タンス預金にメリットなし!マイナンバーや相続でバレるリスクが!?

タンス預金とは自宅に保管されている現金のことで、日本には30兆~80兆円のタンス預金があると言われています。

ひゃー、皆さん、貯め込んでいますねΣ(・ω・ノ)ノ!

タンス預金のメリットは銀行の手数料節約もありますが、一番は贈与税相続税対策ですよね。

しかし、マイナンバー制度の開始でタンス預金による相続対策に暗雲が!?ということで、今回はタンス預金のメリットやデメリットなどについてご紹介します。」

スポンサーリンク

 

タンス預金は裏金?

自分のお金の保管場所は自分で決めることができます。

なので、自宅に保管しようが、銀行に預けようが、株や投信に投資しようが金プラチナを買おうが個人の自由!

タンス預金は裏金ではありません。

しかし、必要な申告をせず、税金を支払わなければ脱税であり裏金です。

たとえば、確定申告で売上や所得を過少申告して差額をタンスに隠せば脱税です。また、タンス預金を相続・贈与したのにそれを申告しなければ、相続税・贈与税の脱税です。

タンス預金で相続税対策?税務署にバレる理由は?

税務署

タンス預金のメリットの一つが相続税や贈与税対策です。

タンス預金は銀行の預貯金と違い、税務署に把握されにくいお金です。そのため、こっそり相続・贈与しても税務署にバレないのです。(だからと言って、私はおすすめはしませんが・・・。)

それに、絶対にバレないというわけではありません。

タンス預金がバレる理由を簡単にご紹介します。

たとえば、口座の出金情報から税務署に目をつけられることがあります。

100万円以上の引き出しでその使い道が分からないお金(使途不明金)があると、税務署に目をつけられると言われています。

なので、相続税対策のために毎月100万円ずつ下ろしてはタンスに貯めるなんてことをやっていると、税務署にバレます。

また、相続税の納税額が高額な場合、「他に相続したものはなかったか」ということで税務調査が入ることが多いです。

高額な相続税を払ったのに税務調査に入られるのはなんだか納得できませんが、税務署だってお仕事ですからね、税務調査に入ったからには成果が必要!

手柄なしでかえるわけにはいかないので、手柄がありそうな家に税務調査に行きます。貧乏人の家には税務調査には行きません。

どうしてもタンス預金で相続税対策をする場合は、100万円単位ではなく数万円ずつ生活費から少しずつ貯めるのがよいのかもしれませんね。

また、相続や贈与ではなくお小遣いや生活費として渡すのもおすすめです。

おばあさんの貯金から日々の生活費を支払い、息子の給料は貯金します。

マイナンバーでタンス預金がバレる?

今年から確定申告にマイナンバーを記載するようになりましたね。私も記入しました。

また、銀行でもマイナンバーを求められることが出始めました。

まだ正式決定ではありませんが、2021年には預貯金のマイナンバーの登録が義務化される見通しです。

これによって、個人の貯金額はもちろん、入金出金記録も全て国は把握できるようになります。

マイナンバー登録前の入出金記録まで把握されるのかは不明ですが、少なくともマイナンバー登録後にタンス預金のために行った出金については国にバレます。

タンス預金をするのであれば、マイナンバーの登録前にお金を引き出しておくのがよいでしょう。といっても、まとまったお金を引き出してもバレてしまうので、気を付けてください。

タンス預金のメリットとデメリット

最後にタンス預金のメリットとデメリットをまとめておきます。

貯金

タンス預金のメリット

  • 銀行倒産時のリスクを回避(保証されるのは1000万円まで)
  • 銀行の窓口やATMの営業時間の制約を受けずにお金を使うことができる
  • 銀行の手数料を節約できる
  • 相続税贈与税対策
  • 災害時に使うことができる

タンス預金のデメリット

  • 金利がつかない
  • インフレリスク
  • 災害や盗難被害のリスク
  • 置き場所を忘れてしまう、相続人に置き場所をきちんと伝えられない
  • 申告漏れや脱税がバレたときには罰則

[clink url=”https://multiple-work.com/archives/3442.html”]

まとめ

以上が、タンス預金のメリットやデメリットなどについてでした。

インフレリスクについては、銀行に預けていてもリスク回避にはなりません。

タンス預金では置き場所も大切です。泥棒に見つからない置き場所を探してみてください。

タンス預金の置き場所で多いのが、屋根裏・冷蔵庫・物置(蔵、倉庫)・米櫃・庭・仏壇・本棚だそうです。

つまり、ここに隠したら100%見つかるということ!これ以外の隠し場所を見つけましょう。もちろんタンスや金庫もだめですよ。

 

株や投信などの投資に回すか、金を購入するのがよいですね。

>>> 株主優待を極める!10万以下のオススメ銘柄

 

金の豆知識

 

金は株のような大きな変動リスクがないとして、堅実な投資家に人気が高いです。といっても素人になかなか手に出せるものではないのですが、消費税が上がることは決まっているので、購入するグットタイミングなんです。

金の購入にも消費税がかかりますが、売却のときにも消費税が上乗せされます。

つまり、100万円で金を購入すると、消費税込で108万円、仮に将来消費税が20%になったとしたら、金の価値が変わらなければ100万円、消費税込で120万円。

実に、12万円も多く利益がでます。これが500万円の金を購入していれば、なんと60万円。銀行に預けても絶対このようなリターンはないですよね。

金は密輸してはいけませんよ。

海外から日本に金を持ち込めば通常は消費税8%がかかります。これを、税関をすり抜けて消費税の差額を生み出す錬金術たるものが横行しています。

わかっているだけでも年間300件。

※20万円以上の金は申告して消費税を払わないといけません

スポンサーリンク

 

コメントを残す

このページの先頭へ