もしかして熱中症!?熱射病と日射病の違いは?

普段は健康で風邪一つひかない私、冬の風邪やインフルエンザの心配はあまりしていないのですが、熱中症だけは人並に心配しています^^;

いくら健康でもね、日本の暑さには敵わないや。

ということで、本格的な熱中症の季節が訪れる前に、熱中症のことについて勉強しておきましょう。

今回は、熱中症と熱射病、日射病の違いや熱中症の応急処置などについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

熱中症、熱射病、日射病の違い

熱中症とは、「気温や湿度、風などの気象条件や激しい運動などで、身体の内外から熱の影響を受けて起きる不調全般」のことです。

 

少し前までは、熱中症ではなく、熱射病や日射病という言い方をしていましたよね。

最近ではとんと聞かなくなりましたが。

熱射病とは、昔でいう重度の熱中症のことで「熱疲労→熱痙攣→熱失神→熱射病」と症状がすすみます。

現在では、これら全部ひっくるめて「熱中症」といいます。

日射病は、直射日光が原因の熱中症のことで、熱中症の一つです。

熱中症のレベルチェック

熱中症は、以下のように症状がすすみます。

 

  • レベル1:めまい、筋肉痛、筋肉の硬直、大量の汗
  • レベル2:頭痛、不快、吐き気嘔吐、倦怠感虚脱感
  • レベル3:痙攣、手足の運動障害、高体温、意識障害

熱中症では、レベル1やレベル2をすっとばして、いきなりレベル3の重度の熱中症になることもありますし、レベル1で自覚症状がないとき、気付いたときにはレベル2やレベル3の重度の熱中症になっていたということもあります。

特に高齢者は熱中症に気付かないことが多く、小さなお子様では体が小さい分、体温が上がりやすいので重度の熱中症になりやすいです。

熱中症の応急処置は?

熱中症になったときや、熱中症の人を見つけたときには、

 

  1. 涼しい場所(木陰、エアコンの効いた室内)に移動する
  2. 衣服を緩める(ベルトやネクタイを外す、胸元のボタンを外す、ボディスーツや矯正下着も外す)
  3. うちわや冷やしタオルで体を冷やす、大きな動脈が通る箇所(首、脇の下、足の付け根)を重点的に冷やすこと
  4. 水分と塩分を補給する

意識障害や痙攣が起きているときには、無理に飲ませると誤飲してしまうので、体を冷やしながら、救急車の到着を待ちましょう。

水分補給では、必ず塩分と水分、そして糖分が入っているものを飲んでください。

水分補給

お茶やコーヒー、お酒はだめです。

スポーツドリンクでは、カロリーオフや糖質オフではない普通のスポーツドリンクがよいです。

レベル2以上の熱中症ではスポーツドリンクでは、塩分補給が追いつきません。

 

経口補水液を飲んでください。経口補水液がないときは生理食塩水で代用できます。生理食塩水は1lの水に9gの塩を加えて作ります。

熱中症対策グッズランキング

熱中症対策におすすめのグッズをご紹介します。

1位:塩飴、塩むぎ茶
塩分を補給できる飴やお茶を持ち歩くのがおすすめです。

 

2位:ひんやりスカーフ
首筋を冷やすと熱中症を予防することができます。日焼け対策にもおすすめです。

 

3位:熱中症対策スプレー、冷感スプレー
虫よけや日焼け止めなどの機能もある冷感スプレーがおすすめです。

 

4位:モバイル型扇風機
屋外で使ってよし、職場のデスクなど室内で使うこともできます。

 

5位:OS-1
普段は飲みません(飲めません)。熱中症になったときのために、冷蔵庫に入れておくのがおすすめです。

まとめ

以上が、熱中症と熱射病、日射病の違いや熱中症の応急処置についてでした。

重度の熱中症のときには、すぐに救急車を呼んでください。

足がふらつく、目がうつろ、痙攣がおきているときには、重度の熱中症です。熱中症では、数時間後に症状があらわれることがあります。

「日中、朦朧とする瞬間があった」「今日は汗をいっぱいかいた」という日は、夜になって頭痛や脱水症状があらわれることがあるので注意しましょう。

熱中症予防では、こまめに塩分を補給することと体を冷やすことが効果的です。

とはいっても、おじさんになると血圧も気になるんですよね^^;それに、スポーツドリンクを飲むとカロリーも気になる……難しいものですね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ