結婚前の貯金はいくらが平均?1000万円を貯める方法は?

「お金よりも愛情」は恋愛期間まで、結婚を考え始めるととたんに気になるのが貯金額!

結婚するときには指輪に結婚式に披露宴とお金のかかるイベントが目白押し!それに加えて、二人の新生活を始めるためにもお金が必要です。

「私の貯金、これで足りるの?」と不安を覚えたり、恋人の通帳を見て戦慄が走るなんてこともあるかもしれません。

また、結婚前に貯金を教えるかどうかの駆け引きもあったりして(;´∀`)ということで、今回は結婚前の貯金平均額や1000万円貯める方法などについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

結婚前の貯金平均額は?

 

総務省の「平成26年全国消費実態調査」によると、独身者の平均貯蓄額の中央値は、「男性480万円、女性679万円」です。

あれ、女性の方が多いんですね。

これは、実家暮らしが多いからか、それとも女性の方が男性よりも将来に備える意識が高いからか。

まあ、一生独身を決めて老後のためにせっせと貯金している方が中央値を引き上げている可能性もありますが、大体、500万円前後が結婚する前の男女の貯金平均額ですね。

 

ちなみに、貯金額が200万円以下の独身者は、男性で30.1%、女性は24.4%、こちらも男性の方が低い(; ・`д・´)そして、もう一つお知らせが。

女性が男性に求める結婚前の貯金額は500~600万円だそうです。

うーん、なかなか厳しい条件かもしれませんね。

結婚にかかる費用は?新生活の費用は?

「これから結婚に向けて貯金を始めるぞ」という方のために、結婚にかかる費用や新生活の費用の目安をご紹介します。貯金の目標にしてください。

貯金

「ゼクシィ結婚トレンド調査2016」によると、結納から披露宴(結納、指輪、挙式、披露宴)の一連の結婚イベントにかかった金額の平均は469万7000円です。

ちなみに、ご祝儀の平均は232万3000円、差し引き240万円、なので300万円は貯金しておきたいものですね。

 

また、二人で結婚費用として貯金をしていた人の貯金額平均は309万2000円だそうです。

そして、新生活準備のための費用(引越し、家具家電購入費など)は平均72万3000円。

結婚前が実家暮らしか一人暮らしか、結婚後の新居(賃貸物件か実家か)によって新生活に必要な費用は違います。なので、余裕をもって100万円は用意しておきたいです。

結婚式と新生活の費用を足すと400万円、その他もろもろ(ハネムーンなど)も入れて、500万円の貯金があると安心ですね。

500万円ということは一人あたり250万円……今日からがんばって貯金しましょう(^^)/

1000万円貯める方法は?

結婚式や新生活の費用で500万円、結婚したらマイホームだってほしいし、二人の老後のための貯金も始めたい……なんて色々考えていると500万円の貯金では全然足りません。

500万円といわず1000万円!

1000万円貯める方法をご紹介します。

①固定費を見直す。

電気代や通信費、家賃などの固定費からまずは出費を削っていきましょう。

スマホは格安SIMに、電気代のセットの格安プランもあるので検討してみてください。

家賃は一番、節約しがいがありますね。将来マイホームを計画しているのであれば、高い家賃を払うのはバカバカしいです。

1000円でも安い物件を探してみてください。家賃の節約分はマイホームの頭金に回しましょう。

②食費を節約。

独身の頃は外食ばかりだった方も、結婚後は自炊で食費を節約しましょう。

一人分では自炊してもなかなか節約につながりませんが、二人分作れば、外食よりもぐっと安く自炊することができます。

③お小遣いを見直す。

結婚を考え始めたときから、お給料は自分のためだけに使ってはいけません。

月々のお小遣い(自由に使ってよい金額)を決め、その範囲内で趣味やお買い物を楽しむようにしましょう。

お小遣いの金額は夫婦(恋人同士)で話し合って決めてくださいね。

④積み立てで貯金。

給料口座からの引き落としで積み立て預金を始めましょう。

引き落とし日は給料日に設定してくださいね。

貯金額は教える?教えない?

内緒

結婚する前に、貯金を含む財産の全てを相手に教えるのはこわいですよね。なので、全てを教える必要はありません。

二人が結婚したり新生活を始めるのに必要な貯金はあるよということを相手に伝えておけばよいでしょう。

結婚後については、隠しごとばかりでは夫婦の仲にひびが入ってしまいますし、あなたが隠せば相手も教えてくれません。

両親から相続する予定の財産まで教える必要はありませんが、貯金額くらいは夫婦で共有しておいた方がよいですよ。

借金がある方は、相手に伝えておいてくださいね。

まとめ

以上が、結婚前の貯金平均額や1000万円貯める方法などについてでした。結婚を考えている方は参考にしてください。

あなたが貯金するだけでなく、相手にも貯金してもらうことが大切です。二人で目標の金額を決めるとよいですよ。

ただ、入籍までは他人同士、いつ破談になるか分からないので、財産の多い方は全てを相手に伝えないこと。また、財布を共有しないことも大切です。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ