想通貨・ビットコイン、日本でも普及しましたね。

ネット上だけでなく実店舗でも利用できるお店やサービスが増えているようですね。

航空会社のピーチもビットコインで決済できるようになるとか。

また、ビットコイン投資で大儲けしている人も世の中にはいるそうですよ。

私はまだビットコインを利用していないのですが、ビットコインの普及のスピードを見るに、私がビットコインに手を出す日も近いかも!?

ということで、今回はビットコインの仕組みや投資のやり方などについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

ビットコインとは?

 

ビットコインとは、インターネット上に存在する電子的な通貨のことで、仮想通貨の一つです。2009年に誕生しました。

ビットコインの特徴は?

 

  • 発行元・管理元が存在せず、特定の国家や銀行に依存しない

通貨危機や経済危機のリスクを回避できる

 

  • 発行量の上限が決まっている(2100万ビットコインまで)

大量発行によるビットコインの価値の下落がない

 

特に、最初の特徴はビットコインが普及した大きな理由ですよね。自国の通貨を信用できない人や国の規制を受けずに資産を海外に持ち出したい人にとってはビットコインはとても便利です。

ビットコインの始め方

ビットコインはビットコイン取引所や交換所で購入することができます。

国内の主なビットコイン取引所はこちら。

 

  • bitFlyer(現物取引・信用取引・先物取引)
  • bitbank(現物取引・先物取引)
  • BTCBOX(現物取引・信用取引)
  • coincheck(現物取引・信用取引)

ビットコイン投資をしたい方は、信用取引や先物取引もできる取引所を利用した方がよいかもしれませんね。

それぞれの取引所や交換所には提携する銀行があるので、提携先で利用する取引所を決めるのもよいですね。

ビットコインを購入するときやビットコイン投資をするときには、必ずチャートを確認してから購入してください。

ビットコインは円やドルよりも相場の変動が激しく、1日で10%も上下することがあります。なので、「下がった」と思っても慌てて手放さないことが大切ですね。

10%下がっても翌日や翌週には元に戻る可能性があります。

ビットコインの詐欺案件とは?

詐欺

ビットコインの普及に従って、ビットコインを利用した詐欺が増えています。

ビットコイン詐欺の手口の一つが「アルトコイン」です。

実は、仮想通貨はビットコインだけでなく、LitecoinやDogecoin、Monacoinなど色々あります。

これら、ビットコインでない仮想通貨・ビットコインの代わりとなる仮想通貨を「アルトコイン」です。

アルトコインの中には、仮想通貨として価値のあるものもありますが、価値のない/価値が上がらないものも多くあります。

相手を価値のないアルトコインを「これから値上がりしますよ」「第二のビットコインになりますよ」とだまして購入させるのが、ビットコインを利用した詐欺の常とう手段。

未公開株の詐欺と同じですね。うまい話でも聞いたことのない仮想通貨には手を出さないことです。

ビットコイン投資の税金はどうなっているの?

日本では、2016年3月4日「仮想通貨を財産的価値と定義する」旨の法案が閣議決定されました。

今後、仮想通貨に関する法が整備されていくのでしょう。

現在のところは、ビットコインにかかる税金は金(きん)の取引などと同じ扱いです。

なので、ビットコインの売却などで利益を得た場合には所得税がかかります。

また、ビットコインを商品やサービスと交換したとき(ビットコインで商品を購入したとき)には、課税資産の譲渡とみなされます。

このときは消費税がかかります。

ビットコイン投資の税金で分からないことがあれば、税務署に問い合わせてみてください。

まとめ

以上が、ビットコインの仕組みやビットコイン投資についてでした。

ビットコインといえば、日本では「マウントゴックス騒動」がありましたよね。

ビットコインを購入したりビットコイン投資をするときには、信用できる取引所を利用してください。

また、ビットコイン投資では相場の変動に要注意!

株はもちろん、為替相場よりも激しく変動しています。

チャートを確認して、高すぎないときに購入すること!

がくっと下落しても慌てて手放さないビットコイン投資で成功するコツのようです。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ