健康診断の前日から食事制限は何時間?やってはいけないこと(反省)

健康診断、憂鬱ですよね。

健康診断当日も嫌なのですが、結果が郵送されるのを待つのもドキドキ”(-“”-)”

年齢的に血圧や血糖値が気になる頃なので、毎年、おっかなびっくりで結果を見ています。

封筒から結果を取り出すときもおそるおそる……どう見たって結果は変わらないのだからちゃっと見ればいいのにね(笑)

挙句、※を見つけてがっくりくるという、ね(/ω\)

ところで、健康診断といえば前日から気を付けなきゃいけないことがありますよね。

そう、食事!です。

何時以降は食べちゃだめだ、とか、当日は水分もだめだとか、いや飲んでいい、とか……どっちやねん(;´Д`)ということで、今回は健康診断の食事制限について調べてみました。

スポンサーリンク

 

健康診断は年何回?

通常は、健康診断は年1回です。

会社に勤めている方は会社で健康診断を受けることができますよね。

学生の方は、学校で健康診断を受けます。

就職や転職、介護実習などで健康診断の結果が必要なときは、年1回以上健康診断を受けることがあります。

就職や介護実習などで健康診断の結果が必要なときは、何ヶ月前の健康診断なら有効なのかを確認しておきましょう。

学校や会社の健康診断の結果を提出することができれば、再度健康診断を受ける必要はありません。

[clink url=”https://multiple-work.com/archives/3253.html”]

健康診断前日、食事制限はいつから?

健康診断では、「健康診断当日は朝食を食べないでください」だとか「前日は22時までに最後の食事を済ませてください」などの注意書きがあります。

健康診断では、正しい診断結果を得るために、診断前日から食事を制限されます。

前日の食事で結果に影響が出たり、検査を受けられなくなる項目はこちらです。

 

  • 血液検査(空腹時血糖、中性脂肪、インスリン数値、Cペプチド、尿素窒素、アンモニア)
  • 胃部X線検査
  • 腹部エコー検査
  • 胃カメラ、大腸カメラ

検査項目や検査を受ける時間(時刻)にもよりますが、大体、検査時刻の10時間前までには最後の食事を済ませてください。

「○時間前」や「○時以降は禁止」など具体的な指示があるときには、そちらに従いましょう。

健康診断前日には食事制限の他に以下も控えます。

注意!!

 

  • 過激な運動
  • アルコール摂取(肝機能数値が悪化)
  • 煙草(ニコチンには血管収縮作用あり、血圧上昇)

 

アルコールは、絶対に飲んではだめというわけではありませんが、より良い結果を得たい方は飲まないでください。私も自粛しています^^;

健康診断当日の水分は?

検査項目によっては、健康診断当日は食事どころか水も飲めないということがあります。

当日の水分摂取が禁止されるのは以下に当てはまる方です。

 

  • バリウムを飲むとき
  • 胃カメラ
  • 腹部エコー検査

喉がかわいたときには、うがいで気を紛らわしてください。

上記に当てはまらない方も、健康診断当日、検査が終わるまでは水とお茶のみ、コーヒーやジュースは飲まないでください。

ジュースを飲むと血糖値が上がりますよ。

スポーツドリンクも×です。また、水の摂取も検査時間の1~2時間前までに済ませましょう。それ以降は、口をすすぐだけにしてください。

会社の健康診断は拒否できる?受ける義務あるの?

拒否

 

会社には労働者に健康診断を受けさせる義務があり、労働者には医師が必要なしと判断した場合を除き健康診断を受ける義務があります。

なので、会社の健康診断を拒否することはできませんし、拒否した場合、懲戒処分を受けたり、万が一過労による急死などが起きたとき労災と認められない可能性があります。

会社の健康診断を拒否することはできませんが、会社が指定した病院や医師以外で健康診断を受けることはできます。

その場合は、あとで健康診断の結果を会社に提出します。

やってはいけないこと(反省)

健康診断は断ることが出来ませんが、バリウムなどは断ることはできます。

 

当日、コーヒーを飲んでしまったや、食事を朝取ってしまったなどといえば、検査を受けないで済みます。

実は私、最近はバリウムも飲みやすくなったので受けていますが、以前の病院はあまりにも苦痛だったので、「コーヒーを飲んでしました」と言ってバリウム検査を受けないことが何度かありました^^;

コーヒーなんて飲んでいないのですが・・・。

ただ、病気は早期発見に越したことないので、こういったことはやってはいけませんね。(反省)

まとめ

以上が、健康診断の食事制限についてでした。

血糖値や中性脂肪は前日の食事が大いに影響します。前日の夕食は早めに終わらせ、検査までに血糖値を下げておきましょう。

血液検査のなかでもLDL(悪玉コレステロール)やHbAlcは、継続的な食事内容が結果にあらわれます。

付け焼刃では数値は改善しないということ!

このあたりが引っかかる方は、健康診断の一週間前や一か月前から気を付けるのではだめですね。

私も食べ過ぎないように気を付けたいと思いました。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ