高円寺阿波踊り2017!穴場はあるか?SNSランキング1位だし

東京の阿波踊りといえば高円寺!

 

高円寺で開催される東京阿波踊りは毎年100万人近くの人が訪れる人気のお祭りです。

SNSランキング行ってみたい祭りの1位にも選ばれたことがある、とか。

私はまだ阿波踊りをテレビでしか見たことがないので、ぜひとも行ってみたい( *´艸`)

ということで、今回は高円寺阿波踊りについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

高円寺阿波踊りの日程は?

高円寺阿波踊りは毎年8月の最終土日に開催されます。

 

2017年の高円寺阿波踊り「第61回東京阿波踊り 」の日程は、8月26日(土)・27日(日)、17:00~20:00です。

また、祭りの会場は、JR高円寺駅、東京メトロ・丸の内線高円寺駅周辺の商店街や高南通りで、8つの演舞場が設置されます。

高円寺阿波踊りの歴史は?徳島の阿波踊りとの違いは?

高円寺阿波踊りの始まりは昭和32年です。

当時は、高円寺の隣駅で開催される阿佐ヶ谷七夕まつりの方が人気でした。

「どうにか自分たちのところにお客さんを呼びこんで祭りを盛り上げたい」と商店街の方が思いついたのが「阿波踊り」、元々は町おこしのためのお祭りだったのですね。

その後紆余曲折を経て、高円寺阿波踊りは規模を拡大!現在では、徳島県徳島市・埼玉県越谷市と並んで高円寺の阿波踊りは日本三大阿波踊りの一つ に数えられています。

といっても、阿波踊りの本場はやっぱり徳島の阿波踊りですよね。

徳島の阿波踊り

高円寺阿波踊りでは、本場徳島の連を招待、東京で本場の阿波踊りも見ることができるお祭りです。

[clink url=”https://multiple-work.com/archives/3402.html”]

高円寺阿波踊りは飛び入りできるの?

 

徳島の阿波踊りでは飛び入り連があり、飛び入り参加ができますが、高円寺阿波踊りには飛び入り連はなく、飛び入り参加はできません。

なので、連に入っている人を除き、高円寺阿波踊りは見て楽しむお祭りです。

当日の飛び入りは禁止されていますし、危険なのでやめてくださいね。

高円寺阿波踊りの穴場スポットは?

高円寺阿波踊りには全部で8つの演舞場があります。

このうち、人出が多く祭りのメイン会場となるのが、中央演舞場。

JR高円寺駅南口を出たところで、距離の長い演舞場です。

25分間ノンストップの阿波踊りを見ることができますし、本場徳島の連も参加します。

なので、中央演舞場は祭り中ずっと混雑しています。

高円寺阿波踊りでは場所取りは禁止されているので、中央演舞場で見たい方は、人波をうまく縫って、最前列に行ってください。

桃園演舞場も混雑します。

みなみ演舞場は上記二つに比べると人が少ないです。

飲食をしながらゆっくり見ることができるので、人混みが苦手な方におすすめの会場です。

高円寺阿波踊りで穴場!!

 

  • ルック第一演舞場
  • ルック第二演舞場
  • パル演舞場

 

これらの演舞場は、中央演舞場などに比べて人が少ないのでゆっくり見ることができますし、道幅が狭いので阿波踊りを間近で見ることができます。

また、疲れたときには一本通りを外れると人が少なくなるので、休憩したいときにもおすすめです。

高円寺阿波踊りでは、屋台のおいしいグルメも大人気!

祭り当日にはあずま通り商店街に屋台が並ぶのでこちらもチェックしてみて!

お腹がすいたときは、屋台のおいしいグルメを楽しみましょう。

>>> NPO法人 東京高円寺阿波おどり振興協会公式サイト

まとめ

以上が、高円寺阿波踊りの日程や歴史、穴場などについてでした。

高円寺阿波踊りは阿波踊りの本場ではないとはいえ、もう60年近くの歴史があるのですね。

本場徳島との交流も盛んで、徳島の連の支部が高円寺あったり、反対に高円寺の連が徳島の阿波踊りに参加することもあるそうです。

なので、高円寺阿波踊りでは本場さながらの阿波踊りが楽しむことができます。

高円寺阿波踊りでは、場所取りは禁止ですし、有料の観覧席もありません。

よい場所で観覧できるかどうかは当日の運と、あなたの場所取りの腕次第ですね。

人混みをうまく縫って、最前列に行ってください。ただし、マナーは守って!

満足するまで見たら次の方に場所を譲ってあげてください。

高円寺阿波踊りではトイレが大混雑するそうでうす。

高円寺駅に行く前にトイレを済ませておくこと、トイレに行きたくなったら早めにトイレの列に並んでください。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ