子供の浮き指を改善!8割が足の指が地面につかない原因!?

最近、子供の浮き指が問題になっていますね。

なんとある小学校では約8話の子供の足の指が地面に着かない浮き指という症状が見られたとニュースになっていました。

そのために、体が安定しないために真っ直ぐ立てなかったり、歩き方もおかしくなっているようです。

問題なのは、浮き指を改善しないと肉体的にも精神的にもちょっとまずい症状が出る可能性があるのだとか。。。

今回は、子供の浮き指の原因や症状、そして浮き指を改善する方法をお伝えします。

スポンサーリンク

 

 

浮き指とは?

足の指をグイッと手前に曲げたときに、90度以上反ると浮き指です。

普通は15度ぐらいなので、そんなに反り返る事は無いのですが・・・

しかし、子供の8割が浮き指だということが、問題になっています。

あなたの子供は大丈夫ですか?

30年以上前は足の指で浮き指が1本もない子供がほとんどでした。

  • 1980年・・・93%
  • 2000年・・・48%
  • 2004年・・・8%

これは、足の指が柔らかいとか言う問題では有りません。

足の裏が3点立ち(指、指の付け根、かかと)では無く、2点立ち(指の付け根、かかと)になってしまっているのです。

つまり、地面にほとんど足が着いて居らず、踏ん張る力が無くなっているのです。

特に足の指がしっかり使えていない状態です。


 

子供の浮き指が起こす症状

最近の子供は、真っ直ぐじっと立ってられないと言います。

これは、浮き指が原因でバランスが悪くなっているのです。

そこから、身体の骨が歪み、肩こり、めまい、ひきこもり、うつ、登校拒否と、沢山の症状が出てしまうのです。

肉体的にも、精神的にもあらゆる症状が出てしまいますので、万病の元と言っても過言ではありません。


 

子供が浮き指になる原因は?

浮き指は、まだ知名度が低いため、発見も遅くなっています。そのため、まだ確立した原因や治療は見つかっていません。

子供が足の異常を訴えて病院に行っても、「経過観察」や「酷くなったら手術しましょう」と、認識できていない医師もいます。

  • 現時点で有力な浮き指の原因は、「足の裏に刺激を与えていない」です。

昔の子供は、裸足でよく遊んでました。その為、足の裏に沢山の刺激が行き渡っていたのです。

でも、現代は靴などが発達して、足の裏の刺激が無くなってしまっています。また、裸足で走り回る子供もいません。

こんなことから、足の裏が不安定になり、それを身体が補おうととして、バランスの悪い身体になってしまっているのです。

靴が進化するのは素晴らしい事ですが、反面バランスの悪い身体を作ってしまっているのです。

子供の靴の選び方

子供の靴を買うときは、一緒にお店に行ってください。靴は中敷きを取り出せるものを選びます。

靴を子供に履かせて選ぶポイントは、まず靴の中敷きを取ります。子供を素足にさせて椅子に座らせて靴を履かせます。

このときかかとからあわせて、つま先の部分に1㎝ほどの余裕が子供の足にあった靴です。

目安として5㎜以下であれば、ワンサイズアップです。

子供の足は3才を超えると約1㎝伸びると言われます。そのため、足が大きくなって買い替えを減らすため、大きめの靴を買うことがありますがコレは注意が必要です。

足にあった靴を選んでください。

 

子供の浮き指の改善法

  • 砂や玉石の上を歩かせる

大きな箱に玉石を入れたりして、その上を歩かせてください。足に裏が危険を感じると、本能的に踏ん張ろうとします。

この足底反射を利用して刺激を沢山与え、筋肉や機能を鍛えてください。

綺麗な川原に連れて行ってあげると、子供は喜んで走り回るので、親子の絆を深める意味も込めて一緒に遊んであげましょう。


  • 足指じゃんけん

子供と一緒に、足の指でじゃんけんしましょう。

普段使わない筋肉も動かしますので、鍛えるには丁度良いのです。また、楽しみながら出来るので、子供も喜ぶでしょう。

 

まとめ

浮き指は、子供の内に治している方が良いです。

でないと、大人になった時に足が変形することで痛みに悩む可能性が高くなると言われています。

改善法も、親子で楽しめるものばかりです。

最近は、親子で走り回たりして遊ぶ事が、極端に減っています。また、心の繋がりも少なくなっているのでは無いでしょうか。

子供が1日の歩数がかなり減少しています。

たとえば、1980年頃に小学生だった子供は1日に約2万7000歩ほど歩数がありますした。最近の小学生は半分以下に減少していて、約1万1000歩になっています。

これでは子供の身体に異常が出ても、仕方が無いですよね。

子供一緒に出来るだけ遊ぶ様にして、健康な身体を作ってあげてくださいね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ