台所の虫の種類!小さい白いゴマ風な奴が茶色や黒色だと?

台所で料理や洗い物をしていて、ふとしたときに視界に入ってしまう台所の小さな虫。

なじみの虫から「なんじゃこりゃ!?初めて見たよ」という新入り君まで!!

特に、梅雨~夏にかけては台所の虫が種類・数ともに増えますよね。

特に見覚えのない虫が生ごみの中から出てくると、背筋がぞっとしてしまいます。

ということで、今回は台所に発生する虫について、調べてみました。

スポンサーリンク

 

すっかりおなじみ!台所の常連、コバエ

台所の虫といえばこいつ!

 

ショウジョウバエやノミバエなどのコバエです。

コバエは湿気と食べ物が大好き!

生ごみ・食品トレー・食べかけの食べ物・洗い桶などにたまったままの水などに寄ってきます。

ぶんぶん飛び回るコバエを叩いて駆除するのは大変!

台所ではあまり使用したくないですが、コバエ駆除にはやはりスプレー式の殺虫剤がよいです。

最近では、殺虫成分の入っていない殺虫剤もあるので、台所用に一つ買っておくのがおすすめです。

コバエを台所に入れないためには、網戸や扉をしめる生ごみをこまめに捨てる・水回りを清潔に保つことが大切!

また、テーブルにおかずやお菓子を出しっぱなしにしないでくださいね。

白い虫はチャタテムシ?

 

チャタテムシは台所をはじめ、家じゅうどこにでも棲みつきます。

体長は1~2mmのごくごく小さい虫、刺したり噛んだりはしませんが、アレルギー性鼻炎や喘息の原因になります。

チャタテムシは薄暗く湿った場所が大好き!

発生時期は梅雨~秋ですが、冬の結露も要注意です。

台所では、小麦粉やお米、鰹節、乾麺の袋や容器の中に棲みつくことが多いです。これらは密閉容器に入れて、できれば冷蔵庫で保管するようにしましょう。

チャタテムシを見つけたらアルコールスプレーを吹きかけて退治してください。

[clink url=”https://multiple-work.com/archives/1733.html”]

もしかしてその白い虫はコナダニかも?

 

台所に棲みつくゴマ粒ほどの白い虫はコナダニかもしれません。

コナダニはダニの仲間、梅雨~秋にかけて発生し、食品の中に棲みつきます。

コナダニは、人間の食べるものであれば何でも大好物!なので、コナダニの発生を防ぐためには、食べ物をきちんと保管するしかありません。

食べ物は密閉容器に入れ、冷蔵庫や冷凍庫で保管。開封後の食べ物はなるべく早く食べてください。

コナダニは刺したり噛んだりしないダニなので、人間に直接の害はありません。ただ、空気と一緒にコナダニの死骸を吸いこむことでアレルギー性鼻炎や喘息を引き起こすことがあります。

茶色や黒い虫はシバンムシの仲間

 

台所に棲みつく茶色や黒い小さな虫はジンサンシバンムシやタバコシバンムシ などシバンムシの仲間の可能性が高いです。

シバンムシは体長2mm、ゴマ粒程度の大きさですね。

加工食品や乾燥食品に寄生し、それらをエサに繁殖します。

木や紙も食べるので、きちんと口を閉めていても紙袋に保管した食べ物は危険!

お米や小麦粉などは、タッパや米櫃にうつして保管するのがおすすめです。

また、シバンムシは湿気も苦手ではありません。

シバンムシの発生を防ぐためには 水回りを清潔 に保っておくことも大切です。

シバンムシを見つけたときには、アルコールスプレーを吹きかけて退治してください。

参考:シバンムシの仲間の写真

まとめ

以上が、台所に発生する虫の種類についてでした。

台所には色々な虫が棲みつきますが、どの虫の対処法も同じです。

食べ物を出しっぱなしにせず密閉容器で保管すること・水回りを清潔に保つこと・生ごみをこまめに処分することで、台所に虫が発生・繁殖することを防ぐことができます。台所の虫に悩んでいる方、こまめに掃除をし、食べ物の保管方法を見直してみてください。

虫の発生しやすい梅雨~秋にかけては、食べ物をストックしない・おかずを作りすぎないようにするのがおすすめです。

また、台所では殺虫剤はあまり使いたくありませんよね。台所用のアルコールスプレーを常備しておきましょう。

アルコールの代わりにクエン酸スプレー(クエン酸を水に溶かしたもの)でもよいですよ。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ