VR・MR・AR・SR?現実世界との違いをまとめてみたョ

「2016年はVR元年」だったそうですね。私がぼーっとしている間にVR元年が過ぎてしまいました^^;

そんなわけでVRが一体何なのかもよく理解していません。

それなのに、世の中のスピードは速いもので、VRに加えて、MRやAR、SRなんてものも登場しています。私、このままぼんやりしていたら、化石になってしまいます。

ということで、今回はVRやMR、AS、SRの違いについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

VRは仮想現実

 

VRとは「Virtual Reality」、仮想現実のことです。

VRには現実世界は必要ありません。現実でないデジタルの世界を現実のように見せるのがVRです。

昔、岡嶋二人さんの小説で「クラインの壷」というのがありましたが、VRの究極の形はあれかなと思います。人間がデジタルの世界に入ってゲームをプレイするというもの。

そうそう、名探偵コナンの映画にもありましたよね。「ベイカー街の亡霊」という映画、あれもVRの一種なのかな。

2016年はVR元年といわれました。SONYがPlay Station VRを発売したのも話題になりましたよね。発売後すぐに品切れになった、とか。

2017年はVRの技術がよりいっそう私たちの身近になりそうですね。

ARは拡張現実

 

ARとは「Augmented Reality」、拡張現実のことです。

VRが100%だったのに対し、ARは現実世界をベースにそこにデジタル情報を付与します。

つまりARでは現実世界 >デジタル、仮想現実ですね。

ARはすでに私たちの身近なものに使われていますよ。

たとえばGoogle Glass、これは目に見える景色に天気や交通情報を付与します。

小学生が使うタブレットにもARの技術が使われ始めています。

タブレットに教科書を映すと、教科書のイラストや写真が立体的に見えたり、動くのです。これは楽しそうですね。

MRは複合現実

 

MRとは「Mixed Reality」、ミックスされているのはデジタル・仮想現実と現実世界で、複合現実です。

カメラなどで読み取った情報(現実世界)をデジタル空間に反映します。

ARが現実世界 >デジタル、仮想現実だったのに対し、MRはデジタル、仮想現実>現実世界ですね。

2016年にMicrsoftはMRの技術を駆使したゴーグル型端末HoloLensを発売しました。

私にはVRとの違いがよく分からないのですが、実際に体験してみると違いは歴然とのことです。

VRというよりもARを3D化したもので、目の前の現実世界と3Dホログラムの世界を融合することができるそうです。言葉だけではイメージが尽きませんね^^;

こればっかりは体験してみないと分からなさそう。ただ、SF感満載で、ドキドキします。

また、日本ではキヤノンが早くからMRを取り入れた製品を開発しています。

キヤノンのMR端末は現実世界とCGをリアルタイムで違和感なく融合させるというもの。商品開発の現場ですでに利用されているそうです。

たとえば、ゴーグル型のMR端末をかけると、何もないはずの空間に車が出現、MR端末を装着したまましゃがめば車を下から見ることができるし、背伸びをすれば上から見下ろすことができます。

SRは代替現実

 

SRとは「Substitutional Reality」、代替現実のことです。

現実の世界に過去の映像などを混同させて、現実とデジタルの垣根を取り除く、現実なのかデジタルなのかわからなくする技術です。

SR端末を装着、現実世界に融合させたデジタルの映像や過去の映像を流します。

SRの特徴は、このデジタルを現実だと認識してしまうこと!

現実とデジタルを混同してしまうのです。

SRでは、体験している本人は目の前の光景や自分の体験が現実なのかデジタルなのかを区別することができません。過去の人物とおしゃべりすることも可能です。

SRはまだ未来の技術、実用化はもう少し先のようですね。

いやいや・・・。デジタル世界の進歩は凄いですね。時代に乗り遅れないようにしないと^^;

>>> AIと人間の違い!不要者にならない安泰の仕事とは?

まとめ

以上が、VRやMR、AR、SRの違いについてでした。

こうして見てみると、VRやMR、ARはすでに実験室や研究所の中だけの話ではなく、すでに実用化されていてゲームや専用端末、スマホのアプリなどとして私たちの生活に溶け込んでいますね。

スマホのカメラアプリにもVRやMR、ARの技術は使われています。

これからは、VRやMRなどの家庭用端末も増えてくるでしょう。デジタル音痴の私がVRを体験する日も遠くない!?楽しみです。

>>> システムエンジニア(SE)とネットワークエンジニア(NE)の違いと将来性

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ