ロビ2の価格は総額全てでいくら?Atomとの違いと評判

ディアゴスティーニ・ジャパンから初代ロビが発売された(初版創刊)のは2013年のこと、初代ロビは世界中で15万体も販売されたそうです。

15万台も!?私が思っているよりもずっと、ロボットは身近な存在になっているみたい。

>>> AIスピーカー日本発売時期は?予想の価格は?

初代ロビが発売されてから4年目の今年、ロビの第2世代モデルロビ2が発売されることになりました。

 

しかも、ロビ2と時期を同じくして「ATOM」も発売されます。

ロビ2とATOMの二大家庭用ロボットが同時にやってくるとは……これは、どっちに手を出すか迷いますね。

ということで、今回はロビ2とロビの違いやロビ2の価格などについて調べてみました。

創刊号の価格にだまされるけど、けっこう高いですね(´・ω・`)

スポンサーリンク

 

ロビ2とは?ロビとの違いは?

ロビ2は世界で一番売れている人型ロボットロビの第2世代モデルです。

ディアゴスティーニ・ジャパンから発売され、ドライバー1本で組み立てることができます。ドライバー1本なら不器用な方でも大丈夫そうですね。プラモデルよりも簡単そう。

 

ロビとロビ2の大きな違いは、頭部のカメラで人の顔や表情を認証し家族の名前を呼んでくれることです。

ロビ2には解像度100万画素と画像認証専用の小型マイコンボードが搭載されていて、顔認証システムTeraFacesがカメラの画像と事前に登録したデータを照合、人の顔や表情を見分けることができます。

家族をはじめ10人分の名前や顔を記憶することができるので、家族の顔を見分けておしゃべりができるわけですね。

また、カレンダー機能もついているので、家族の誕生日や結婚記念日も記憶、お祝いしてくれます。

習い事やゴミの日を登録することもできるそうですよ。

相棒ロボットQ-bo

さらに、ロビ2には相棒ロボットQ-boがついてきます。

ロビに似ているのかなと思ったのですが、調べてみるとやじろべえみたいなロボットでした。

でも、これはこれでかわいい(´▽`*)

Q-boの詳細なスペックはまだ明らかになっていないようですが、ロビ2とQ-boとあなた、三者間のコミュニケーションが可能とのこと。

ロボット同士のやりとりっておもしろそうですね、見てみたいなあ。

ロボット同士のやりとりといえば、初代ロビとロビ2もコミュニケーションがとれるそうです。

これは初代ロビオーナーにとってはうれしいニュース!

公開されている動画では、初代ロビとロビ2がじゃんけんをしたりあっち向いてホイをしていました。

かわいい(´艸`*)ずっと見ていても飽きませんね。

ロビ2開発者の思い

ロボットクリエイターでロビ2の開発者の高橋智隆氏は、ロビ2でロボットを家族の一員にしてほしいという思いがあったそうです。

高橋氏は「家族の一員となるのには家族を見分けて名前を覚えてくれることが重要」と思って開発を手がけたとのこと。たしかに、自分を見分けてくれると、こちらも愛着がわきますよね。

さらに、高橋氏は子供がロビ2を組み立てたり、ロビ2で遊ぶことを想定して開発したそうです。

 

ロビ2にWi-Fi機能やネットに接続する機能をつけなかったのは、 子供が安全安心にロビ2を利用できるようにするため とのこと。

ロビ2から子供の情報や子供とロビ2のやりとりがネット上に漏えいする危険を防ぐためだそうです。

[clink url=”https://multiple-work.com/archives/29.html”]

 

ロビ2は子供のおもちゃには少し高価すぎるかもしれませんが、親子で一緒にロボットの勉強をしながら組み立てたり、遊ぶにはぴったりのロボットですね。

ロビ2を完成させるには?

週刊ロビ2はディアゴスティーニ・ジャパンから発売されます。完成までは全80号、1年半前後かかる予定です。

創刊号の発売日は6月6日でした。

ディアゴスティーニは別のシリーズでもそうですが、創刊号は特別価格なんですよね。次刊からも同じ値段だと思いがちですが、2刊目からは通常価格になるので高くなります。

週刊ロビ2の場合は、創刊号はCMでも言っている通り799円ですが次刊からは1,998円、また後半には3,000~4,000円の刊があるそうです。

そしてロビ2が完成するまでにかかるお金の総額は……171,327円!

ひゃー、高いΣ(・ω・ノ)ノ!

高いだろうなあとは思っていたけど、想像通り、いや想像以上の値段でした。


週刊ロビ2 創刊号〜6号

ロビ完成品中古の相場は?

ロビ2はほしいけど、家にロビ2台はいらないなあ……そうだ、ロビを中古で売っちゃえばいいんだ!ということで、ロビの中古の相場を調べてみました。

ヤフオクではロビ完成品の相場は36,090円、週刊ロビは34,090円でした。

完成品の方が、まだ作っていないものよりも高いんですね。作ったときの手間賃ということかな。

ただ、この値段はおそらく、使用していない新品の中古(ややこしいな)の値段だと思うので、使用感のあるロビはもっと安いと思います。

ATOMとロビ2どっち?

今年は、ロビ2の他にも組み立てて遊べる家庭用ロボットが発売されます。つまり、ロビ2のライバルです。

講談社が4月4日に発売した「週刊鉄腕アトムを作ろう!」です。

アトム

家庭用二足歩行ロボットATOMを作ることができます。

ATOMとロビ2を比較すると

 

  • 期間 :ATOM 1年4ヶ月(全70号)/ロビ2 1年半(全80号)
  •  

  • 完成までにかかる金額 :ATOM 199,232円/ロビ2 171,327円
  •  

  • サイズ :ATOM 身長44cm体重1.4kg/ロビ2 34cm1kg

 

期間や価格、サイズは、両者、あまり違いはありませんね。

また、ロビ2は皆さんご存じの通りかわいい顔をしていますし、ATOMは鉄腕アトムなのでこっちもかわいいです。

機能・スペックの大きな違いは?

 

  • ATOMには、フロントエンドAI(相手を見て話したり曖昧な言葉を認識するなどコミュニケーションに関わるAI)とクラウドAI(インターネット上で必要な情報を検索したり分析するAI)の2つのAIが搭載されている。
  •  

  • ATOMには、胴体にタッチパネルのついたディスプレイあり。
  •  

  • ATOMには自己診断機能あり、ATOMの調子が悪いときに「自己診断して」と話しかけるとATOMが自分で自分の故障を診断してくれる。

 

最も大きな違いは、ATOMはネットに接続できるということ、ロビ2はネット接続ができないので、この違いは大きいですね。

ロボットをネットに接続したい、ロボットを通じてネットの情報を検索したいというときにはスタンドアローンモデルのロビ2よりもATOMの方がよいです。

ATOMはネット通信ができるので、アップデートや新機能の追加もネットを通じて行うことになるのかな。

ロビ2は、スマホやタブレットの画面に表示したQRコードをロビ2で読み取ることで新しい仕草や言葉を追加することができます。あと、ロビ2にはbluetooth通信機能はついています。

ATOMもロビ2と同様、家族の顔と名前を覚えてくれ(12人まで)、会話を重ねることで成長、よりスムーズで自然なコミュニケーションができるようになります。

ロボットが家族の一員になるという点では、ATOMもロビ2も同じですね。

ATOMもロビ2も完成までには1年以上かかります。

根気が必要ですが、新しい家族を作るためと思えば、がんばれるかな。ATOMもロビ2と同様、ドライバー1本で組み立てることができるので、子供でも組み立てることができますね。

ただ、子供は完成する前に、途中で飽きてしまいそうですが^^;

最終的に、がんばっているのはお父さんだけだったりして。

まとめ

以上が、ロビ2とロビの違いやロビ2の価格などについてでした。

ロビよりも進化して、一段と家族に近づいたのがロビ2です。ロビ2は家族の顔や名前を覚えてくれたり、おさべりができるほか、さらに誕生日をお祝いしてくれたり……本当に家族みたいですね。

一家に一台のロビ2が、家族の毎日を変えてくれるかも!?

ロビ2とATOM、どちらも手に入れることができれば悩む必要はないのですが……でもさすがにロボットに35万円以上出すことはできないかな(;´∀`)」

どっちか選べと言われたら……Wi-Fiでネット接続したい方はATOM、ネットに接続したくない方はロビ2がいいかなと思います。

あとは、好きな顔や外見で選べばいいかな。でも、どっちもかわいいからやっぱり悩みますね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ