ヒールでつま先が痛い!爪の変色を防ぐ対策グッツ3選

脚を綺麗に魅せるための「ピンヒール」や「パンプス」ですが、履いていると、すぐに足が痛くなってしまいませんか?

この様なヒールのある靴は、デザイン重視されてるため、履き心地は後回しになっています。

そのため、歩いていると足が痛くなるのは仕方がありません。。。

しかも、爪まで変色する事もあります。

しかし!そこまで世の中も捨てたもんじゃありませんよ!ちゃんと足に合うようなヒールもあります。また、グッズも有ります。

今回は、つま先の爪の色が変色しないように『靴選びのコツ』や『解消するグッツ』を調べて来ましたので、参考に見てください。

 

「つま先を守る」靴選びのコツはコレ!

 

自分のつま先のタイプを見る

足のつま先のタイプは大きく分けて次の3つがあります。

その形によって、靴を選んでください。店員さんに相談すれば、ぴったりの靴が見つかりますよ!

  1. ギリシャ型・・・人差し指が長い

  2. 足すべりによって人差し指が当たり、痛くなりやすくなります。

    人差し指が当たらない靴を選んでください。

  3. エジプト型・・・親指が長い

  4. つま先が広かったり、靴幅が広かったりすると、靴滑りが起こりやすくなります。

    つま先に余裕が有り過ぎない靴を選んでください。

  5. スクエア型・・・指の長さはみんな同じで、足の甲が平ら

  6. 親指と小指の横が擦れ易くなったり、足の甲が圧迫されやすくなります。

    靴幅が広いもの、足の甲を圧迫しない靴を選んでください。


 

かかとを合わす

試着した時に、まずかかとを合わせ、くるぶしが当たらないかチェックしてください。

また、履き口に隙間が無いかも見てください。逆に圧迫されてないかもチェックしましょう。

靴の中でも軽く指を動かして、余裕が有るかも見てくださいね。

スポンサーリンク

 

 

ヒールカーブを見る

かかとのカーブの部分の事です。

このヒールカーブが足に合っていると、靴擦れが起きません。

まず、自分のかかとの形を確認してから、合うものを探してみてください。

足のカーブが靴のカーブより深いと、アキレス腱に当たって痛くなります。たまに足のヒールカーブが絶壁の方がいます。

これは、ほとんどの靴が合わないので、痛みが出やすくなります。

店員さんに相談して対処法を教えてもらってくださいね。


 

つま先の痛みを解消するグッズ3選はコレ!

  • コットン

メイク用のコットンを、土踏まずに貼るだけです。

つま先にかかる体重が分散されて、足の指だけに負荷がかからない様になります。

ただし、動かない様にしっかりと止めてくださいね。これが動くと、足も動きますから。


  • インソール

足にぴったりの靴を見つけるのは時間がかかります。

ある程度合う靴が見つかれば、細かい調整はインソールでやってください。

滑り止めにもなり、隙間を上手くフィットさせてくれるので、指の痛みは無くなります。


  • 足底クッション

ゴム製で出来ていますので、歩いた時に足の甲にかかっている負荷を吸収してくれます。

ヒールの裏に貼るだけですので、感単に作業は終わります。

100均でも売ってますので、手軽に痛みが無くなるグッズとして魅力は高いですね。


 

まとめ

痛みを無くす一番良いのは、やはり足に合った靴選びです。

靴のデザインが良いだけで購入すると、痛すぎて結局履かない様になってしまいます。

まず、足のタイプを確認して、それに合う靴を探し、その中から気に入った靴を買ってください。

その方が外出もしやすくなり、楽しい時間を過ごせますよ~

足の裏に「タコ」が出来て悩んでいる方も多いですよね。タコも靴や歩き方を改善しないといけません。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ