しもやけの原因は遺伝?だとしたら子供にごめんなさい^^;

しもやけの原因を調べて行くと「遺伝」!これも原因の一つのようです。

何でも「遺伝」と言われると、「それは防げない。仕方が無いか~」と話は終わってしまいますが、本当にそうでしょうか?

元々「遺伝子」も全く解明されていないのに、どこまで信じて良いのか解らないですよね。

今回は「しもやけの原因は遺伝!?」その辺りを中心に調査してみましたのでぜひご覧ください。

スポンサーリンク

 

 

遺伝と思われる要因はコレ!

 

体質

骨格、血管の特徴などは遺伝すると思います。それによって、「しもやけになり易い体質」は考えられます。

「汗かき」や「毛細血管が細くて血行が悪い」など、しもやけになる原因は受け継がれてるかもしれません。

「じゃあ、やっぱり仕方が無いや~」と思うかもしれませんが、予防は出来ると思います。

汗かきであれあば、まめに汗を拭いて肌が湿った状態にしない事。血管が細いのであれば、マッサージをよくして血行をよくする事などがあります。

体質は簡単に変えれないので、上手く予防を活かしてくださいね。


 

食事

お母さんが作る食事は、子供にも受け継がれます。同じような物を食べてると、栄養の取り方も似てきます。

そんな中から、「遺伝」と思われる要因が出たのでしょう。

また、原因の中に「栄養不足」とも言われますが、細かく見ると違います。もっと細かく言うと、血行が悪くなる「ビタミンE不足」は、大きく影響があると思います。

血行不足がしもやけの原因ですので、そうなる偏った食事は止めましょう。

「おふくろの味」は、なかなか忘れずに、同じような味付け等をしてしまいます。ここは一番落ち着く所ですから、仕方が無いですよね。

でも、ビタミンEなど不足しない、バランスの摂れた食事に変えれば、しもやけになりにくくなると思いますよ。

 

生活環境

子供の頃の家の中の環境も有ると思います。

気温差が原因で起こるしもやけですから、気温差が生まれ易い環境に居るとなりやすくなります。そういう環境の実家で一緒に暮らしていたり、似てる環境で住んでいると、しもやけになりやすいでしょう。

実家の雰囲気はやっぱり落ち着きますからね。どうしても似てる環境を作ってしまっています。

出来る限り意識して気温差を無くしたり、温かい格好をするようにして予防してくださいね。

 

まとめ

「遺伝」と思わせて、こんなに要因が出てきます。でも、ほとんどが予防出来るものですね。

「仕方がないや~」と諦めるには早いですよ。と、言うより「遺伝」していない方の原因が大きく占めます。

本当に遺伝でしたら、子供にも孫にも曾孫にも「ごめんなさい」ですねw

しかも、患者さんも増えて行ってる可能性が有ります。そこまで増えてない状況だと思いますので、遺伝は考え難いと結論が出ました。

体質でしもやけになりやすい人となりにくい人もいるので、遺伝が影響しているのは多少は確かですが、しもやけの原因は、血液の循環が寒さのために悪くなるからです。

体質、食事、環境は似て来ると思いますので、それを遺伝のせいにしてる見方が強く思います。

ただ、最近は大人になってしもやけと気づかない大人のしもやけ患者が増えているそうです。

原因は、異常気象やエアコンによって、室内と室外の温度差が広がった影響です。

十分予防も出来ますので、しもやけになり易い方はしもやけの予防に取り組んでくださいね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ