看護師と准看護師の違いは?

「准看護師」、名前は聞いたことはあるけれど、看護師との違いは分からないなあ。「准」とついているくらいだから、准看護師よりも看護師の方がえらいような気がするけど。

准看護師と看護師では、できることや業務の内容が違うのかな。

ということで、今回は看護師と准看護師の違いなどについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

1.看護師と准看護師の違いは?

看護師と准看護師では、できる医療行為に違いはないようです。

看護師の仕事は、医師の診察や治療の補助や患者さんのケアで、具体的には、血圧・体温・脈などの測定、注射・点滴・採血などの治療の補助、食事や入浴、ベッドメイキングなどの患者さんの世話などを行います。手術の補助(手術の準備、執刀医への器具の手渡しなど)も看護師の仕事です。

これらの看護師が行う医療行為は准看護師でも行うことができます。ただ、准看護師は看護師からの指示で仕事を行います。

准看護師は看護師のサポート役なのですね。実際の医療現場では、看護師・准看護師区別なく働いていることが多いようです。

看護師と准看護師の仕事内容以外にも違いがあります。

まず、看護師と准看護師では免許が異なります。看護師の免許は厚生労働大臣が発行する国家資格(正看護師免許)です。准看護師は都道府県知事が発行する免許(准看護師免許)です。准看護師は国家資格ではないのです。

また、助産師や保健師、認定看護師の資格を取得するためには看護師(正看護師)の免許が必須です。看護師として働きながら、ゆくゆくは助産師や保健師になりたいという方は、准看護師ではなく正看護師の免許を取得しておく必要があります。

ちなみに、都道府県知事が発行する免許を取得する准看護師ですが、他の都道府県に移動したら准看護師として働けないというわけではありません。本籍地を変更しない限り、もとの都道府県知事が発行する免許は有効ですし、本籍地を変更しても、決められた手続きをとれば、移動先の都道府県で免許を取得することができます。

准看護師の方で他の都道府県に引っ越したり本籍地を変更するときには、准看護師の免許の手続きを確認しておいてくださいね。

看護師と准看護師では、免許の取得方法も違います。これについては後の項目でご紹介します。

最近では、准看護師になる方は減っていて、准看護師の年齢層がどんどん上がっています。

最初から看護師の免許を取得する人が増えているのですね。

准看護師の75%が40歳以上です。また、看護師の50%以上が30代以下の若手です。以前は准看護師というと、高校に行かずに働きたい女性がなることが多かったですが、最近では看護師になりたい女性も高校を卒業することが多いです。

若い人で准看護師になりたい人が減少しているため、最近では准看護師の養成所の数も少なくなっているそうです。

2.看護師の給料は?看護師と准看護師の給料の差は?

日本看護協会の調査によると、看護師の平均給料は月35万2157円です。准看護師は29万6319円です。看護師の方が6万円ほど高い給料ですね。

また、看護師の平均年収は約450万円、准看護師は400万円弱です。

看護師と准看護師の給料の差は1年で50万円以上、30年勤続だと……1500万円以上の差になりますね。家一軒建つくらいの差ですね。

看護師か准看護師かで悩んだときには、目先の学費や免許取得にかかる期間だけにとらわれず、長い目でどちらの免許が自分のためになるのかを考えた方がよさそうです。

スポンサーリンク

 

3.看護師の離職率は?

看護師は離職率が高い職業の一つです。公益社団法人日本看護協会によると、常勤で勤務する看護師の離職率は約11%、年間約16万人です。11%というと、10人に1人以上が毎年職を離れているということですよね。

また、離職率が高い看護師ですが、その中でも特に離職率が高い病院は、

  • 個人病院(離職率15.4%)
  • 医療法人(13.5%)
  • 公益社団法人、財団法人(13.0%)

あれ、私は夜勤や残業が大変そうな大病院(大学病院や都道府県の公的医療機関など)の離職率が高いのかと思っていましたが、そうでもないのですね。大病院は給料が高かったり、育休制度や福利厚生などがきちんと整っているため、離職者が少ないのかもしれません。

看護師の離職率が高い理由を調べてみると、

  • 夜勤や残業が大変
  • 結婚、出産、子育てなどのため
  • 人間関係に疲れた

などがありました。

看護師は女性が多いですから、結婚や出産、介護で退職してしまう人が多いようです。

普通の会社員だと退職しても再就職口が見つかるとは限らない、ましてや小さな子供がいるうちは再就職なんて無理!というところですが、看護師なら再就職も簡単なので、結婚や出産で退職してしまうようです。

また、夜勤が大変だから大きな病院から夜勤のない小さな病院に転職するという人も多いのかな。小さな子供がいると、夜勤や残業のある病院はちょっと……ってなりますものね。
人間関係に疲れた、という退職理由をみると、個人病院で離職率が高い理由もなんとなくわかる気がしますね(^^;)

看護師は一度離職しても再び看護師の職につくことが多いですが、なかには復帰しない人もいます。そのため、看護師は慢性的な人出不足だそうです。看護師が不足しているというニュースを見るたびに、毎年新しい看護師が次々生まれるのにどうして人手不足なのだろうと不思議に思っていたのですが、人手不足の原因の一つは高い離職率だったのですね。

4.看護師になるには?

看護師免許を取得する最短ルートは、高校を卒業後、看護短期大学や看護専門学校に通うことです。最短で3年で取得することができます。看護学校の学費は年約84万円、3年間で252万円かかります。

准看護士の免許を取得する最短ルートは、中学校を卒業後、准看護師養成所に2年通うことです。准看護師養成所には、

  • 各都道府県知事指定の准看護師養成所(2年制)
  • 文部科学大臣指定の高等学校の衛生看護科(全日制は3年制、定時制は4年制)

2年制の最短ルートでいけば、17歳から准看護師として働くことができます。

また、准看護師養成所の学費は年約55万円、2年で110万円です。学費でいえば、看護師よりも准看護師の方が安いですが、150万円程度の差は、看護師として働き始めたらすぐに埋めることができます。

ただし、看護師の場合は高校の学費もかかります。看護師の免許を取得するためには高校を卒業する必要があるので。准看護師は中学校を卒業すれば、取得することができます。
准看護師の免許を取得して働き始めたものの、やっぱり看護師の免許がほしいということもありますよね。准看護師が看護師の免許を取得するためには、以下の条件を満たす必要があります。

  1. 准看護師として3年以上働いていること
  2. 「看護師学校養成所2年課程」で学び、看護師国家試験に合格し、看護師免許(正看護師免許)を所得すること

看護師学校養成所2年課程とは、2年で正看護師の免許をとれる養成所のことです。この養成所には通学制と通信制があり、通信制なら自宅で学ぶことができます。ということは、准看護師の仕事を続けながら、看護師の免許をとることができるということですね。

まとめ

以上が、看護師と准看護師の違いや看護師になる方法などについてでした。

看護師と准看護師では、できる医療行為には差はないものの、准看護師は看護師の指示で業務を行います。ただ、実際には看護師と准看護師では業務内容に大きな差はないようです。

ただ、給料には差がありますし、看護師と准看護師では免許の取得方法も違います。現在、新たに看護師になる人に人気なのは准看護師ではなく看護師です。

看護師は、給料は高いし、再就職しやすいことから特に女性には人気の職業ですよね。手に職をつけたい、安定した雇用や高い給料を望む、結婚や育児・介護など自分のライフステージに合わせて働き方も変えていきたいという方には看護師はおすすめです。

ただ、免許取得の大変さや高い離職率を見ると、生半可な覚悟では看護師になったり看護師の仕事を続けていくことはできなさそうです。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ