マイホームを購入する適齢期は?年齢別の貯金額チェック

夢のマイホームのためにはお金が必要です。

多くの方はローンを借り入れてマイホームを購入することになると思いますが、ローンを借りるにしても、購入前に頭金は用意しておかなければいけません。

頭金をいくら貯めることができるかで、その後のローン生活が地獄となるかどうかが決まります。

頭金ともう一つ、マイホームを購入するときに気を付けたいのが年齢の壁!

年をとりすぎると長期ローンは組めません。ローン完済時が80歳なんてローンは組めないからです。

貯金はしなきゃいけないけれど、何十年も貯金をしていては買いどきを逃してしまう、マイホームの購入どきを見極めるのは難しいですね。

ということで、今回はマイホームを購入する適齢期や年齢別の貯金額について調べてみました。

スポンサーリンク

 

マイホームを購入する適齢期は?

国交省の「平成26年度住宅市場動向調査報告書」によるマイホームを購入したときの年齢の平均がこちら。

 

年齢は世帯主の年齢です。

  • 一戸建て注文住宅38.5歳
  • 分譲戸建住宅37.4歳
  • 分譲マンション40.6歳
  • 中古戸建住宅41.5歳
  • 中古マンション41.5歳

初めてマイホームを購入するのは30代後半~40代前半が多いですね。40歳で35年ローンを組むと完済時が75歳、ぎりぎりのラインかなと思います。

40代が中古住宅を購入するのは、長期ローンを組めなかったからともう一つ、二回目三回目のマイホーム購入ということもあります。

マイホームを購入するときの貯金額は?

ライフプランニング

今度は日銀の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成26年)」を見てみましょう。

これによると、2人以上の世帯の平均貯蓄額は、

  • 20代346万円
  • 30代656万円

たとえば、3400万円のマイホームを購入する場合、物件価格の2割が目安なので、3400万円×0.2=680万円は用意しておきたいもの。

大体、30代の平均貯蓄額と同じ金額ですね。

このことから、30代後半でマイホームを購入する方が多いのではと思います。

とはいえ、貯金全部を頭金につぎこむわけにはいきません。

 

マイホーム購入費の考え方!

 

マイホームを購入したいときには、教育資金や老後の資金などの貯金とは別に、マイホーム購入費として物件価格の2割を貯めること!

 

マイホーム用の口座を作るのがおすすめです。

マイホームを購入するとき、頭金は絶対必要?

最近では、頭金0円で夢のマイホーム!なんて宣伝文句をよく見かけるようになりました。

たしかに、頭金を払わなくても、マイホームを購入することはできますし、ローンを組むこともできます。

しかし、頭金0円だと、マイホーム購入費の全てをローンで借り入れることになるため返済が大変( ;∀;)利息も高くなります。

夢のマイホームから一転、ローン地獄に落ちちゃうこともなきにしもあらず。

 

頭金とは、「住宅ローンの借り入れ額を減らす」ためのお金、その頭金なしでローンを組むときには、慎重にローンの返済計画を立てることが大切です。

返済計画だけでなく、今は手元にないお金、将来の稼ぎをあてにするのですから、夫婦で共働きをするなど、何十年にもわたって安定した収入を得るための計画や工夫も大切です。

頭金のメリット

最後に頭金のメリットをご紹介しておきます。

マイホームの頭金

マイホーム貯金のモチベーションにしてください。

  • 毎月の返済額が減る。
  • 3400万円の物件を35年ローン(フラット35、金利1.75%)で購入した場合の月々の返済額は?

    頭金0円 108,316円
    頭金500万円 92,387円
    頭金1000万円 76,458円
  • 利息を払わなくてよい。
  • 返済期間を短くすることができる。
  • 特に、高齢でローンを借りる方は返済期間を短くすることが大切!というか、長期ローンは組めません。

頭金が2割用意できるのが、BESTと言われていますが、後で繰り上げ返済に回すほうが得なこともあります。

がしかし、貯金をせずに繰り上げ返済は得策とも言えません。

難しいところですね^^;

>>> お金持ちの家の考え方!持家か賃貸か?ある特徴を発見!

まとめ

以上が、マイホームを購入する適齢期や年齢別の貯金額についてでした。

マイホームを購入するタイミングは頭金を用意できたとき!そして、頭金は30代後半中には用意できるように、計画的に貯金してください。

親や祖父母から援助してもらえる方は、援助分も計算に入れてくださいね。

十分な援助を受けられるのであれば、賃貸で家賃を払うのももったいないので、早めにマイホームを買ってしまうのがおすすめです。

ただし、将来の資産価値を考えるのであれば、場所が重要になります。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ