メルカリ・ラクマどっちが売れる?併用か使い分けか徹底比較

フリマアプリが人気ですね。メルカリやラクマのCMがテレビでよく見かけます。

利用してみたいと思っている方も多いのでは?

なかには、利用してみたいけど「 本当に売れるの? 」「 トラブルや変な人にからまれたら嫌だ 」「 売上金を受け取れなかったり、購入品が偽物だった 」など、嫌な目に遭いそうで手をだしかねているという方もいるでしょう。

また、どのフリマアプリを利用すればいいのかわからないという方もいるかもしれませんね。

 

ということで、今回は、フリマアプリの代表格・メルカリとラクマの比較やフリマアプリを利用するときの注意点などについてご紹介します。

スポンサーリンク

 

メルカリやラクマ、仕組みや使い方は?

フリマアプリで一番人気はメルカリ、そして、ここ最近人気を伸ばしているのが楽天が運営するラクマです。

ラクマの利用者数は公表されていませんが、メルカリは2016年3月時点で2500万DLを達成したそうです。

2500万……これはすごい数だ|д゚)

実は、私もフリマアプリを利用しています。購入ではなく出品する側で。

利用しているのは主にラクマです。

[clink url=”https://multiple-work.com/archives/3442.html”]

 

メルカリもラクマも利用方法はほぼ同じなので、仕組みや使い方をまずはご紹介します。

メルカリやラクマは、アプリをダウンロードして利用します。アプリは無料、ダウンロードしたらすぐに利用することができます。

【出品するとき】

  1. 商品の画像を撮り、出品。商品の状態(型番などの商品名、傷の有無など)や発送方法、価格などを添えて出品します。
  2.  

  3. コメントが来たら、対応。商品の状態や値引き交渉などのコメントが来ます。
  4.  

  5. 購入通知が来たら、入金されたことを確認し、発送。
  6.  

  7. 購入者が受取評価後、購入者を評価。
  8.  

  9. 売上金額を受け取る。

【購入するとき】

  1. 購入したい商品を見つけたら、購入ボタン。このとき、出品者によっては購入前のコメントを求めていることがあるので、商品や出品者の情報(プロフィール)を確認すること。また、値引き交渉をするときは購入前に交渉。
  2.  

  3. 入金。
  4.  

  5. 商品が届くのを待つ。
  6.  

  7. 商品を受け取ったら、中身を確認し受取評価をする。

使い方については「習うよりも慣れよ」、一度出品したり購入すれば、勝手はわかります。

ただ、出品者のなかには色々悪巧みをする人もいるので、初めて購入するときには、購入者の評価数が多く、評価の高い出品者を選ぶのがおすすめです。

メルカリとラクマの特徴、違い

使い方はほとんど同じメルカリとラクマ、それぞれの特徴や両者の違いは何?ということで、両者を比較してみました。

メルカリとラクマ比較

 

  1. 利用者数 メルカリ ラクマ  ラクマの利用者数は不明ですが、メルカリの方が圧倒的に利用者数は多いです。
  2.  

  3. 販売手数料 メルカリ10% ラクマ無料
  4.  

  5. 振込手数料 :ともに、1万円未満216円1万円以上無料
  6.  

  7. 振込日数 メルカリ週1回の支払い (月曜日締め、4営業日目に支払い、通常は木曜日) ラクマ最大翌々営業日
  8.  

  9. 配送サービス メルカリらくらくメルカリ便 で、 ラクマラクマ定額パック ※1
  10.  

  11. 匿名サービス メルカリあり ラクマなし
  12.  

  13. ポイント メルカリメルカリ内のみのポイント ラクマ楽天ポイント

 

※1配送サービスは、らくらくメルカリ便もラクマ定額パックもネコポス(195円)と宅急便コンパクト(380円+専用ボックス65円)です。らくらくメルカリ便では、これに加えて宅急便(60~160サイズ、サイズ別料金一律)も利用することができます。

また、クリックポストやレターパックなど、他の配送サービスを利用することもできます。

比較してみた結果、メルカリの特徴というかメリットは匿名サービスがあることかな。

自分の名前や住所を隠して出品したり購入したりしたいときにはうれしいですね。

一方、ラクマの特徴は販売手数料無料です。

振込手数料も1万円以上なら無料(これはメルカリも同じ)なので、出品者は手数料いらずで出品することができます。

>>> 楽天キャッシュを換金!高い手数料(10%)を回避する裏技

メルカリが圧倒的に人気?両者の併用や使い分けのポイントは?

現時点では、ラクマよりもメルカリの方が圧倒的に人気のようです。やっぱり、利用者数が多いのは強みですよね。

利用者が多いということは、売りたいものをすぐに売ることができるし、ほしいものをすぐに見つけることができるということです。

「今、売りたい」「今、ほしい」というときにはメルカリの方が使いやすいです。

ラクマはメルカリのようにすぐに購入されたり、ほしいものをいつでも見つけることができるというわけではありません(探しものにもよりますが)。

私はCDやDVDを出品しているのですが、半年放置した後ある日突然売れるということもざらです。

家にあるものをすぐにお金にかえたいというときには、ラクマは向かないかな。

フリマアプリといえば、値下げ交渉が盛んです。

値下げ交渉はラクマよりもメルカリの方がすさまじい、というかえげつないというか……(´・ω・`)まあ、これは購入者によるので、メルカリだからひどい、ラクマだから安心とは一概にはいえません。

メルカリとラクマは併用するのがおすすめです。

 

併用や使い分けのポイントは? 

 

  1. すぐに売りたい ものは メルカリで出品。 はやりものや季節もの(洋服など)はメルカリがおすすめです。
  2.  

  3. 値下げせず、高く売りたい ときには ラクマで出品。 ラクマで腰を据えて、好機を待ちます。
  4.  

  5. ほしいものが決まっていない (洋服がほしいけど、特定のものがほしいわけではない)ときには メルカリ で探すのがおすすめ。出品数が多く、価格競争も激しいので、「これだ」というものを安く手に入れることができます。
  6.  

  7. ほしいものが決まっている ときには両者を比較、 一緒にヤフオクも覗いて みてください。

フリマアプリを利用するときの注意点

フリマアプリではトラブルに遭うこともあります。

トラブルを回避して、安心安全に利用するための注意点をご紹介します。

 

  1. 出品するときは、商品の状態をありのまま書くこと。傷や故障、使用感(擦れなど)をきちんと書いてください。隠すのは×です。傷の部分をアップにして撮影した画像を添付しておくと、後のトラブルを回避することができます。

    私は傷や使用感については、実際よりも多少大げさに書くようにしています。

     

  2. 出品するときに独自のルールを作らないこと。 購入前のコメントや「○○様専用」などの出品は、トラブルの原因になります。
  3.  

  4. 値引き交渉はあるものと考えておくこと。 あらかじめ値引き分を価格に入れておくとよいです。値引き交渉をしたくない方は、プロフィール欄や商品の説明欄に「値引き交渉には応じない」旨を記載しておいてください。
  5.  

  6. 入金を確認してから発送すること。入金前に発送を求めてくる購入者は回避した方がよいです。ラクマでは、出品者はキャンセルをすることができます。
  7.  

  8. 発送する前、商品の状態や梱包の状態を写真に撮っておくこと。「商品が入っていない」「故障していた」などの言いがかりやクレームに備えてください。発送するときは、発送したことを証明する伝票や送り状を保管しておいてください。
  9.  

  10. 購入するときは、出品者の評価や商品の画像(加工している画像には要注意)、説明をきちんと確認すること。評価の悪い出品者には要注意!さらに、評価がない/少ないのに大量に出品している出品者も注意が必要です。他のフリマアプリから流れてきた(アカウント停止などによって)出品者の可能性があります。
  11.  

  12. 値引き交渉は節度をもって!非常識な値引き交渉はトラブルの元です。
  13.  

  14. 入金したのに発送してくれないときには、運営会社に連絡してください。
  15.  

  16. 届いた商品が故障していたときには出品者に連絡、悪質な故意だったときには運営会社に連絡してください。偽物だったときには、運営会社に連絡します。
  17.  

  18. Amazon無在庫転売に要注意!

フリマアプリの売上は確定申告が必要?

確定申告

フリマアプリでの売上は、基本的には「生活用動産の譲渡」にあたるので、非課税です。 商売ではないとみなされるのですね。

ただし、以下のときには生活用動産の譲渡でも確定申告が必要です。

 

  • 購入したときの価格が30万円をこえるもの
  • 貴金属、宝石、工芸品など

また、フリマアプリの売上が「生活用動産の譲渡」の範囲を超えているとき、つまり商売とみなされるときにも確定申告が必要です。

 

たとえば?

 

  • 売上が多い
  • 売買が多い
  • 購入したときよりも高く売っている

 

「仕入れをして出品している」ときには、生活用動産の譲渡ではなく、商売とみなされます。

 

生活用動産の譲渡ではなく、商売とみなされるときには、

  1. 給与所得があり、給与所得以外の所得が20万円超
  2. 給与所得がなく、38万円超の所得

このとき、確定申告が必要です。

フリマアプリの所得とは、売上ではなく、売上から仕入れ値や手数料、送料、通信費、梱包費などの経費を差し引いた金額です。

経費を申告するためには領収書が必要なので、領収書は保管しておいてくださいね。

まとめ

以上が、メルカリとラクマの比較やフリマアプリを利用するときの注意点などについてでした。

フリマアプリを利用するときの参考にしてください。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ