足の甲のむくみがひどい!原因をまとめて知った意外な共通点

女性で、足の甲のむくみがひどいと言う方が多いですね。見るからに、もこっと膨れ上がってます。

靴も履き難くなり、困りますね。また、最近は男性でも増えてるようです。

いったい足の甲のむくみがひどい原因は何なのでしょう。もしかして、病気の可能性もあるのでしょうか。

その辺りを今回は調査してみましたので早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

 

足の甲のむくみの原因はコレ!

むくみの成分は「余分な水分と塩分」です。

長時間同じ姿勢や立ち仕事をすることで、身体の下に溜まってなります。そうなる理由として、血流の流れが悪くなっていることが有ります。

足へと流れてきた血は、足の筋肉によって心臓へ送るポンプになりますが、それが、同じ体制で居ると、ポンプの機能が低下して、上手く運べません。

そして、足の甲に老廃物が溜まるのです。

また、リンパの流れ悪くなると、リンパの「浄化作用」が上手く働きません。それで、足の甲に老廃物が溜まる事になるのです。

そこから、「むくみ」「コリ」「体調不良」「免疫力低下」にもなりますので、気をつけてくださいね。


 

男性も女性も原因の共通点はコレ!

足のむくみと言えば女性しかならないと思っている方は多いでしょう。しかし、最近では男性もなります。むくみは女性だけの特有ではありません。

足のむくみ【男女の共通点】

  • 長時間の立ち仕事
  • 運動不足
  • デスクワーク
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • エアコンの冷え
  • 偏った食事
  • 水分の取り過ぎ

男性で思い当たる節がある方は多いでしょう。自分の足がむくんでる事に気が付かない方が多いので、スルーしてたと思います。

実際自分の足を見てください!どうですか?もこっと膨らんでいないですか?

  • 膨らんでいるけど、これはむくみじゃない!

おっと!それは病気の可能性も有ります。

むくみと同じ症状で、病気の場合があります。


 

足の甲がむくんでいるか病気か?の確認方法

むくんでいる所を10秒ほど強く押してください。

へこんだ所がすぐに戻れば一時的なむくみです。なかなか戻らない場合は病気の可能性が高いです。

 

可能性が高い病気

強くむくんでいるところを押して、なかなか戻りが遅い場合は以下の病気も可能性が考えられます。

  • 腎臓・肝臓の病気
  • 腎臓は体の水分や塩分を調整する働きがあります。その働きが不調を起こすとむくみや尿の泡立ちの原因となります。

    最近急激に体重の増加や、尿に泡立ちがある場合は病院へ行くことをオススメします。

  • 血管障害(動脈硬化など)
  • 心臓病が悪化して動脈硬化や足だけでなく、肺もむくむことがあります。

  • 下肢静脈瘤
  • 足の腫れて色が変わったり痛みを起こす病気です。一晩寝てもむくみが取れない場合は可能性が高いです。


 

片方だけがむくむ場合

  • 怪我による炎症
  • アレルギー
  • 脳梗塞で麻痺した足

どれも放って置いてはいけない病気ばかりですね。テストで病気の可能性が高いようでしたら、早めに病院に行ってください。


 

むくみの対策8つの方法!

仕事上むくみやすい方も居ます。そういう方は、次の対策で解消してください。

  1. 血行をよくするマッサージ
  2. 筋トレ
  3. 1日2Lの水を飲む
  4. 辛いものは控える
  5. カリウムを摂取する(余分な塩分を排出するため)
  6. 寝る時に足を心臓より高く上げる
  7. ツボ押し

どれも生活の中で出来ますよね。少し意識して気をつければ誰でも出来る事です。

むくみの酷い方は、専門の方にマッサージやツボ押しをやってもらってくださいね。

5分ヨガだと楽しく続けられそうです。


 

まとめ

足の甲のむくみは主に「血行の悪さ」からなります。男性でも女性でも、そうなりやすい環境に置かれている方は多いです。

出来る限りならない様に対策をしたり、改善をして行きましょう。そして、健康な足を維持してくださいね!

重力によって血液は上から下へと向かいます。そして、血管から外の細胞間に染み出た組織液も同様に向かいます。だから夕方になると足がむくんできます。

うつ伏せで寝てると、顔に水分がたまりやすいので注意してくださいね。また、睡眠中に尿が何度も排出される原因となりますので、夜までに足のむくみを解消するのがポイントになります。

昼間の内にふくらはぎを積極的に動かすことも有効な解消法ですので、やってみてくださいね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ