老後も安心な預貯金額は5000万円!?本当に必要額はいくら?

老後を安心して生活するために必要な貯金額は5000万円!?そんなに必要なの・・・で、私の今の貯金額は……(´・ω・`)

うん、明日から貯金をがんばろう。

私20代のときは、全く将来のことなんて考えていませんでした。30代後半ごろから親の定年を目の当たりにして、老後の生活には預貯金が必要だなと少し考え出しました。

老後のことを考えて、預貯金している人はどれくらいいるのでしょうか?

あなたが会社にお勤めの方だとして、退職金ってありますか?私の会社は退職金がないんだよねぇ。

 

年金もあてにならないし、そもそもこのまま会社が存続するとは思えない。だから、会社に勤めることも副業と考えて、ネット関連を中心に複数のビジネスを現在展開しています。

というわけで(笑)、今回は老後も安心な預貯金額や貯め方について調べてみました。

スポンサーリンク

 

60代までに最低3000万!?

世帯主が65歳時点で必要な老後資金は3000万円といわれています。精神的に安心を得るには多ければ多いほど良いでしょうが、5000万円は預貯金額としてあればベストだとか^^;

公益財団法人生命保険センターの調査によると、世帯主60歳以上の無職世帯(2人以上)の平均的な毎月の可処分所得は18万円、出費は24万8千円、毎月約7万円の赤字が出ていることになります。

毎月7万円ということ、1年で約84万円。

老後が30年あるとすると、トータルの赤字は約2500万円!

もし病気や事故になったり、老後が30年で終わらなかったらこれ以上のお金が必要ということですよね。

最低3000万円は誇張でもなんでもなく、本当に「最低ライン」のようです。

50代で最低2000万円!?

預貯金額

老後資金3000万円は一朝一夕では作ることはできませんから、計画的に貯めなければいけません。

60歳の定年退職までに3000万円の預貯金を用意するためには、退職金を老後資金にあてるとしても、50代で最低2000万円は貯めておきたいところ。

>>> 退職金の平均額は?大卒と高卒(会社員・公務員)の差はいくら

 

では、世の50代は一体どのくらいのお金を持っているのかというと……

厚生労働白書の貯蓄額のデータによると、日本の全世帯(2人以上)の平均貯蓄額は1306万円、世帯主が50~59歳の貯蓄額は1106万円です。

あらら、これでは目標額の半分Σ(・ω・ノ)ノ!

60歳までに3000万円というのも難しそうです。

40代の預貯金額平均はいくら?

同じく、厚生労働白書の貯蓄額のデータによると、40~49歳の貯蓄額は-44万円……マイナス( ゚Д゚)!?

ちょっとびっくりしてしまったのですが、これは、家や教育ローンを抱えているから。

[clink url=”https://multiple-work.com/archives/42.html”]

 

内訳をみると、負債額は1068万円、貯蓄額が1024万円、通算して-44万円ということでした。

マイナスといっても、貯金がまったくなしというわけではありません。

とはいっても、働き盛りで給料も多い40代で老後資金をためられないのは困りものですね。

40代で家と教育費を一気に片付けて、50代の10年間で老後の資金を貯めるという世帯が多いようです。

>>> 大学生の仕送り(家賃込み)の平均相場は?贈与税はかかるの?

これから預貯金、どうやって貯める?

厚生労働白書の貯蓄額データでは、全世帯の平均貯蓄額が1306万円、世帯主60~69歳の世帯の平均貯蓄額2206万円です。

こうしてみると、多くの世帯では老後の資金3000万円を用意できていないのですね。

貯金で3000万円ためようとすると、毎月20万円の貯金を12.5年間、10万円なら25年間続けること……うん、無理(;´∀`)

まず、私の老後まで25年もないわ(笑)貯金だけで老後の資金を貯めることはできません。

お金が入ってくる仕組みを作る!

プラン

老後の資金づくりは、「ためる」ではなく「お金が入ってくる仕組みを作っておく」ことを優先して計画を立てるのがよいです。

たとえば投資。毎年2回(1回)配当という名のボーナスが入ってくれば老後の生活にゆとりがでます。

株の配当は銀行の金利よりもずっと高いですしね。他に、公的年金に合わせて個人年金や生命保険に加入する、投資信託を始めるのもおすすめです。

[clink url=”https://multiple-work.com/archives/1347.html”]

 

老後、再雇用や起業で仕事を続けることで老後の生活費を稼ぐことができます。

起業はすぐにはできないので、退職の数年前から資格をとったりコネを作っておくなど起業に向けて動き始めてください。

私は、会社員だけではとても預貯金は無理と判断して、自分でネット関連のビジネスもしています。これからの時代は1つの仕事では、リスクが高いと思います。

会社だけに依存せずに、自分でお金を生み出す力をつけた方が、老後を迎えたときに後悔しないですむのではないでしょうか。

まとめ

以上が、老後も安心な預貯金額や貯め方についてでした。

安心な老後は高くつきますね(;´∀`)

悠々自適な老後なんて、現代では夢のまた夢のようです。

貯金といっても、この低金利時代じゃあねえ……すずめの涙の方がまだ多いくらい、本当に世知辛い世の中です。

>>> 楽天銀行の普通預金の金利を5倍(0.10%)に増やす優遇方法だョ

「まあ、愚痴っていても仕方ないので、とりあえず株や投資信託の勉強でも始めようかな。」と思った方は、早速行動に移しましょう。

リスクを考えて行動しないことが、何よりのリスクだと私は思います。失敗から学べることは多々あります。

[clink url=”https://multiple-work.com/archives/2607.html”]

老後の生活では、収入を増やすことと同時に出費を減らすことも大切です。

ローンがある方は、退職までに完済しておくこと。

食費や光熱費など節約できる部分はできるだけ節約!

電気代や電話代は、最近は契約を見直すだけで大幅にカットすることができるので、契約の変更や会社の変更を検討してみてください。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ