くるぶしが腫れる痛みは炎症が原因?多いからまとめました。

くるぶしが腫れて、痛みが有る・・・。何の炎症だろう?この原因は?

腫れや痛みが有ると、不安ですよね。このままどんどん腫れが大きくならないか?痛みが増さないか?色んな心配をして眠れなくなります。。。

今回は、くるぶしが腫れる原因をまとめてみましたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

 

 

くるぶしの腫れ!3つの原因

私もくるぶしがぼこっと急に腫れた事がありました。

触ると痛いし、歩いていても痛い!病院に行くまで一日中気になって、何も集中出来なかった記憶があります。

この「腫れ」や「痛み」の原因はいったい何なんだろう。

 

昔の怪我が痛み出している

今の怪我では無く、昔捻挫や骨折で怪我した所の中に、まだ傷が残っていて、そこから痛みが出る場合です。

「冬になると古傷が痛む・・・」なんて台詞が有りますが、まさにその事です。

気温が寒くなったり、気圧の変化や運動しただけでも古傷はうずきます。

もう一度病院に行って、精密な検査をしてもらって、完治を目指しましょう。

足首は普通に生活していても負荷がかかる場所なので、きちんと治さないと、いつになっても治りません。

悪化の可能性も有りますので、放置しないようにしてくださいね。


 

今、怪我している

捻挫、疲労骨折、足根管症候群など色々な怪我が考えられます。

主な原因は運動のし過ぎや靴が合っていない等です。

足首に負荷がかかった状態で激しい運動をしたり、準備運動をしないと、身体が追いついていない状態になって、捻挫したり骨折したりもします。

身体は急な対応が出来ませんので、思わない転び方をして大怪我になることも有ります。

また、靴が合っていないと、圧迫されて血行が悪くなり、足の神経にまで負荷がかかって、痛みや腫れが出て、悪化すると腰や首等まで悪くなってしまいます。

ほとんどの場合放置すると悪化するので、病院に早めに行って、詳しく診て貰って治療をしてもらいましょう。自己判断で勝手に治療はしては駄目ですよ~

 

運動不足

運動をしないと、筋力はどんどん低下して、足首にかかる負荷が大きくなって痛みが出ます。

また、急に激しい運動をすると、筋力が追いついていない原因で、炎症などになり痛みや腫れが出ます。

この腫れを触ってみて、熱があるようでしたら、すぐに冷やしてください。

運動をする前に、ストレッチや準備運動で防ぐ事も出来ます。

また、日ごろから多少運動や筋トレをするとかして、筋力を鍛えて置いてください。

そうしている方が、「スポーツをするぞ!」という時に、身体が追いついているので、無理な負荷がかかりません。しっかりやっておいてくださいね。


 

その他の原因

くるぶしが腫れる原因はその他に色いろあります。

足をくじいてなる「捻挫」や、骨が折れる「骨折」もくるぶしが腫れます。

もちろん捻挫や骨折が原因だったら、ひどい痛みになります。

尿酸が体の中に溜まって、結晶になることで起こる痛風だと、風に当たるだけで痛みを感じます。たとえとして「魔女の一撃」と言われるほどの痛みです。

 

まとめ

くるぶし辺りが痛い原因は「炎症」「怪我」がほとんどです。

足首に負荷がかからない様に、運動不足、靴が合っていないなど、自分で改善できる事ばかりなので、しっかりやって予防しましょう。

特に古傷は治ったと勘違いしやすいので、しっかり治す事が大事です。

少し痛みや腫れが無くなったと思って、そのまま放置せずに、ちゃんと完治しておきましょう。

毎日マッサージをしながら、自分の足を見ていれば直ぐに分かるので、気をつけていってくださいね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ