コインパーキング経営の初期費用は?投資後の収入はどれくらい?

余った土地の活用方法、あるいは副業や投資として、今人気なのがコインパーキング経営!

そういえば、私の近所にもコインパーキングが増えていますね。街中を歩いていても、コインパーキングの看板がやたら目につきます。

これだけコインパーキングが増えているということは、儲かるのかな?ということで、今回はコインパーキングの経営や初期費用について調べてみました。

スポンサーリンク

 

コインパーキング経営とは?

コインパーキング経営とは、駐車場経営のことですね。駐車場経営というと昔は、月極駐車場が一般的でしたが、コインパーキングでは1時間、1日いくらで駐車場を貸し、駐車場料金を受け取ります。

特定のお客さんを相手にするのではなく、不特定多数のお客さんを相手にするのもコインパーキングの特徴ですね。

コインパーキング経営の主な方法は?

 

  1. コインパーキング会社と契約
  2. 自分で運用

これらの2つの方法があります。

コインパーキング会社との契約ではさらに、自分の土地をコインパーキング会社に預け毎月一定の賃料を受け取る契約や、駐車場料金の何パーセントかを手数料としてコインパーキング会社におさめるという契約などがあります。

コインパーキング会社はクレーム対応や機械のメンテナンス、広告宣伝などをうけおいます。

コインパーキング経営のメリットとデメリット

コインパーキング経営のメリットはこちら。

 

  • アパート経営に比べると初期費用が安い
  • 維持費が安い
  • 手間がかからない
  • 利用者とのトラブルが起きにくい

 

コインパーキングの初期費用(工事費、ロックシステムや精算機などの機械費など)は、5~10台の小規模の駐車場で大体300万円~400万円。

 

コインパーキング会社と契約する場合には、契約内容によって初期費用は変わります。

維持費では、光熱費や機械のメンテナンス、コインパーキング会社への手数料、税金などがかかります。ただ、これもコインパーキング会社との契約次第、毎月の賃料が定額の場合は維持費はコインパーキング会社が負担する一方、その駐車場が儲かっても地主には一定額しか入りません。

反対にデメリットはというと……

 

  • 固定資産税が高くなることがある(住宅を壊して駐車場にした場合、固定資産税が6倍に跳ね上がる)
  • 立地が悪いと、儲からない
  • 儲けが少ない
  • コインパーキング会社の都合で賃料が値下げされることもある

 

固定資産税は注意してください。コインパーキングの儲けを全部、税金に持って行かれることもあります。

さらに、コインパーキングは立地が命!立地が悪いと、全く儲かりません。また、コインパーキングは儲けが少ない商売です。

5~10台程度の小規模なコインパーキングでは、売り上げから経費を差し引いた結果、手元には1、2万円しか残らないということも珍しくありません。

コインパーキングの平均的な利回りは4%とのこと。初期投資などのリスクをとって4%かあ、ちょっと考えちゃいますね。

コインパーキングおすすめ会社ランキング

おすすめのコインパーキング会社がこちら。

1位タイムズ

大手のコインパーキング会社ですね。タイムズは、定額賃料方式。そのかわり、機械設備やメンテナンスはタイムズが負担します。

手間なくコインパーキングを経営したいという方にはおすすめ!

ただ、とても儲かるコインパーキング(稼働率や料金が高い駐車場)だと、地主が損してしまうかも。

2位タイムパーキング

こちらは、最初の設備購入は地主、その後のコインパーキングの運営(集金、管理、クレーム対応など)をタイムパーキングに委託します。

初期費用と管理費はかかりますが、管理費を除いた残りは地主の収入になります。

3位ユアーズコーポレーション

こちらもタイムパーキングと同じ、初期費用と管理費以外が地主の収入になります。

住宅地の狭い土地や月極駐車場の一部など、小規模のコインパーキングに実績のあるコインパーキング会社です。

コインパーキング、成功のコツは?

コインパーキングで儲けるためには立地が一番大切です。駅や大型施設が近い、街中、競争相手が少ないという土地なら、料金を高く設定できますし、稼働率も高くなります。

ただ、税金は高いですし、土地を買う場合には土地代も高い!

初期費用(土地を買う)や維持費(税金が高い)が高い場合には、立地だけでなく採算が取れるかどうか、慎重に計算してください。

ビジネス

コインパーキング会社と契約するときには、定額賃料方式よりは初期費用は地主で負担し毎月一定の管理費を払う方が、儲かる可能性が高いです。

定額賃料方式では稼働率の低い駐車場でも一定の収入が保障されるというメリットはありますが、駐車場がいくら儲かっても地主には毎月決まったお金しか入りませんし、儲からない駐車場ではそのうち、賃料が引き下げられます。

契約をする際には、目先の利益だけでなく、長い目で自分にとって得になる契約を結びましょう。

まとめ

以上が、コインパーキング経営についてでした。本文では、コインパーキング会社について主に書きましたが、コインパーキング経営で一番儲かるのはコインパーキング会社と契約せず、全て自分で行うことです。

コインパーキングは立地がよければ、宣伝しなくてもお客さんは入ります。

大手のコインパーキングかどうかなんて、お客さんには関係ありませんからね。自前でやれば初期費用はかかるし、手間もかかりますが、その分、儲けも多いですよ。

 

私は、会社員の給料は生活費、そしてインターネットビジネスの副業収入は、投資に使うと決めています。本業がいつダメになるかもわかりません。また現在、本業より稼ぐことが出来ている副業のインターネットビジネスも将来に渡って約束されているかは未知数です。

なので、複業!!

よく稼いだら稼いだだけ使う人がいますが、手にしたお金はどのように運用できるか考える思考が大事だと思います。そう考えると、コインパーキングも選択の1つかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ