冬は足が寒い!部屋の中・自転車の対策&解消する方法はコレ

冬は寒い!解っているけど、やっぱり寒い!

特に手、足は良く冷えます。朝起きたての部屋の中、そして駅に向かう自転車と寒さが身にしみます。

いくら温かい物を身に着けても、なかなか温かくなりませんね・・・。

そんなあなたの足の寒さの悩みを解消させる方法をお教えします!

間違った温め方していても、いつまで経っても暖かくなりません。これには、ちょっとしたコツが有るんですよね~

スポンサーリンク

 

 

まず、部屋での寒さ対策

コツは「頭寒足熱」です。

つまり、「頭を冷たくして、足は暖かく」する事です。

頭は、簡単ですね。

何もしなくて良いからです。そのままでOK!です。でも、「寒すぎる!」と言う方は、耳あて、ニット帽をかぶってください。

そこまで暖かくする必要は無いので、簡単なもので良いですよ。

そして、問題の「足」ですね。

靴下は重ね着で履いてください。

ただし、きつくない緩いものを選んでください。足を締め付けると、血行が悪くなって足が暖まりません。

更に、ふくらはぎも温めたほうが良いので、レッグウォーマーも履いてください。これも緩いものを選びましょう。

  • もう一つコツとして、「3つの首を温める」が有ります。

首、手首、足首の3つです。

この3つを温める事によって、寒さを感じ難くなるのです。

  • ・・・ネックウォーマー、マフラー等
  • 手首・・・リストウォーマー
  • ・・・レッグウォーマー、靴下、ほっと足首サポーター

この三種の神器を手に入れて、ぽかぽかで過ごしやすい冬を愉しんでくださいね。

楽天広告


 

自転車で外出する時の寒さ対策

ずっと家でゴロゴロしてる訳にも行きませんね。

外出の時も身体を温めるコツが有ります。

特に自転車やバイクの場合は、冷たい風を感じるので、めっちゃ寒いです。ただ単に厚着してるだけでは追いつきません。

そのコツは次の3つです。

  1. シャワーを浴びる

  2. 出かける前に、熱いシャワーを浴びてください。

    そうする事によって、外の冷気にで体温が下る前に、身体を温めておけるのです。ただし、髪の毛はしっかり乾かしたりして、湯冷めにも気をつけましょう。

  3. インナーを着る

  4. 服と服の間に冷たい空気が入ると、いくら重ね着しても暖かくなりません。

    そうならない様に、下着にインナーを着てください。ヒートテックなど、身体にぴったりのものを選ぶ事がコツです。

    さらに、「3つの首を温める」三種の神器を身に着けてください。暖かさが格段に違いますよ~

  5. アウターを着る

  6. 選び方としては、ファッション性より「風を通さない」事に重点をおいてください。

    ジッパーの上にボタンで等で止めれる様な、カバー付きが良いですね。また、首や手首から風が入ってこないように、マジックテープ式で裾口を締めれるものがベストです。出来る限り風の進入を防いでくださいね。


 

最強のウォームベスト!

これは凄い!

背中にヒーターが装備されていて、放熱して温めてくれるベストなのです。寒い中、長時間いなければいけない時は、コレでポカポカして居れます。

ちょっと価格は高めですが、資金に余裕があれば検討する価値はあるでしょう。

楽天広告


 

まとめ

雪や雨が降ったりすると、更に寒くなります。

今回紹介した、上手く着こなす方法で、寒さを防いでくさい。

また、飲み物、食べ物で体内から暖まりましょう。

【体が温まる飲み物】

  • ホットレモン
  • ココア
  • コーンスープ
  • 甘酒
  • 中国茶

今回のコツを活かして、寒い冬を乗り切ってくださいね!


冬の寒さの前にしもやけ対策はいかがでしょう。秋から食べ物で対策が出来ます。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ