スマホの地図おすすめは?Yahoo!地図アプリで方向音痴も安心

私、実はとても方向音痴(/ω\)

デパートの中で迷うレベルです。家族曰く、私はトイレやお店に右から入って左に出て行く癖があるみたい……

本人は元の場所に戻りたいと思っているのですが、おかしいな。

一般的に、方向音痴の人は俯瞰してイメージするのが苦手と言われていますね。私も当てはまります。

自宅の間取り図が書けませんから(笑✕9)

このような方向音痴の救世主といえばスマホの地図アプリ!方向音痴には欠かせないですよね。

ということで、今回はスマホの地図アプリについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

スマホの地図アプリは方向音痴の救世主!

 

スマホの地図アプリの特徴は、現在地(スマホがいる場所)からのルート検索や周辺情報を得ることができること。さらに、地図の表示もとても分かりやすい!

地図上に「こっちに進め」「階段を登れ」などこまかな指示を表示してくれるので、迷わずに済みますね。

スマホを持って歩けば地図も一緒に移動しますし。紙の地図では、まず地図から自分のいる場所を探さなきゃいけない(これが方向音痴には一苦労)、さらに、地図をどの方向で見ればよいのか分からないから、地図をぐるぐる回して「あーでもない、こーでもない」としなきゃいけません。

はい、迷子決定です。

方向音痴の方、紙地図は捨ててスマホの地図アプリを使いましょう!!

スマホの地図アプリには二つのタイプ

スマホの地図アプリは、2つのタイプがありますよ。

地図がメインでそこにナビ機能(経路検索)がくっついているタイプと、ナビ機能(経路検索)がメインでそこに地図がくっついているタイプがあります。

 

地図のタイプ!

 

 

私はグーグルマップを使うことが多いのですが(Yahoo!地図に乗り換えました^^)、方向音痴にはナビメインの方が使いやすいのかな。

まあ、いずれも無料アプリ(一部有料サービスあり)なので、色々試してみて、自分が使いやすい地図アプリを見つけるとよいでしょう。

地図アプリの特徴

 

NAVITIMEやいつもNAVIは有料サービスが多い(渋滞情報など)ので、無料で地図アプリを使いたい方は、グーグルマップやYahoo!地図がおすすめです。

グーグルマップの特徴は?

  • ストリートビューや航空写真など様々な画像を見ることができる。
  • ジャンルや口コミ、あいまいな言葉でも検索できる(CMでありましたよね、「パン屋さん」だけで検索できます)。
  • 地図の矢印が見やすい、ただ矢印が邪魔になることもある(地下出入り口などの細かい表示が矢印で見えない)。

まあ、ごく普通の地図です。あらかじめパソコンで経路検索しておいた情報をスマホで見るということもできます。旅行のときに便利ですね。

Yahoo!地図の特徴は?

 

  • 指示が細かい(歩道橋を渡る、など)。
  • 地下街の店舗も表示。
  • 雨雲レーダーや渋滞レーダーも表示。

雨雲レーダーは意外と便利かも。地図を検索するときに雨雲の有無も分かれば、「じゃあ、地下通路の経路に変更しよう」ということもできますからね。

ふーん、Yahoo!地図ってこんなこともできるんだ、今度使ってみよう。

 

追記

 

私、グーグルマップを今まで使っていて、これが最強と思っていたのですが、Yahoo!地図アプリを試してみて、便利です^^;

『+』と『−』のボタンがついているので、片手で地図を大きくしたり、小さくしたり出来ます。この片手で操作できるのポイントですね。

方向音痴なもので、地図は本当によく利用しているので、早速乗り換えてしまいました。

 

私、花粉症を持っていますからね。花粉情報も重宝します。

これで、方向音痴も安心。スマホにバンカーリングなどをつけるとさらに操作性がアップしますよ。

>>> 水没したiPhone・携帯電話!復活の裏技は生米やアルコールの中へ

まとめ

以上が、スマホの地図アプリについてでした。私はグーグルマップしか使ってこなかったのですが、Yahoo!地図アプリ最高ですね。

上には書きませんでしたが、マピオンも方向音痴には使いやすそうです。ナビの指示が細かい(○m進む、など)、また、「屋根が多い」「階段が少ない」など細かな条件を指定して経路検索をすることができます。

で、また使い勝手が良かったら乗り換えます!スマホ地図アプリは、操作性が良いに越したことありませんからね。

また、旅行など知らないまちに行くときによさそうですね。ということで、方向音痴の必須アイテム、スマホの地図アプリには便利な機能がもりだくさん、私もまだまだ使いこなしていないので、これから勉強していきたいと思っています。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ