足首-くるぶしが痛いのは外側・内側??

足首が急に痛い!何コレ!?歩きづらくて困ってんるんだけど・・・

足首は体重が物凄くかかる場所です。

ちょっとした負担が大きな痛みに変わりやすいですね。

特にくるぶし辺りが痛い場合は、外側と内側で原因が変わってきます。

あなたのくるぶしが痛い場所は外側ですか?それとも内側ですか?対処法を調べてみましたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

 

 

くるぶしが痛い原因は?

大方「捻挫」の可能性が高い!

歩いてる時などに、もろに足首をひねって、痛めた場合は捻挫です。

外側にひねると、内くるぶしの靭帯を痛めて、内側のくるぶしが痛くなります。

逆に内側をひねると、外側が痛くなります。

また、ひねってもいないのに、急に痛くなる場合は、過去に捻挫した事がある方です。

捻挫は完治しにくいので、一度やってしまうと、時間が経ってからまた痛くなります。

他にも「高尿酸血症」もあります。

結晶化した尿酸が関節等に溜まって、痛みが出たりします。


 

外側だけの痛みはコレ!

足首の外には3本の大きな靭帯が有ります。

この靭帯を損傷して痛みが出る可能性が高いです。

  • 原因は主に「捻挫」です。

治療法は「冷やす」です。

さらにまとめると、次の「RICE」をやってください。

  • REST(安静)

  • 衝撃を与えないようにする

  • ICE(冷やす)

  • 痛いところを氷などで冷やす。

    15~20分冷やして、2時間ほど休憩させてください。


  • COMPRESSION(圧迫)

  • テーピング等で腫れを防いでください。

    軽くしっかり止めて、患部を圧迫してくださいね。

  • EVEVATION(拳上)

  • 内出血、腫れの可能性がありますので、患部を心臓より高い位置にしてください。

    そのまま数日が経って痛みや腫れが治まったら、今度は温めてください。

    血行が良くなって、痛み等が早く引きますよ。

 

内側だけの痛みはコレ!

主に「腱鞘炎」が原因です。

手の腱鞘炎は使いすぎの原因がありますが、足の場合は「靴」が多いです。

足に合っていない靴や、ヒールの高い靴などを履き続ける事で起こります。

特に小さめの靴を履くと、圧迫等で負荷がかかり、摩擦部分に痛みが出るのです。

また、外反母趾の足も内側に負荷がかかります。

それによって、内くるぶし辺りで痛みが出るのです。

応急処置として、テーピング等で足裏のバランスを取ってください。

酷い場合は、病院で治療してもらいましょう。


 

他にもこんな原因が・・・

 

骨折

大きな衝撃で「折れた!」と解る場合と解らない場合があります。

俗に言う「疲労骨折」がそうです。

同じところに何度も負荷がかかると起こります。

徐々に痛くなって来てるなら、注意してください。


 

扁平足

土踏まずが無いため、まともに衝撃を足の裏で受けてしまいます。

それによって、足首辺りが痛くなります。


 

ハイアーチ

扁平足の逆の症状です。

土踏まずの所が極端に上がっている状態です。

歩くとかかとや指先に負荷が集中してしまい、足首まで痛くなります。

また、放っておくと腰痛まで出ますので、注意してください。


 

アキレス腱

強く踏ん張ったりすると、大きな負荷がアキレス腱にかかります。

そのため、アキレス腱辺りの足首まで痛くなります。

こういう時は炎症を起こしているので、病院に行って診て貰ってください。


  • アキレス腱の痛み!原因はナニ?朝の一歩目が特に辛いT_T

 

まとめ

全体的に症状が酷い場合は病院に行ってください。

自分で治療できる範囲は狭いです。

放って置いても酷くなるケースが多いので、病院で観てもらう方が良いでしょう。

原因はどれも運動中に起こりやすいものばかりです。

しっかりストレッチ等をやって、足首への負荷を減らしてくださいね!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ