歩くと冬だけ足がかゆい!湿疹が原因か?市販薬を薦めるなら

毎年、冬になると足がかゆくなる方が多く居ます。

この症状は、虫でも這ってるんじゃないかと思うぐらいかゆいのです。湿疹が原因なんでしょうか?

家でじっとしていると、かゆみは出ませんが、外に出て歩くとかゆい!

つまり、足がかゆいと言っても、しもやけの症状とは違います。

寒い季節になると発症する『寒冷蕁麻疹』かもしれませんね。

それでは、寒冷蕁麻疹の原因はいったい何なのか?市販薬で対処することが出来るのか調査してみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

 

 

寒冷蕁麻疹って何?

蕁麻疹は聞いたことがある方や、あなたがアレルギーを持っていたら経験したことがあるかもしれませんね。

食べ物によって、アレルギー反応が体に起きて赤くなり、痒くなる症状です。

えっ!?アレルギーの反応しそうな食事をした心当たりがないぞ!

  • ズバリ!寒冷蕁麻疹とは!

寒冷蕁麻疹は、体温よりも冷たい風などに触れると発症します。また、お風呂上りで温まった身体に、室内の冷気によっても起こります。

つまり、冬の寒さの温度差で、皮膚の体温が急激に変化すると起こります。

症状は、皮膚が赤くなり、「湿疹」「鳥肌」「腫れ」「痒み」などがあります。

主に足、手、太腿、背中、腹部に出ます。

放って置いても自然に治る場合もありますが、悪化する場合もあるので、酷くなりそうでしたら、病院に行って診て貰いましょう。


 

寒冷蕁麻疹が起こりやすい原因はコレ!

  • 冷たい飲み物を飲む
  • 冷たいフローリングを裸足で歩く
  • 寒がり
  • 冷気に触れる
  • アレルギー

などです。

主に「冷気」や「冷たい飲み物、食べ物」です。

ここを避けて生活する対策が一番良いです。

また、体温が温まってるときに、急に寒い場所に行く事も避けましょう。

運動しても、そのままで居ないで、身体を冷やさないようにタオル等で拭うと効果があります。

外出先でも、温かい格好にする方が良いです。

ファッションだけで決めると、痒みが酷くなりますよ。

また、乾燥も皮膚を刺激するので、保湿効果のある服装が良いでしょう。

歩くとかゆくなる原因として、スカートの裾やズボンの摩擦が有ります。

出来る限りこれも止めて置きましょう。

特に痒みが良く出てる場合は、掻くと皮膚の細胞が壊れてしまいますので、痒み止めの薬や抗ヒスタミン剤が良く効きます。


 

寒冷蕁麻疹にお奨め市販薬はコレ!

メンソレータムADクリーム

痒みが有る場合はこれがよく効きます。また、保湿成分も入っていますので、肌もかさつきが無くなります。

非ステロイドなので、肌の弱い方向けです。

<楽天広告>

スラジンA

蕁麻疹、皮膚病によく効く内服薬です。

成分は漢方薬と抗ヒスタミンです。抗アレルギーにも効果は有ります。

<楽天広告>

液体ムヒS

赤く腫れた時の定番の薬です。

「かゆみ」「腫れ」「赤み」によく効きます。塗布栓タイプなので、使い易いですね。

<楽天広告>

ラナケインS

かきむしってしまった場合は、これが良く効きます。

しみないので、局部に使っても大丈夫です。麻酔剤も配合されてますので、かゆみ、痛みはすぐに治まります。

<楽天広告>


 

まとめ

『寒冷蕁麻疹』の原因はストレスや不規則な生活があります。

薬だけに頼らずに、私生活の見直しも必要です。食生活や、睡眠も規則正しい生活に変えてください。

また、刺激物などの食べ物も、あまり良くありません。しっかり生活習慣を見つめなおして改善して行ってくださいね!

冬のかゆみと言えば、もう1つきになるのがしもやけです。しもやけが出来たら、小指に針を刺して血抜きをすると良いと聞いたことがありますが本当でしょうか?

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ