むずむず脚症候群の原因?子供の症状を今すぐチェック!!

むずむず脚症候群と言う病気を知っていますか?

少しふざけた呼び名ですが、正式な医学用語の病名です。しかも原因や対処法が未だによく解明されていない難病と言われています。

症状はアリが足の中をはっているようなむずむずした痒みや電気が走るようなピリピリ感といったイライラしてストレスが溜まってしまい悩む方も多い病気です。

むずむず脚症候群が疑われる場合は、ドーパミング機能が低下していて睡眠と深く関係していると言われますので、精神科や神経内科へ行くことをおすすめします。

今回は原因や対処法がよくわからないむずむず脚症候群にスポットを当ててご紹介します。子供が発症した場合は注意が必要ですので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

 

 

むずむず脚症候群とは?

このむずむず脚症候群という病名を初めて聞いた方も多いことでしょう。

この病気、実は歴史は古く17世紀にはもう、あったようですね。

ところが歴史は古いのに、まだ原因や対処法など解明がされていない難病でもあるのです。

また、人口の5%〜8%はこの病気に悩まされています。


 

むずむず脚症候群症状

足の中がむずむずと虫が這っている様な感覚があり、かゆみ、痛みなどで、ずっと足を動かしていないと落ち着かない状態になるのです。

  • むずむず
  • じんじん
  • ピリピリ
  • ピクピク

「足の中に手を入れて掻きたい」と言うぐらい、むずむずする方もいます。例えるとアリが足の中をはっているような、かなりつらい症状です。

また、特に体温が下る夕方ぐらいに、横に寝たりすると発症しやすくなるのも特徴です。

かなりイライラしそうな病気なのですが、放っておくと、睡眠不足、精神的ストレスからうつ病になったり、自殺行為まで行く方も少なくありません。

「むずむず脚症候群」って可愛い病名と違って、恐ろしい病気ですよね。


 

むずむず脚症候群原因

むずむず脚症候群の原因、これも全く解明されていません。

今、解っている原因は次の4つだけと言われています。

  1. ドーパミンの低下
  2. 鉄分不足
  3. 脊髄や末梢神経の異常
  4. 遺伝

でも、100%ではないので、「コレだ!」と言う原因はありません。むずむず脚症候群は、全く厄介な病気ですよね。

むずむず脚症候群と言うので、足に異常があるのかと思いますが、足ではなく脳に異常が発生して足の神経に症状として現れています。

有力な説として、ドーパミング機能に必要な鉄分が不足すると、スムーズに働きをしなくなるため、発祥すると言われています。

特に女性は男性より1.5倍〜2倍、発症率が高いと言われています。

「じゃ、鉄分をしっかり摂っていればならないのか?」

解明がはっきりと出来ていない理由に、これが当てはまらないケースもあるのです。

 

子供のむずむず脚症候群の場合はちょっと違う

子供の場合は、鉄分を十分に摂っていても発症します。

原因は解りませんが、鉄分が脳に上手く運ばれていない状態になっているのではと言われています。

また、小さい子供では、上手く症状を訴える事が出来ずに、違う病気と診断されやすくもなるのです。

確かに、知り合いの子供が「お腹が痛い」と言ったので、腹痛の薬を飲まそうとしたら、「お腹が空いた」と言う事だった・・・。危うく正常な身体なのに、薬を飲ます所だったですよ。。。

こんな感じで、子供は症状は確認が取りにくく、放置されがちになりやすいのです。

そのまま「大人になるまで解らなかった」と、症状が悪化する方も少なくありません。

しっかりと親がチェックしてあげて、早期発見を目指してくださいね。


 

むずむず脚症候群の対処法

むずむず脚症候群の対処の仕方ですが、これも、はっきりした治療法はありません。

現在の対処として有力なのは、、、。

  • カフェインの摂取を控える
  • アルコールの摂取を控える
  • 軽い運動をする
  • 鉄分をしっかり摂取する

これくらいの対処法しかありません。

どれも生活習慣の改善で出来ますので、やってみて下さい。

 

まとめ

原因や治療法などが解明されていないため、むずむず脚症候群がなかなか厄介な病気だということはご理解いただけたと思います。

子供の場合は特にチェックの仕方が曖昧になるため、診断が難しくなります。親がしっかり見ていても、見逃す可能性は高いです。

医療技術が早く進んで、解明して欲しいと願いうしかありませんが、こういったやっかいな病気があるのだということを知っているのと知らないのでhな早期対策に差が出ます。

頭の片隅に残して置きましょう。


アリが足の中ではうほどではないですが、足のかゆみやぶつぶつとした湿疹などが出ると嫌ですよね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ