木のまな板の手入れはオリーブオイル!カビの繁殖を抑えるよ

私の家庭ではずっと木のまな板を使っています。

今のまな板はたしかヒバだったのかな、カビが生えにくいとか臭いがつきにくいとか、お店の方に聞いた気がします。

とはいえ、いくらカビが生えにくいヒバのまな板といえども、木は木なので、きちんとお手入れをしなければカビが生えます。

 

カビの繁殖を抑えるためのお手入れでおすすめなのがオリーブオイルを塗ること!

今回はオリーブオイルを使った木のまな板のお手入れ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

 

オリーブオイルの効果

オリーブオイルには撥水効果があります。

まな板の表面に塗ることで、水をはじき、まな板に水や食材の水分・臭いが染み込むのを防ぎます。

さらに、木の腐食を防ぐ効果もあり!

 

木のまな板を清潔な状態で保つ、長持ちさせるためには、オリーブオイルでのお手入れは欠かせません。

ちなみに、オリーブオイルの代わりに、ケシ油アマニ油を使ってもよいですよ。

これらは乾性油(乾きやすい油)なので、まな板に塗ったときべたつきが気になりません。撥水・防水効果も高いです。

購入後、すぐにオリーブオイルでコーティング

では、オリーブオイルを使った木のまな板のお手入れ方法をご紹介します。

オリーブオイルは食用のものを用意してください。

 

木工用 ・ 美容用は × !!

口に入る可能性があるからです。アマニ油などを使うときも食用油を使いましょう。

新品のまな板を買って来たら、表面保護のためにオリーブオイルを塗ります。

まな板にオリーブオイルを数滴垂らし、布巾でまな板の表面に薄く伸ばしてください。

使い始める前にまな板の表面をオリーブオイルでコーティングすることで、カビの繁殖を防ぐことができます。

木のまな板、毎日のお手入れ

秋刀魚

木のまな板を長持ちさせるためのコツは、「乾燥させること」です。

まな板を使ったら、早く乾かすことを意識しましょう。

まな板を使うときには、まず、まな板の表面を水で濡らし、乾いた布巾で水分を拭き取ります。

こうすることで、まな板の表面に水の膜ができるので、食材の水分や臭い、色素がまな板に染み込みにくくなります。

食材を切り終わったら、まな板を水と洗剤でよく洗ってください。

タワシでこすると、まな板にできた傷の内側までしっかり洗うことができます。このときお湯は使わないこと!

魚や肉のタンパク質がまな板の表面や内部で固まってしまいます。臭いやカビの原因になりますよ。

肉(特に鶏肉)を切った後のまな板は熱湯消毒をしましょう。洗剤で洗ったまな板に熱湯をかけます。

カンピロバクターなどの菌やウイルス、カビを除菌することができます。

きれいに洗ったまな板はよく乾かしてください。

風通しのよい場所で日陰干しをするのがベストですが、毎日は難しいですよね。

キッチンの水分が少ない場所に、まな板を縦向きに置き、乾かします。

ここまではまな板を使う度に必要なお手入れ。

上記に加えて、定期的にオリーブオイルをまな板に塗ります。まな板の表面にオリーブオイルを数滴垂らし、布巾やハケで伸ばしてください。

 

オリーブオイルを塗る頻度は、1週間~1ヶ月に1回程度です。

木のまな板の黒ずみが気になったら

毎日お手入れしていても、まな板の黒ずみやカビが気になることがあります。

まな板の黒ずみやカビが気になったときのお手入れ方法はこちら。

 

  • 紙やすり で表面を削る
  • ハイター で洗う(つけ洗い)
  • 重曹 で洗う(重曹水をスプレーする、重曹をまな板にふりかけ洗う)
  • クエン酸やお酢 で洗う(クエン酸水をスプレーする、スプレー後にサランラップでパック)

私の家庭ではキッチン用のハイターで洗っています。

ハイターで洗うと、オリーブオイルのコーティングが落ちてしまうので、後でオリーブオイルを塗っておきます。

まとめ

以上が、オリーブオイルを使った木のまな板のお手入れ方法についてでした。

オリーブオイルって、大容量のボトルで購入したものの結局使いきれないということが多いですよね。

まな板のお手入れには料理で使いきれずに余ったオリーブオイルを使うとよいですよ。

オリーブオイルを使ったまな板のお手入れ、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ