電子マネーの種類多すぎ!?特徴を一覧で簡単に説明します!

電子マネーを使いこなすのって難しい……さすがに改札でピッとするのには慣れましたけどね^^;

私は今、二つの電子マネーを利用していますが、世の中には電子マネーがいっぱい!

もしかしたら、もっと便利にお得に利用できる電子マネーがあるのかも?

ということで、今回は電子マネーの種類や特徴を調べてみました。

スポンサーリンク

 

電子マネーの種類

「電子マネーは現在、何種類あるの?そして、特徴を教えて?」とあなたに質問したら、即座に答えることできますか?

私が質問されたら、「{[(-ω-)]}zzzZZ」

 

電子マネーには大きく分けて、プリペイド型とポストペイ型の二つの種類があります。

 

  1. プリペイド型
  2. 前払い。事前にチャージ(入金)して利用。Edy、WAON、nanaco、Suica、PASMOなど。

  3. ポストペイ型
  4. 後払い。クレジットカードや携帯料金と一緒に請求。ポストペイ型の電子マネーはiDとQUICPay。

また、最近はクレジットカードからオートチャージできる電子マネーやオートではないけれど、クレジットカードからチャージできる電子マネーもありますよね。

あれらも、請求はクレジットカードと一緒ですから、電子マネーへのチャージのタイミングからみれば、プリペイド型ですが、支払自体は後払いです。

ややこしいなぁ・・・{[(-ω-)]}zzzZZ

とにかくたくさんの電子マネーがあることはわかりました。

それより、特徴が知りたい!ダッシュ!≡≡≡ヘ(*–)ノ

電子マネーの特徴

では、各電子マネーの特徴をご紹介します。

種類 特徴
Edy 加盟店数では国内最大の電子マネーです。私も利用しています。どのコンビニでも利用できるし、楽天ポイントもつくのでとても便利です。
WAON イオングループの電子マネーで、200円の利用で1ポイントつきます。日常の買い物をイオンでする方には必須の電子マネー!他にはローソンやミニストップでも利用できます。
nanaco セブン&アイグループの電子マネーです。セブンイレブンやイトーヨーカドーで利用できます。
Suica 交通系の電子マネー、JR東日本など首都圏の鉄道などで利用できます。お買い物にももちろん使えます。
PASMO 首都圏の私鉄やバスで利用でき、さらにSuicaと相互乗り入れもできます。
iD NTTdocomoのケータイに特化したクレジットカードブランドです。おサイフケータイですね。docomo以外のケータイでも利用できます。
QUICPay JCBの電子マネーです。

こうやって、特徴がわかると、必要か不必要かを見極めやすくなりますね。

次は私のおすすめ電子マネーをご紹介します。

おすすめの電子マネーは?

まずは、あなたご自身が利用する公共交通機関の電子マネーを一つ持っておくのがおすすめです。

電車やバス、地下鉄など多くの公共交通機関を網羅できる電子マネーがよいですね。

交通系の電子マネーは運賃を支払うだけでなく、エキナカはもちろん、コンビニや家電量販店などのお買い物にも利用できます。

 

他には、自分がよくお買い物をするスーパーやコンビニで利用できる電子マネーがおすすめです。

電子マネーを何枚も作ると、チャージしたまま使わない電子マネーができてしまうので、日常的なお買い物はできるだけ1つの電子マネーにまとめてください

 

「特に決まったコンビニやスーパーを利用するわけでない」という方にはEdyかiDがおすすめです。

WAONやnanacoはローソンだけ、セブンイレブンだけでしか利用できませんが、EdyやiDはすべてのコンビニで利用できます。

ポイントの還元率で電子マネーを選んでもよいですね。

クレジットカード ゴールド

クレジットカードからチャージすれば支払時だけでなくチャージでもポイントがついたりします。自分のクレジットカードと相性のよい電子マネーを選んでみてはいかがでしょうか。

電子マネーの普及で1円玉が消える?

電子マネーの普及で小銭を使うことが少なくなりましたよね。

私も、万が一のときのため(電子マネーの残金が予想外に少なかった、何らかの不具合で電子マネーを利用できないなど)にお財布にお札は入れていますが、小銭はほとんど入れていません。

消費税が8%に上がるときに1円玉の利用が増えるという予想もでていましたが、実際にはあまり増えなかったそうです。

現に2016年度に新しい1円玉は当初計画の半分の55万枚になっていて、その55万枚は特殊な記念硬貨などの販売ルートに当てられる模様です。

1円玉ちりも積もれば

つまり一般の流通はゼロになりそう。(4年ぶり)

1円玉が消えることはないと思いますが、実際に利用する場面はだんだん少なくなりそうですね。

まとめ

以上が、電子マネーの種類と特徴についてでした。

電子マネーをまだ利用していない方、とりあえずは通勤や通学で利用する公共交通機関の電子マネーを手に入れてみましょう。

公共交通機関を利用しない方におすすめなのはEdyです。どこでも利用でき、ポイントもどんどんたまります。

これまで利用しなかったのが嘘みたい!すぐに手放せなくなりますよ。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ